ハウルの動く城 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ハウルの動く城 感想

2021-01-26 22:49
    ハウルの動く城 感想→

    2020年8月4日
    ちゃんと見たことなかったかも

    帽子やの長女、未来に不安在り
    「荒れ地の魔女に張り合おうなんて」
    と呪いをかけられる
    ベティってリゼロににてる
    ソフィー
    「ありがと」「あんたのさきのそのさきだよ」「ありがとよ」
    言葉もおばあちゃんじゃん
    チーズパンが流行り?
    音楽と映像宮崎駿と久石譲がタッグを組んだから
    日本のアニメ=ジブリは世界的有名になった
    作画はどの作品もおんなじ


    複雑に絡み合った呪い
    人間にはしゃべれないようにされてる
    ハウルとの契約を見破ってくれたら呪いを解いてあげる

    卵の殻をたべるカルシファー可愛い
    「みんなでおれをいじめるんだー」顔かわいい

    ソフィー「美しかったことなんて1度もないわ」
    なぜなくの?
    「大丈夫よ癇癪で死んだ人はいないわ」

    「いい火だねよくこのうちを隠してる」
    ごめんねあたしグズだから
    そんなにほしいのかい?うん
    仕方ないね大事にするんだよ
    「どうか、カルシファーが1000年もいき、ハウルが心を取り戻しますように」

    小さい頃に見たっきりだったから
    こんな話だったんだ

    当時は階段シーンしかほぼ印象なかったわ
    小さい頃は話理解できる知能は持ち合わせていなかったし
    真剣に見たこともなかった

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。