「なぜ超文学フリマなのか?」~文学フリマ・フェーズ3宣言~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「なぜ超文学フリマなのか?」~文学フリマ・フェーズ3宣言~

2013-04-23 02:25
    「文学フリマ」とは文学作品の展示即売会です。
    ニコニコ超会議に足を運び、このカタログを手に取っている方々には「創作文芸・評論オンリーの同人誌即売会」と言ったほうがわかりやすいかもしれません。評論家・まんが原作者として知られる大塚英志さんが発端として生まれた同人誌即売会であり、既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず〈文学〉を発表できる「場」を提供すること、作り手や読者が直接コミュニケートできる「場」をつくることを目的とし、プロ・アマといった垣根も取り払って、すべての人が〈文学〉の担い手となることができるイベントとして構想されました。

     ではなぜニコニコ超会議2の併催イベントとして、その文学フリマが開かれるのか?
     多くの人が疑問に思っていることでしょう。動画サイトのイベントと活字(それも“文学”と銘打った)のイベントが一緒に開かれることに意外性や違和感を感じるのはむしろ当然のことです。

     実のところ、超文学フリマの開催はほとんど偶然のようなものです。しかし、数多くの偶然が絶妙な時機で重なりあうことがあるとすれば、それはもはや必然と呼ぶべきでしょう。

     例年は東京で年二回開催していた文学フリマですが、2013年春に関しては東京での開催を行わず「初の大阪開催」を発表していました(実はこの大阪開催にいたるまでにも数多くの偶然が作用しているですが、それはまた別の話)。これは文学フリマ10年の歴史の中で初めての試みでした。
     そのタイミングでニコニコ超会議2の併催イベントの打診があったのです。例年通り東京で春開催を行っていたらおそらくお断りしていたでしょう。しかし、2013年に限って言えば、大阪に参加できない関東圏の参加者に場を提供する絶好の打診でした。

     一方でニコニコ超会議2の主催者側が文学フリマに声をかけるに至ったことにも様々な事情があったと思います。ニコニコ超会議2の開催日程が某オールジャンル同人誌即売会や某カードゲームの祭典と日程がバッティングしていたり、同じゴールデンウィーク中に某大型創作ジャンル同人即売会や某大型音系・メディアミックス同人即売会、某法人主催の都市型同人誌即売会が開催されるなど、普通の同人誌イベントはなかなか招致しづらい時期であることは明らかです(サークルも来場者もスタッフも取り合いになってしまいます)。そしてたまたま主催者側に文学フリマの参加者がいたとか、私の大学時代の先輩筋にあたる人がいたとか人間的なつながりいくつかあったことも大きな要因でしょう。
     さらにはここでは書けないような事情だっていくつかあります。

     そして私自身、文学フリマというイベントが順調に参加者数を伸ばし、抽選を行わずにすむ大きな会場へ移り、開催が安定化した代償として、参加者の固定化に見られる閉塞感が漂いつつあると感じていました。閉塞した〈文学〉、閉鎖的な〈文壇〉の外側にあたらしい市場を創ることを目的とした文学フリマ自体が、回を重ねることで閉塞に向かっているのではないか。その矛盾に目を背けてイベントを続けていくことは簡単です。しかし、「場違い」と言われようともニコニコ超会議2との併催は文学フリマに新しい風を吹き込む契機となるはずです。幕張メッセの四角いリングにあがり、ニコニコ動画のファンというまだ見ぬ相手に、自らの文学をぶつける。それは挑戦しがいのある戦いです。勝負どころは今しかない。私はそう確信しました。

     そういったあらゆる偶然の積み重ねが、「超文学フリマ」の開催を後押ししていました。私や事務局スタッフが結論を出す前に、状況が、空気が、時代が、「やれ!」と結論を出していたのです。

     また、この4月に「第十六回文学フリマin大阪」と「超文学フリマ」の月二回開催を行ったことは、文学フリマの将来にとって大きな意味を持ちます。あえて落下傘的に東京の事務局で主催した「大阪」と、もともと開かれるフェスティバルに相乗りする形で開催する「超」を通じて、今後文学フリマというイベントが東京での定期開催以外に展開していくための手法を同時にふたつ獲得することができました。この手法を両輪として、さらなる地方展開なども切り拓けると考えています。

    「超文学フリマ」は閉塞した文学と、固定化した文学フリマというイベントの壁を「越える」ための挑戦です。
     そして、ここからまた、はじまるのです。
    「開催することに意義があるイベント」だった第一段階、「開催することで新しい何かを生み出すイベント」としての第二段階を経て、文学フリマは「様々な地域へ拡散し種を蒔くイベント」として第三段階に入りました。
     ぜひ、あなたも参加してください。
    超文学フリマ
    (「ニコニコ超会議2」[2日目]併催イベント)
    開催日2013年4月28日(日)
    開催時間10:00~17:00
    会場幕張メッセ(「ニコニコ超会議2」内)
    アクセスJR京葉線「海浜幕張駅」徒歩10分
    一般入場「ニコニコ超会議2」の入場チケットが必要です。
    1日券 前売1,500円 当日2,000円
    通し券 前売2,500円
    ※購入方法はニコニコ超会議2公式サイトをご覧ください。
    参加サークル数288スペース
    主催文学フリマ事務局

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。