性差問題の取り上げ方について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

性差問題の取り上げ方について

2016-10-10 23:48
    僕だけじゃないと思うけど、性に関しては、どんな人でも何かしらの性に属してて、興味こそなくても、無視できない問題だと思うんだ。例えば、「女性専用車両」、「レディースデー料金」とか。尾木ママいわく、性別は人間の数だけあるらしいんだ。それは僕も同感。よく、性差の問題として取り上げられるのが、「女性が管理に登用ことの少なさ」とか「女性政治家の数」とかだと思う。クォータ制(割当制)とかで、「管理職の○割は女性でなければならない」みたいな法律ができることが社会的には良いのかな?それは逆差別ってことで、敬遠されるのかな?
     アメリカでは黒人差別の歴史から、黒人を白人よりも優先に採用するべきかどうかって問題を取り上げてるらしいけど、日本の性差の問題とも近いと思うんだ。僕の持論を言うと、性差は考慮せずに生きていく方が良いと思うんだ。(良いって意味もよく考えないといけないけど)「男だから」「女だから」って区別して押し付けるのは生きにくさを助長すると思うんだ。「男だから」「女だから」だけじゃなくて、「○○だから」とか、キャラ付けは生きづらい原因の一つだと思う。
     日本は、男女差別は大きいと思う。でも、それは「差別」ではなくて「区別」なのかもしれない。「女性の社会進出」を掲げる女性がいたり、「専業主婦で良い」って考える女性もいたり、僕みたいに「専業主婦になるのが夢」っていう男性がいたり、性別って人の数ほどあると思うんだ。トイレやお風呂の区別は仕方ないと思う。でも、今の日本社会は性差に関して差別し過ぎだと思うんだ。僕は性差で差別してほしくない。海外の事例を出しても、「ここは日本だから」「郷に入っては郷に従え」っていう反論が多いだろうから、特に出さないけど、僕は、もう少し視野の広い日本になってほしい。(日本から出てけって言われるかも)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。