【お散歩部】6月15日筑波実験植物園編 1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【お散歩部】6月15日筑波実験植物園編 1

2013-06-15 20:04
  • 2
たまたま、見たかった花が今シーズン2回め…ということなのか、
再度開花しているとのことで、筑波実験植物園まで行って来ました。
素人写真ですが色々撮ってきましたので、2回か3回に分けてお届けします。
植物好きさんもそうでない方も、ゆっくりしていってくださいね。



雨になるかな?なんて思ってましたが、そんなことはなかった青空。

温室が好きなのですが、やっぱりこの季節は蒸し暑かった…。




バラたちはすっかり終わってしまって、多くが実を結んでいました。
品種ごとに花が違うように、実にも個性があって可愛いものです。



ユスラウメの真っ赤な実
美味しそうですが、これって食べられるんでしょうか?





ラバンジン・ラベンダー『アラビアンナイト』とイングリッシュ・ラベンダー『パープルマウンテン』
このハーブコーナーはそう大きくはありませんが、花がある時期は目にも鼻にも楽しい。


チランジア・フンキアナ(tillandsia funckiana)
普段はこれらの展示されている『熱帯資源植物温室』で長居することが
多いのですが、今日はさほど収穫はなし。
(撮った写真が尽くだめな感じで…)




…だもんで、さらっとサバンナ温室へ。





ハナキリン(アップで撮ったら唇みたい…)、メロカクツス・アーネスティ(melocactus ernestii)の花、
フェロカクツス・シュワルツィー(Ferocactus schwarzii)の花。

丁度花が咲いている時期に行くことが多いので、私のサボテンフォルダが潤います


芽キャベツみたいな蕾?からのビフォーアフター。
バーレリア・アルボステラ(Barleria albostellata)というらしい。


ちなみにサバンナ温室入り口には、触った感触を確かめられる植物のコーナーが設置されておりまして、
何度も触ってしまうもふもふ、ふわふわさんたちを撮影して来ました。


左からアサギリソウ、ペパーミントゼラニウム、オオバシコンノボタン。
オオバシコンノボタンの若葉がベストオブもふもふ。産毛のキラキラも可愛らしいです。
ちなみにペパーミントゼラニウムは食べられるらしいです。そう書いてありました。
やっぱり葉を食べるんでしょうか、サラダとかにして。

さて、今回はここまで。
ブロマガって1記事あたりの写真点数とか、どのくらいが理想なんでしょうかねー。

次回は本命の「ヒスイカズラ」の写真を載せていきます。


広告
×
これら植物でリースとか作れそうと寸感

86ヶ月前
×
>>1
tommyさん
今回上げたものの中にも、ドライフラワーに出来るのはありますので、リース作ると可愛いかもしれませんね~!
出生地で暮らしていた頃は、裏山から蔦や小枝を取ってきてリースを作ったりしてました。懐かしいです。
86ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。