KSB2016 アルカプ部門 トーナメントの見所と解説 パート2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

KSB2016 アルカプ部門 トーナメントの見所と解説 パート2

2016-04-27 22:15
    昨日から続いてパート2です
    ・ブロックC



    このブロックではやはりアメリカ最強のショマゴラス使い「BT Angelic」が一番注目ポイントです
    日本のプレイヤーがどこまで通用するのかとても楽しみです
    そのAngelicの周りにはフランク使い「vairos」、モードック使い「ミヤ」、レイレイ使い「課長」、アーサー使い「WH|Chunter」という上半分は曲者ぞろいのブロックです
    そして去年EVO2015では素晴しい結果を残した「RF」もこのブロックにはいます
    更に7110,BE/Dora、GX、キャプテン金石も見逃せません
    このCブロックもAブロックと同様全体のレベルが大変高いブロックとなっています
    上半分はレアキャラ使いたちが多く、中下は海外でも活躍するプレイヤーが多いです

    ・ブロックD



    このブロックもアメリカからの刺客「clockw0rk」がいます
    1回戦は北海道のゼロ使い「ヤクちゃん」が相手です
    この対戦はかなり面白いカードになると思います
    さらに去年KSB2015では台風の目になり素晴しい活躍をみせた「smmt」がいます
    1回戦は関西勢であで勝った方がトロン使い[curehulk」と対戦します
    他には超強いモリガン使い「ひろし」スパイダーマン使い「SHEVA」、去年プール抜けを果たしたハルク使い「ひさぼう」、PS3の強豪「Sh」がいます
    このブロックは誰が突破するのか予想しづらい難しいブロックとなっています

    評判がよければ7onの解説も書くかもしれません
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。