ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

日記 280
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日記 280

2020-12-30 17:23
    12月30日(水)

     今日も日が暮れる。年末年始休暇の前半戦の出来事を覚えているうちに書いておこう。
     
     当然、コロナかの中であったので外出はしていない。近所に買い物に行って飯を作ったくらいか。外食もしてすらいない。成人の日あたりには言ってみようかとも思う。
     初日、何か喰いたくなったのでなんかを買いに行った。なんだったかは忘れた。ひぐらしの祟りだまし編を皆でみた。3時くらいまでおきてごろごろメギドしていた。なんてクリスマスだ。
     土曜日、昼間まで寝ていた。おそらくうどん食べに行ったのは日曜日か。相変わらずいりこの出汁が効きすぎていて美味しくはない。値段が安けりゃそんなもんである。これならヒガシマルのうどん出汁の方が美味い。月曜日、何もせずボイチャ開いてぐだぐだ話していたか。肉食いたくなったので肉屋に買いに行ったっけか。ただ、刺身が余っていたので漬けにして食べた。それで酒に酔って寝た。
     昨日はエビグラタンが食べたくなったので作った。ペンネをゆですぎたせいで粉っぽかった。適切な分量の2倍ほどの量を入れてしまったからである。1話を寝てしまって見過ごしていた岸部露伴の実写版を観た。面白かったので友人に電話。仕事で観れていなかったとのこと。なんということだ。やっぱ労働は悪だな。
     今日、ドラクエ11を久々にやりたくなってやっていた。早く二刀流できるようにしたい。前周と余りやること変わっていないのでちょっとなんかな……と物足りなくなってきている。
     正月用の酒を買いに酒屋に行った、コロッケが売っていたので食べた。サクッと食べられて玉葱の甘みがしっかりきいている。揚げたてで出してくれるのもありがたい。雪がパラパラと降ってきていた。もっと降って欲しい。静かな方がいい。いや、風の音がきつくなるのはうるさいから嫌だな。
     明日はなんと大晦日だ。最悪だ。何もなせないまま今年も終わる。このまま何かあるたびにアレがあるからこれがあるからと頭の中で言い訳し続ける人生が続くのか。もっと頭よくなりたいな。やりたいこと何でも出来るようになれる人になろうと思う。そのためにやりたいと口にする前にざっくりプラン書いてやって反省して、改善してってことが続けられるようにしないと。いいやり方思いついたら続けてみよう。とにかく自分をもたなければならない。どうでもいいことに時間を取られるのが人生かもしれない。どうでもいいことこそが多くの人の分相応なのかもしれないし、そういうことにこそ脚色し、機智を見いだすべきなのだろうがいつまで経ってもそれが出来ない。ありきたりな表現でしか叙述できない、便利な言葉でその場をやり過ごすことを覚えたら目に見えて成長が止まっていくし、感性が死んでいくのが分かるのに(元々ないに等しいのになんと傲慢な表現だ)それを止められない。フレームワークに沿って論理的に考えることに慣れてしまうと素早く判断できるかもしれないが、変化に弱くなってしまう。単純に地頭が弱いだけなんだけど、要点を押さえて対処することが出来ないときっと何も出来ない人のままなんだろうなぁと思う。
     来年か。仕事もやるべきことが増えていくだろう。一応昇進してしまったわけで、なんも実績挙げてない人間にそういうことをやらせるのはアホのすることだと思うし、人が足りてないのとプロジェクトをポシャらせたいのとを意図を感じるが、さあどうするか。本気でやり始めたらこうしてのんきに日記就けている場合じゃなくなるだろう。いや、日記はつけておくべきだろう。仕事をしているときの人格とネットに触れているときの人格とこうして整理しているときの人格と小説書いているときの人格と友人と話しているときの人格とあと家族と話しているときの人格を上手く分けなければならない。どれかが潰れてしまったら、きっと機能しなくなるだろう。ただ、書く時間あるいは考えるための時間をどう確保するべきかだ。できるだけ単純作業にして段取り組んだら進捗を確認するだけで進むように組むことをして、駄文を生成するための時間を作っていたが、これからはそうもいかなくなりそうかもしれない。急な飛び込みの依頼が多くなれば必然と頭のリソースも削られていくだろう。どうすればいいのだ。
     がちで別人格でも作って普段のリソースをそっちに任せて私は引きこもっておくのはどうだろう。ふとした空き時間、ある空間で一人になったときに出てきてメモを取り出し記述する。あるいは私のためだけに海馬の一部分を明け渡しておけば空き時間に出てきたときにそれに沿った叙述をする作業時間として利用できる。なるほど、それはいい手かもしれない。とはいえ、私が私でいられる時間もそこまであるわけじゃない。社会性を失っては私自身の維持が困難だというのは嫌と言うほど思い知っているけれど、そもそも形成されるまでに、あるいは私が思考を支配出来るための条件を設けておくべきだろう。ふむ、しばらくの間はそうしてみようか。
     ある程度、整理できたな。クラフトビール飲んだおかげだ。高い酒は私の時間を増やすことが出来る。これも一種の誓約だな。ある程度暗い部屋だ。PCの明かりのみだ。あと、他の人の声がしない。し始めたら別の人格に引っ張られる。これは自己防衛機能と言えるかもしれないな。ふむ。。。そんなものか。

     今日はこの辺で。
     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。