ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • SCEが送る「もっと評価されるべき」渾身の人形活劇『パペッティア』

    2014-09-06 00:01

     久しぶりに筆を執りたい作品と巡り合ったのでちょっと書いてみようかと思います。
    前回から大分間が空いたため多少文章乱雑になるかと思いますがご容赦ください。

    今回ご紹介するのはソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されました

    パペッティア


    です。
    いつも通り、まずはささっとあらすじを見ていきましょう。


     はじめに、これは不可思議と幻想に満ち満ちた、魔法劇場で公演されている演目である。

     月の女神によって治められていた月は、女神の可愛がっていたリトルベアの反乱によって突如一変します。リトルベアは黒のムーンストーンと聖なるハサミ『カリバス』を盗み出し、その力によって月の女神を撃退。ムーンベアキングを名乗り、月を力によって支配してしまいます。

     それから3年、ムーンベアキングは自らの地位を守るため、夜な夜な地球から子供たちの魂を攫い、闇の軍勢へと変えていきました。

     
    主人公であるクウタロウも地球から攫われた少年の一人であり、魂を木の人形へと移し替えられてしまいました。しかし何故かムーンベアキングに頭を引き抜かれ食べられて捨てられてしまいます。人形の命であるヘッドを失ったクウタロウを救ったのは、ムーンベアキングの下で働きつつ『カリバス』を手に入れんと画策する月の魔女でした。

     月の魔女の手引きによって『カリバス』を手に入れお城から脱出したクウタロウは、ついでに助け出した太陽の妖精ピカリナと共に、ムーンベアキングから月を開放するため冒険の旅に出るのでありました。


     はい、簡潔に説明しましょう。

    月が熊に支配されたから頑張って解放しようZE!

    です。簡単でしょ?



     本作『パペッティア』は聖なるハサミ、カリバス使ってモノを切っていくことで先へと進んでいくというアクションゲームです。また、あらすじに書いてあるように、このゲームは魔法劇場の公演という形をとっており、ステージが劇場舞台のようになっています。そのため場面転換の際に舞台が回転したり、ステージギミック(舞台装置)の中の歯車が垣間見える、さらには謎の人物ミスターG(CV.藤原啓二)による狂言回しや観客席の歓声など、まるで自分がその劇場で舞台を鑑賞しているかのような臨場感を味わえる、というようなコンセプトになっています。

     もう一つ、このゲームの特徴として、お供であるピカリナを操作することで、背景にある壁やスイッチを調べることが出来ます。これによって先へ進むためのギミックを操作したり、残機を増やすために必要なムンピー(いわゆるマリオのコイン)を集めることが出来ます。

     システムに関してはこんなところです。あ、あとQTEがあります、念の為。そこらへんのアクションゲームよりはよっぽど簡単な設定になっているので、初見は失敗するかもしれませんが落ち着いてやればそこまで苦戦するようなことはないでしょう。QTEを嫌厭している方もいらしゃるとは思いますがそれだけでこのパペッティアを遠ざけるのはあまりにも勿体無いので、あまり気にせずにいきましょう。



     ここからは何故私がこの作品を記事にしようかと思ったのかというお話。

     実はこのパペッティア、びっくりするほど売れなかったらしいんですよ、えぇ。いえ詳しいことは知らないんですけどね、開発側としては結構な自信があったらしく、割と売れなかったことがショックだったとかなんとか。いえ、詳しくない事をダラダラ語るのはやめましょう。

     とにかくですね、これだけ良く出来た作品なのに知名度が全くと言っていいほど無いのは勿体無い!ということでどうしても書かねばなるまい、と思い至った次第でございます。この記事を一人でも多くの人に見ていただけることを望んでいます。



     では、何をもって良く出来た作品だと思ったのか。

     ハサミを使った斬新な進行方法?確かに楽しいです。

     サポートキャラによる背景への干渉?色々な隠し要素を探すことが出来てとても素晴らしいですね。

     舞台的演出?ミスターGとピカリナの掛け合いが聞いていてとても楽しいというか、笑います。ミスターGが藤原さんなのもツボ。あと主人公が喋らない分ムービー(?)でよく動き回っているのが印象的。

     ストーリーの壮大さ?見た目に反してかなり燃えます。ストーリー終盤は是非ともご自身で体感していただきたいと思っています。

     しかし一旦それは置いておきましょう。



     このゲームの肝となる部分。それは絶妙に調整された難易度です。具体的にどういった具合の難易度かと説明しますと、普段あまりゲームをやらない人にはちょっと難しく感じ、普段から色々なゲームを遊んでいる人間にとっては少し物足りないと感じる程度の難易度になっています。多分。

     「それじゃどっちつかずで両方の層が楽しめないんじゃねーの」と思う方もいるかもしれません。ご安心ください、そのあたりのことをちゃんと考えているからこそこの記事を書こうと思い至ったのです。


     まず普段あまりゲームをやらない方向けに。あまりアクションゲームなどを嗜まない人からすると、このゲームは少々難しく感じるかもしれません。わかりやすく説明すると、「スーパーマリオ以上、ドンキーコング未満」です。え?わかりづらい?まぁまぁまぁ。

     しかしてこのパペッティア、普通に進めていくだけで残機がホイホイ増えていきます。なので、よっぽどのことがない限りゲームオーバーになることは無いでしょう。

     また、クウタロウのHPであるヘッドは3つまで保有することが出来(つまりは最大HP3)、敵に当たっても、落とし穴に落ちても、失うヘッドは必ず一つ。更には敵に当たってヘッドを落としてもすぐにヘッドを回収できればダメージを受けたことにはならないという良心設定。

     ステージギミックに関しても、「何回か繰り返し挑戦すればクリアできる」程度の難易度になっている(はず)なので、とりあえずスーパーマリオがクリア出来る人なら大丈夫だと思います、うん。


     次に、普段から色々なゲームに手を出しているという人向けに。正直難易度に関しては温いと感じると思います。終盤にもなるとそれなりに歯ごたえは出てくるものの、まぁクリアするだけなら苦ではないでしょう。

     そこで登場するのがゲーマーの皆さんにも満足いただけるであろうやりこみ要素ですよ。トロフィーコンプしてこそのゲーマーじゃないですか、ね。(個人差があります)

     先ほどからちょくちょく登場している「ヘッド」。実はこれ、めちゃくちゃ種類があります。コレクションアイテムでありイベントアイテムです。

     どういう事かと申しますと、クウタロウは本来の自分のヘッドをムーンベアキングに食べられてしまった為、道中で様々なヘッドを見つけて代用することで冒険の旅を続ける訳です。その際、単純にHP回復用としてのヘッド補給があったりするのですが、それとは別に、ステージギミックを作動させることによって獲得できる隠しヘッドがいくつも存在するのです。いくつもというかほとんどが隠しです。

     そして、ヘッドにはそれぞれ固有のアクションが存在し、その固有アクションに対応したステージギミックがどこかに一か所(または複数)存在します。ドンキーコングでアニマルに乗ってるとボーナスステージに行けるみたいなもんです。わからなければドンキーコングをやりましょう。



     こんな感じです。どの層でも楽しめるであろうことが伝わりましたでしょうか。伝わらなくても「ふーんそういうゲームがあったんやな」くらいに思っておいてくれればいいです。

     そんなどの層にもきっと受けたであろうパペッティア。ならばなぜ売れなかったのでしょうか。これはねーあくまで私の個人的見解なんですけどねーSCEの売り方っていうか宣伝の仕方が上手くなかったんじゃないかなーとかね、思うんですよね。一応体験版なんかもあったんですけどたいして何ができるわけでもない序盤も序盤だけしか遊べないっていう。違うんだと、パペッティアの面白さはそこにはないんだと。宣伝してなかったわけでもないしPVなんかもちゃんとあるんですけど、とりあえずちょっとこれ見て頂きたいんですけど。



     いやなんか・・・どうです?正直私だったらこれ見ただけじゃ買う気起きないんですけど。なんかね、違うんですよ。パペッティアの楽しさはハサミアクションとか舞台的演出とかそういうところじゃないんですよ!もっとシステム的な面白さがしっかり磨き上げられているわけであって、そういうところをどうにかしてプッシュしていくべきだったんじゃないかなーと思うわけです。いえまぁ、自分は能が無いので具体的にどうしろなんて話はまったくもって出来ないんですが。



     そんな感じで今回はパペッティアのお話でした。現在PS+にて配信されておりますので少しでも興味の湧いた方はとりあえず一度騙されたと思ってプレイするだけしてみてください。とにかく一度やってみる。話はそれからです。



    ではまたいずれ
  • 広告
  • 様々な人間達の運命が交錯し一つの物語へ『428 封鎖された渋谷で』

    2014-06-29 07:00
    くぅ~疲れましたwこれにて428完結です!

    いや長かった。本編はともかく隠し要素コンプはそれなりに大変でした、はい。

    ということで、今回ご紹介するのはチュンソフトより発売された
    428 封鎖された渋谷で


    428は「シブヤ」ではなく普通に「よんにーはち」です。念の為。
    2008年にwiiで発売され、その後PS3、PSPに移植。更に現在ではiOS版も発売しています。

     チュンソフトさんといえば『弟切草』や『かまいたちの夜』、ジャンルは違いますが『風来のシレン』でお馴染み。現在はドワンゴの子会社となりスパイクを吸収合併。スパイク・チュンソフトとしてダンガンロンパなどを手掛けています。



     この428は同じくチュンソフトが以前発売した『町』というゲームを踏襲した作品であり、この作品の10年後の渋谷が本作の舞台、という設定になっています。ですが続編ではなくシリーズもの、という立ち位置であるため、前作をプレイしていなくても全く問題ありません。99%楽しめます。(残りの1%は前作をプレイした人間が思わずニヤリとするような、一種の内輪ネタのようなものです。)



    以下あらすじ

    4月28日、午前10時。渋谷中央署の新米刑事、加納慎也はスクランブル交差点にいた。
    渋谷管内で誘拐事件が発生し、犯人は被害者の妹、大沢ひとみに現金を持たせるよう指示。
    加納は先輩刑事の笹山と共に、身代金引き渡し現場に張り込んでいた。
    配属後、初めての大事件捜査に緊張する加納。


    同じ頃、元チーマーの初代ヘッド遠藤亜智は、日課のゴミ広いに精を出していた。
    渋谷駅前まで来た亜智は、ハチ公前に佇む一人の少女を目にする。
    少女に向けられた銃口を目撃して、身の危険を察した亜智は、少女を連れて逃走することになる。


    事件捜査に奔走する加納。少女と行動を共にする内に徐々に事件に関わっていく亜智。
    二人の青年を中心にフリーライターの御法川実、被害者の父である大沢賢治、謎の着ぐるみタマの物語が複雑に絡みつつ、渋谷の街は騒乱の渦に包まれていく。





     今作は複数の人物から成る実写サウンドノベルゲームであり、度々キャラクターを入れ替えながら、同じ時間帯に進行する複数のシナリオを体験していくというもの。それぞれの主人公の行動を選択する事で別のシナリオに影響を及ぼし、バッドエンドを回避していきながら物語の核心へと迫っていきます。

     物語の主な主人公は5人。それぞれの人物像を軽く紹介しましょう。



    加納慎也(かのう しんや)
    演 - 天野浩成


     渋谷中央署に勤務する新米刑事。誘拐事件をうけて相棒の笹山と渋谷のスクランブル交差点を張り込む事に。尊敬している先輩刑事の言葉を胸に(メモ帳に)刻み、事件を解決すべく奔走する。あと結婚を前提にお付き合いしている女優似の彼女がいる。しかし義父には反対されている模様。

    遠藤亜智(えんどう あち)
    演 - 中村悠斗


     渋谷の若者達の集まり「KOK」の初代ヘッド。そのため渋谷のヤンキー達には一目置かれている。しかし今は脱退して生まれ育った町渋谷を綺麗にしようとゴミ拾いに精を出す毎日。好みのタイプは自然環境を大切にする人。ひょんなことから誘拐事件騒動に(自分から)巻き込まれ、大沢ひとみと共に渋谷を駆け回る事に。腕っぷしは強いが頭を使うことは苦手。あと困っている人は放っておけない性質。

    大沢賢治(おおさわ けんじ)
    演 - 小山卓治


     大手製薬会社「大越製薬」の研究所長を務める人物であり、大沢ひとみ、そして誘拐されたひとみの姉の父親。ウイルス研究の第一人者として知られているが、本人は寡黙な人間で、人との関わりと最小限にしたいと思っている。が、娘の誘拐事件をきっかけに、いままで意識的に避けてきた様々な出来事と向き合うことになる。とあることがきっかけで上木彩矢の大ファンになり、ファンクラブの会員専用掲示板などにも出入りしている。

    御法川実(みのりかわ みのる)
    演 - 北上史欧


     フリーライターであり、以前は新聞記者をしていた。典型的な「俺様キャラ」であり、取材対象にすら一切媚びることをしない。どころか相手を煽るような事ばかり言って次々と言葉を引き出すやり手。しかし記事に対しては人一倍真摯であり、イカサマやデマなどは決して書くことはない(た だしでっち上げ紛いの事はするが)。人の事をビシッと効果音付きで指差すのが癖。実は同会社が以前に発売した『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』のスピンオフキャラクターらしい。

    タマ
    演 - 不明


     ネコの着ぐるみ。中の人などいないちゃんと中に人がいる。雑貨屋で見つけたペンダントを手に入れるためにうさんくさいアルバイトをすることに。だがファスナーが壊れて着ぐるみが脱げなくなってしまったため、しばらくのあいだ着ぐるみで仕事をすることになった。あとツッコミにキレがある。頑張れタマ!負けるなタマ!ペンダントは目の前だ!本人いわく「か弱い乙女」らしいが果たしてその正体とは?



     今作の特徴はなんといっても実写を使用したサウンドノベルゲームであるということです。サウンドノベルというとまず立ち絵があり、その表情差分が繰り返し登場し、要所要所で一枚絵が挿入される、という印象が強いと思います。そういった手法を否定するわけではありませんし、だからこそ作られる作品だってあると思います。

     しかしてこの428、ページを捲る度に視点が違う、場面が違う、動きが違う、一つとして同じ画が無いんです(まぁ流石に一つとしては誇張し過ぎかもしれませんが)。更にはあたかもドラマのワンシーンのようなムービーが挿入される。なにより役者さんの演技もあって場面の一つ一つが印象に残ります。それが本ルートだけでなく、それぞれの分岐ルートやバッドエンドまで全て異なる場面であるというのだからどれほどの労力がかかっているのか想像がつきません。



     もし小説があったとして(一応実際にあるんですが)ここまでのボリューム、そして完成度には到達しえないのではないかと思います。もし小説を読んでそんなことは無いと思った方がいらしたら申し訳ありません。私は小説は読んでないです。でもきっとゲームを超えはしないだろうという確信はあります。

     だったら逆に実写を使っているんだからいっそのことドラマにしてしまってはどうか。やはりこれもゲームを超えることは無いでしょう。勿論ドラマ仕立てに作り上げれば感動できる作品が一本出来るとは思います。しかし、この428はBADENDや本シナリオから逸れた名脇役達とのやりとりがあるからこそ本シナリオが輝くものであって、正規ルートだけをドラマ化したところでそれはただ感動できる作品が一つ出来上がるだけです。自ら本編をクリアしたからこそ得られるあの達成感はドラマにはきっと存在しない事でしょう。



     小説にもドラマにもしえないもう一つの理由に多過ぎる隠し要素があります。

     まず本編に通常エンドと真エンド。まぁこのあたりはどのゲームにもよくある要素です。更に本編とは別に隠しシナリオが3つ。そして更にスペシャルエピソードが21個あります(wii以外は22個だそうです)。そして最後に秘密のメッセージが・・・

     まず隠しシナリオの2つ。これは普通にプレイしていればそのうち発見できると思います。隠しというよりはボーナスに近い感じですね。いわゆるアナザーエピソードってやつです。

     そして最後の隠しシナリオは、どうなんでしょう。見つけようと思えば見つけられるんでしょうが、中々自力で探し当てるのも難しいと思います。何周も遊んで偶然見つけたらラッキーくらいの感じで。

     問題はスペシャルエピソードとラストメッセージ。無理。絶対無理。あんなもん初見でというか自力で見つけられたら神ですよ神。気付くとか気付かないとかそんなレベルじゃなくてもうぜってーあれ気付かれなくてもいいやくらいの気持ちで製作者作ってますよ絶対。しかも無駄に気合い入ってるやつ。なんなんですかね、馬鹿なんですかね?きっと馬鹿なんでしょうね。チュンソフトさん大好きです。

     ということで隠し要素をすべて自力で見つけるのはまず不可能ですのでおとなしく攻略サイトを見ましょう。私は見ました。



     ということで、428の紹介でした。サウンドノベルというジャンルはちょっとした内容でもネタバレになってしまうので、正直中身に関してはほとんど説明していません。もう既にプレイ済みの方も大勢いるかと思いますが、もしまだ未プレイの方でこの記事を読んで頂けたなら、是非ともプレイしてみて下さい。

     ゲームが苦手、小説が苦手、そんな人でも気軽に楽しむ事が出来ると思います。むしろそんな人にこそ、おススメ出来るゲームです。

     上にも書きましたが、現在wii・PS3・PSP・iOS版が出ています。今ならお安くなっていると思いますし、決して損はさせないと誓います。ほんとに。



    多くの人達の運命が重なり合うことで、偶然は必然となり、やがて一つの物語へと収束して行きます。その結末は是非、あなた自身の手で掴みとってみて下さい。





    ではまたいずれ                                                             872686210775

  • PS+にて無料配信中の『デモンズソウル』の話

    2014-06-24 07:00

     現在PS+にて無料配信中ということで初めてデモンズソウルをプレイしています。いやまあ無料配信とはいってもPS+に加入していることが条件ですので実質500円なわけですが。

     ダークソウルは拡張版であるARTORIAS OF THE ABYSS EDITIONを購入しまして、なんやかんやあってようやくクリアしたのですが、デモンズはタイミングが合わず購入していなかったので順調にサクサク死んでおります、えぇほんとにサクサクと。





     デモンズソウルといえば言わずと知れた、フロムソフトウェアより2009年に発売されたいわゆる死に覚えゲーです。ヌルいゲームが増えたとユーザーたちが嘆いている昨今のゲーム業界に颯爽と現れたこのゲームは、瞬く間にゲーム大好きな大きいお友達を魅了し、続編にあたるダークソウル、及びダークソウルⅡも負けず劣らずの人気を博しています。(ただし、デモンズソウルとダークソウルとではシステムや諸々に多少の差異があるため、時に派閥争いが起こる事もあるようですが。)

     人気の要因となったのはズバリ、その絶妙に調整された難易度と戦略性に富んだアクションにあります。防御力の高い鎧を装備すればそれだけ移動が遅くなり、相手によって武器を使い分けなければ中々大きなダメージを与えられません。敵集団に突っ込めばたちまちリンチに合うし、高いところから落ちれば当然死にます。

     そんな中で何度も同じステージを繰り返して敵の特性を知り、マップを把握し、装備を整えてようやくクリアできる程度の難しさ。決して理不尽な死ではなく、己の非を認め学ぶことによって少しづつ前へと進む事で自身の成長を実感し、そしてようやくエリアを踏破した時の達成感は、言い知れぬ喜びとなります。



     当然、元々プレイヤーの持っているゲームスキルには個人差があり、普段アクションゲームをやらないような人達から見ればこのゲームは「鬼畜難易度!」「激ムズ!」と感じてしまうことでしょう。

     そんな方々のためにもキチンとした救済策がとられています。それがファントムと呼ばれるシステムです。これは簡単に言ってしまえば他のプレイヤーがお供となって助けに来てくれる
    というもの。オンライン(PSN)接続時に自分以外のプレイヤーが「お助けします」という青いサインをステージに出しておいてくれることがあります。それに触れることで別のプレイヤーが青ファントム(通称青霊)となってそのステージの攻略を手伝ってくれるのです。ただし、デモンズソウルにはレベルの概念が存在し、自分と近いレベル帯の人にしか力を借りる事は出来ません、例えばレベル1の人がレベル99の人に助けてもらう事は出来ないのです。しかし普通に考えれば一人プレイよりも三人プレイの方が強いというのは明白ですので、青サインを見つけ次第協力を仰いでみると良いでしょう。

     じゃあとりあえず楽に進みたいなら青ファントムをバンバン活用していけばいいじゃないか、と思うかもしれません。しかしそううまくいかないのがデモンズソウル。自分が青ファントムを呼び出せる状態になっている時。同時に黒ファントム(通称黒)に侵入される危険性をはらんでいます。
     黒ファントムはPK(プレイヤーキル)を目的としたプレイヤーであり、自身の意志とは関係なく勝手にゲーム内へ乱入してきます。こちらがステージ攻略用の装備に対して相手は対人用の装備を万全に整えている、ということも多く、初心者はまずこの黒ファントムにフルボッコの洗礼を受けることになります。

     では一体どうすればいいのかといえば、簡単な事です。黒ファントムに侵入されないように祈りましょう。ね。もしくは黒に侵入される前に素早く青霊を召喚するとか。すぐに青サインが見つかればの話ですが。



     さて、説明はこのあたりにして本題です。
     上の方にも書いたように、現在PS+にてデモンズソウルは無料で配信されています。これを機会に初めてプレイする人、久しぶりに帰ってくる人、様々な人がいるでしょう。

    が、それでも人がいない

     いやー、ね、これがオンラインプレイ対応ゲームの辛いところといいますかね、過疎ってしまうと楽しさ半減。いえ半減は言い過ぎですが、多少なりとも面白みが減ってしまうのは悲しい事です。いやいや確実に人が戻っているのは間違いないんでしょうけどね。それでも青サイン貼ってても誰も召喚してくれないわ逆に青さんに手伝ってもらおうと探し回っても一向にサイン見つからなかったりだとか、いや参りましたねどうも。そのくせ黒さんめっちゃ出てくるんですよ。なんなんですかね張ってるんですかね。生身に戻った瞬間ソウル体に逆戻りですよえぇ。いやデモンズソウル一人プレイだって充分楽しいですよ?楽しいですけど要するに何が言いたいかって

    心が折れそうだ・・・

    ね。これを読んでいるデモンズプレイヤーの方、もし見かけましたら助けてやってください。
    もしくは呼び出してこき使ってやってください。下の方に私のID張っておきますのでもし見かけた時はよろしくお願いします。現在SL40くらいです。そろそろ45くらいまで上げようかと思っている感じです。はい。



     デモンズソウルをプレイしたことが無い方にはよくわからない事を書いてしまったことをお詫び致します。とりあえず「デモンズソウル楽しいからみんなやるといいよ!今なら500円で出来るよ!」ということだけ覚えてくださればこの記事を書いた甲斐があります。もし実際にデモンズソウルをプレイしてみて楽しいと思って下さった方は続編であるダークソウル、及びダークソウルⅡもプレイしてみてください。デモンズとはまた一味違った面白さが堪能できると思いますよ。



    最後に、私のPSNでのIDは「aki330773」で御座います。もし出会うことがあればその時はよろしくどうぞ。



    ではまたいずれ