31例え
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

31例え

2020-04-06 01:45
    こんにちはです。
    今日はちょっと疑問に思うことがありましたので
    そのお話を少々…

    教授の例え話
    最近はどこも新型コロナの話題ばかりですね~
    なので話したいことも話せることも特になかったのですが
    今日はノーベル賞を受賞された偉い先生がされていた例え話に、私ごときが疑問をもってしまいました。

    私は教授のお話を全部聞いたわけではなく、ネットでチラッと見ただけなのでお話を正確に理解できていないかもしれませんが
    教授はコロナの件で、外出自粛をせず出歩いている若者に対して苦言を呈する感じで
    「2,30代でも致死率0.2%で500人に一人はタヒぬので、例えば500回に1回死亡事故を起こす乗り物に乗れますか…」(意訳)
    的なことをお話をされたようです。

    この例え話は分かりやすいと絶賛されている方も多くいらっしゃいますが、疑問を呈する方もチラホラ見かけました。
    私も少しこの例えは違うのではないかと思ってしまいました。

    「500回に1回」はコロナにかかってからのお話ですよね?
    外出すれば100%コロナになってしまうという事ならこの例えで合っていると思いますが、そうではないですよね?
    まず乗り物に乗る前に「うつる」「うつらない」かの二択があるのではないでしょうか?
    私が考えるに、二択ではなく2,30代の感染率で乗り物の台数を決めて、その中の1台が500回に1回死亡事故を起こす、となるのではないでしょうか?
    間違っていますかね?私は頭がアレなものでいまいち自信がないのですがw

    そしてこの件に関してツイッターでチラッと見かけたのが
    「若者でも500人もいれば基礎疾患をもっている人が1人くらい…」
    正確には覚えていないので最後「…」になってしまいましたが、このようなご意見を見かけました。
    このご意見がどれだけ的を射ているのかはわかりませんが…
    そうなると持病のない若者がタヒぬ確率はさらに下がりますよね?

    以上の事から、私ごとき底辺が言えることではないとは思いますが、「教授の例えちょっと間違っていませんか?」と思ってしまいました。
    てかこの例え話を絶賛している方々は頭の良い人のお話を鵜呑みにしているのでしょうか?それともわざとでしょうか?…それともただ単に私がアホなだけなのか…疑問に思う今日この頃なのでした。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。