業務記録:自作冷風扇。割と涼しい。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

業務記録:自作冷風扇。割と涼しい。

2019-08-07 19:00
  • 8
おはようございますこんにちわこんばんわ
半蔵です。

最近暑くなりましたね。
北海道でもエアコンが手放せないです。
自宅にはあるんですけど、職場にはないんですね。
もう少しで入れる予定ではあるんですが。
いや、小さいの(過去記事参照リンク)はあるんですよ?おっつかなくなっちゃって。

なんでもっと早く入れなかったんだ(

まあそんなことは置いといて。
暑かったので、自作クーラー(冷風扇)を作ってみました。

【総工費:1800円(内ヤマダポイント1600点)】
【必要なもの】は以下に。
・発泡スチロール:\0(なければ百均のでも)
・発泡スチロールのサイズに合った扇風機:\1600[ポイント精算]
・保冷剤:\0(ペットボトル凍らせたものを使いました)
・バッテリー:\0(USB電源がとれるものなら何でも)
・スチロールカッター(なくても可):\100
割とありあわせのものだけで十分作れます。
今回は使用想定場所が病院だったこともあり、安全面を考慮して通常のUSB扇風機をヤマダ電機で購入してきましたが、これはぶっちゃけ何でもいいです。PCカスタムして余ったPCファンがあれば、コントローラーだけ買ってきてつなげちゃってもいいです。使わなくなった冷却台とかのファンを流用してもいいかもですね。
スチロールカッターも、汚くなることをご了承いただけるなら、そのままカッターで四角く切って、更に丸くカットすればいいかと。

そんなこんなで完成したのがこちら。


送風口は、はじめは5口やろうかと思ったのですが、ある程度の風量を維持するには3くらいまでかと思い。今後のために一応切らずに残してます。

今回は、天板に穴開けて、上部に据え置きしている形です。
試運転としてバッテリーでやってます。


使ってみた感想ですが、割と快適です。普通に個人でも使いたいくらいには。



冷却材として、凍らせた500ミリペットを3本入れて1時間経ってますが、無難に冷却してくれてます。問題は結露ですね。どうしても氷なので、周辺との温度・湿度の差によって結露が発生します。こればかりは雑巾等で吸収するしか方法はなさそうです。

あとはこの冷却材をケーキとかでついてくるちっこい保冷剤にするのも一つ手かもしれません。あれならそこそこの数を揃えれば結構みっちり入れることができますし、周辺が紙のようなもので覆われたものであれば、結露も若干抑えられるかと。

まあ、これもエアコンが来たらもう終わりなんですけど、エアコン使うほどでもないときには丁度いいかもしれませんね。

暑い季節でございます。こういったもので冷却しつつ、水分・塩分をしっかり摂ることも忘れずに、お過ごしくださいなー。

それでは。
広告
×
珪藻土マットとかどうですかね
5ヶ月前
×
これいいな~、しかし夏の暑さ対策記事色々流れてくるけど個人ブログのここが一番実用的だったな(尚他記事の実用性…
5ヶ月前
×
結露した水分をどうにかして扇風機の前に持ってくることができればここひえの原理を使って気温が下げられそう
5ヶ月前
×
ダイソーで200円1.1キロの保冷剤3つぐらい買って、ローテーションすれば一日持つんじゃないかなとか思ったが、
風が当たる凹凸の表面積や手軽さやコスト面にしてもペットボトルのほうに軍配が上がるかな
一つ、提案、ペットボトルの口を上に枕を作って30度ほど傾斜をつけて結露の雫を誘導すると
風の流れとかにも有効かも
枕ですが針金ハンガーばらして横から刺してペットペトルの首をひっかけてもいいかも
5ヶ月前
×
>>1
あー、たしかに。吸えばいいだけならありかもです。マットじゃなくても角度つければいいかもですね。これも百均で売ってるので、ちょっと検討ですね。
5ヶ月前
×
>>2
ありがとうございます!ただ注意点として、通常のペットボトル使っていますので、破裂の危険性が一部あります。僕は少し水を少なめに、縦で凍らせることで対処しましたが、それでも危険性を排除するのであれば保冷剤や板氷使われることをおすすめします!
5ヶ月前
×
>>3
これなら角度つければ片方に持ってこれると思いますので、そのやり方でもいいかもしれないですね。ただ、結露による漏電、関電の危険性も捨てきれないので、結露水分を使うのは控えたほうが良いかもです。
電気工学の専門家ではないので、ちょっとわかりませんが…
5ヶ月前
×
>>4
そうなんです。ダイソーのは板なので表面積的なところとか無い頭で考えたらペットボトルなんです。ただ正味冷却性能には影響しない可能性が高いのでそれでも無問題です。僕はそっちのほうが安いなぁというので、やっちゃいました。
細い方に水をためつつ、太い方を発泡スチロールごと持ち上げてエアフロー作るのもいいかもですね。ちょっと時間あるときにでもやってみようかな。
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。