かっこいいウォーターマークの作り方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

かっこいいウォーターマークの作り方

2017-10-14 00:43

    かっこいいウォーターマークの作り方


    写真の著作権表記をするウォーターマークについて調べていたところ、ミヤビプロダクション様の記事で

    ライトルーム/フォトショップ:かっこいいグラフィック透かしの作り方

    というのを見つけたのですが、ライトルーム、フォトショップを持っていない身としましては似たようなことをフリーソフトで出来ないかと考えた次第です。

    ウォーターマークというのは、写真等の無断転載を防止する目的で画像内に透かしのクレジット表記をするものです。
    必要な記載事項は
    (1)「©」コピーライト
    (2)著作権者名(アルファベット)
    (3)初出の西暦
    で(2)と(3)の順序に規定はありません。

    ©2017 Fluhoo Hatmal

    と入れることにします。
    使用するソフトはGIMP2XnConvertです。

    ダウンロード、インストールの方法については割愛させていただきます。他サイトをご参照ください。



    GIMPを開いたら、ファイル→新しい画像


    幅はお持ちのカメラ(将来使うであろうカメラ)の長辺のピクセル数÷3あれば良いそうです。高さは文字の高さより大きければ良いわけですが、ここでは正方形にしておきます。OKをクリックします。


    レイヤーダイアログの背景をダブルクリックしてレイヤー名をレイヤー0に変更します。


    塗りつぶしツールを選択して描画色黒のまま塗りつぶします。


    レイヤー→新しいレイヤーを追加


    レイヤー名をレイヤー1にしてOK


    描画色をクリック、白(ffffff)にしてOK。レイヤー1を塗りつぶす。


    レイヤー1の目玉アイコンをクリックして非表示にする。


    テキストツールを選択、画面上をドラッグ&ドロップしてテキスト枠を作成


    テキストの描画色が白であることを確認したらテキストを打ち込み、フォントを選びサイズを調整する。


    レイヤーダイアログのテキストレイヤー上で右クリック→不透明部分を選択範囲に


    ブレンドツールを選択


    グラデーションをクリック、Flare Sizefac 101を選ぶ。


    ⇔をクリックして反転させる。


    描画色をクリック、HTML表記に「777777」(7が6個)と打ちOK
    (好きなグレーで良い)


    任意の位置から縦にドラッグ&ドロップ、好みのグラデーションにする。
    (Ctrlキーを押しながらドラッグすれば垂直にしやすい)


    選択→選択を解除


    グラデーションを確認します。


    レイヤー1の目玉アイコン部分をクリックして表示にします。


    レイヤーダイアログでテキストが選択されていることを確認したら、フィルター→照明と投影→ドロップシャドウ


    XY各方向のオフセット(テキストからどれだけずらすか)、ぼかし半径(大きいほどぼける)、不透明度を調整しOK
    (設定内容がフォトショップとはかなり違う)


    矩形選択ツールをクリック


    テキストが範囲内に収まるようにドラッグ&ドロップ


    画像→選択範囲で切り抜き
    (矩形選択をせずに自動切り抜きでも良いかもしれない)


    選択→選択を解除


    レイヤー0及びレイヤー1の目玉アイコンをクリックして非表示に


    ファイル→名前を付けてエクスポート


    保存フォルダを選び、名前を入力してpngファイルとしてエクスポート


    デフォルトのままエクスポート


    後に修正することもあるかもしれないのでプロジェクトとして、ファイル→名前を付けて保存


    保存フォルダを選び、名前を入力して保存


    ドラッグ&ドロップまたはファイルの追加からウォーターマークを入れたい画像を読み込み


    複数枚読み込んで一括処理も出来る。動作をクリック


    動作を追加→画像→透かし


    先程GIMPで保存したpngファイルを開く


    ど真ん中に表示された


    不透明度、サイズ、位置、デルタ(位置からのずらし)を調整。フロッピーアイコンをクリックすればプリセットとして保存も出来る。
    (端ではトリミングされたら終わりなので、なるべく真ん中に近い位置で且つ写真の邪魔にならない位置にするのが良いと思う。薄すぎるとスマホで読めなかったりするので要確認)


    出力をクリック、保存フォルダを選びファイル名を入力したら変換をクリック


    このような画面が表示されたら成功


    無事ウォーターマークが入りました。

    応用して自分独自のウォーターマークを作るのは楽しそうですが、そもそもウォーターマークを入れなければ無断転載される世の中なんて嫌ですね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。