3.加工 (8)パーツの取り付け
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3.加工 (8)パーツの取り付け

2017-02-10 21:30
    3.加工
    (8)パーツの取り付け


    コントロールキャビティをシールドします。銅板を貼りにくそうな箇所、隙間になる箇所に銅箔テープを貼ります。バックプレート裏面との導通部分も作ります。




    底面、側面に0.1mm厚の銅板を2液混合エポキシボンドで貼ります。ピックアップキャビティは、ネック、ミドルPUがノイズレスという事もあってシールドしない方針です。弾いてみてノイズが気になるようならします。




    トーンに使うスイッチPOTをフルトーンPOT化するため、分解して抵抗体を削ります。






    左下側を精密ヤスリで削って、全開した時に抵抗体とブラシが当たらないようにします。




    抵抗体を削って組み立て直したら、どの接点も導通しない。やっちまったと思ったら壊れていたのはテスターの方だったというオチ。



    一度分解すると丁度良いアタリに組み立て直すのは難しいです。後から見てみたら隙間から精密ヤスリを差し込んで削れました。もう一方のトーンPOTは分解せずに抵抗体を削りました。


    試し彫りをした板にパーツを組み付けてハンダ付けします。コントロールキャビティに組み付けてしまうとスイッチPOTの下部などはハンダ付けしづらいので、こうすると楽です。




    コントロールキャビティに移動したら、ピックアップからの配線、アース線をハンダ付けします。




    その他のパーツを組み付けたらいよいよ完成です。塗装前に一度組み付けているので調整は時間がかかりません。


        ← 前の記事へ        メニューへ        次の記事へ →

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。