ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ブレイブルーって結局なんぞや?って人のためのあれこれ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ブレイブルーって結局なんぞや?って人のためのあれこれ

2013-10-25 00:01
    『BLAZBLUE』(ブレイブルー)は、アークシステムワークス制作・エイエムアイ販売の
    2D対戦型格闘ゲームシリーズである。(Wikipediaより引用)

    はい、という事で格ゲーなんですね。
    10月24日にめでたく5作目(シリーズとしては3作目)にあたる
    BLAZBLUE -CHRONOPHANTASMA-』(ブレイブルー クロノファンタズマ)
    が発売されました。

    現在アニメである『BLAZBLUE ALTER MEMORY』(ブレイブルー オルター・メモリー)
    も放送されている事もあり、ブレイブルー人口は増加の一途をたどることでしょう。

    が、しかし
    残念ながら私に格ゲーのノウハウを教授するだけの技量はございません。
    ということで、今回は少し趣向を変えまして、
    アニメから入った人、そしてこれからブレイブルーを始める人のために
    ブレイブルーの世界をとってもとっても簡潔にご紹介したいと思います。
    正確さよりもわかりやすさに重点を置きたいと思っておりますので、既にブレイブルーを
    知り尽くしている方は説明に齟齬が生じていても出来る限り目を瞑って頂ければ幸いです。

    タオかわいいよタオ

    まずは舞台となる階層都市カグツチ
    前提として、この世界は過去に起きた謎の天災(あるいは人災)によって
    地上(正確には平地などの低所)に住むことが困難になってしまった世界です。
    そのためこの世界の人間は高所に住むことを余儀なくされました。
    そうして高山帯に造られたのが階段状にいくつもの区画が重ねられた階層都市なのです。
    物語はここから展開されていきます。


    主人公であるラグナ=ザ=ブラッドエッジは、ある事件を起こしてSS級の賞金首として
    手配されています。
    その事件とは世界虚空情報統制機構、通称『統制機構』(この世界を統治、指導している軍
    あるいは政治組織のようなもの)の支部を幾つも破壊して回っている、というもの。
    それはかつて育ての親を殺され弟と妹を連れ去った統制機構への復讐のため。
    彼の右腕には「蒼の魔導書(ブレイブルー)」と呼ばれる魔導書(凄く簡単に言うと魔術道具)
    が宿っており、それを狙って様々な人間がラグナを狙ってきます。

    さらっとアニメの冒頭を説明しますと、ラグナはあの深い穴底(機械っ娘と戦ってたところ)
    に落ちることにより、過去に遡って天災(あるいは人災)の原因となってしまうのです
    アニメの1話や2話は、そのラグナ落ちる→過去の天災→現代→ラグナ落ちるというのが繰り返されることで世界が延々とループしていた、ということなんですね。
    そこでラグナがあの穴へ落下するのを防いだことにより世界が動き出した、といった感じ。


    アニメで語り部的なポジションのレイチェル=アルカード(金髪ツインテゴスロリ幼女)ですが
    彼女は立ち位置でいえば神様のような存在です。(あくまで立ち位置でいえば)
    あらゆる事象を観測している立場にありながら世界に干渉することが出来ない、そんな人物。
    世界のループを諦観していたが、そのループから世界が脱したことにより自らも行動する事を決意し、ラグナをはじめ、ジンやノエル達を陰ながらサポートしていくようになります。
    (ラグナに関しては以前から面倒を見ていましたが)


    そして二人目の主人公であるジン=キサラギは何を隠そうラグナの実弟。
    上で少し説明しました『統制機構』に連れ去られ、十二宗家(統制機構を築いた十二の家柄)の
    ひとつ、キサラギ家に養子として引き取られました。その後統制機構の管理する士官学校を
    卒業して間もなく武功を打ち立て、統制機構内でも英雄と祭り上げられています。
    彼はとある事情によりラグナに病的なまでの執着と殺意を抱いているのですが、物語が進んでいくことによってその症状は克服されます。どうやって克服するのかは、そのうちアニメで
    語られることでしょう。


    最後に三人目の主人公、ノエル=ヴァーミリオン
    彼女は数年前までの記憶を完全に失っており、孤児として保護されたのち下流貴族であるヴァーミリオン家に引き取られ養子となります。育ての両親に報いるために士官学校へ
    入学し軍人となったノエルは、本人の予期せぬままに様々な事象に巻き込まれる事になり、
    やがてそれは自分を中心として廻り始め……というような展開。
    その後紆余曲折あってノエルは統制機構から離反する事を決意し、統制機構と対立する
    『第七機関』へと身を寄せることになります。
    仮に統制機構が魔術部隊とするならば、第七機関は科学結社といったところ。
    けして一枚岩の組織ではなく、数多の少規模グループで構成されている科学者の寄り合いで、機関内でも派閥抗争が存在します。
    ノエルに関しては色々と情報が多いというかネタバレになりそうなことが結構多いので説明はこれでも少なめ。
    格ゲーでネタバレも何もって感じではありますが、アニメ初見の方もいるでしょうからその
    あたりは多少はぐらかさせてもらいます。

    ココノエ博士念願のプレイアブル化は嬉しい限りなんだけど使える気がしなくてつらい



    ラグナを追いかける咎追と呼ばれる賞金稼ぎ達
    統制機構と対立する第七機関の人間達
    ただひたすらに己の欲望の為だけに行動を起こす者
    あるいは大事な友のために立ち上がるもの
    主人公3人を中心に様々な人間達の様々な思惑が交差し展開していくの物語
    それがブレイブルー



    という感じで
    本っ当にざっくりと説明してみましたがいかがでしょうか、なんとなくわかりましたかね?
    説明したのはほんの一部です。これでほんの一部。
    いいですか?
    これ格ゲーなんですよ
    なんでこんな情報量多いのかってなくらいの情報量ですマジで。
    全部網羅しようと思ったらもう冗談抜きでADVゲーム一本分ありますからね?
    最新作のクロノファンタズマなんかストーリーモード30時間?あるらしいですからね?
    なんて馬鹿なんでしょういいぞもっとやれ。
    というわけでどうでしょう、少しは興味持ってもらえましたかね。
    まあ何が言いたいかというと格ゲーとADVを兼ね備えたゲームですよってなとこで。



    まあどれだけ言葉を重ねても本来はやはり格ゲーですので、
    公式サイトを覗き、気に入ったキャラを見つけ、実際に動かしてみる。まずはここから始めてみましょう。格ゲーというと中々新しく始め辛い印象があるかもしれませんが大丈夫、
    誰でも最初は初心者なんです。アニメ化によって新規に入ってくる人も多いでしょうから、
    今から始めて遅すぎる事は全くありません。格ゲーを始めたからには上を目指す、勿論そんな楽しみ方もあるでしょうが、身内でワイワイ遊ぶだけでも充分楽しめるわけです。

    「ADVは好きだけど格ゲーはちょっと苦手……」という方、ちょっと発想を変えてみましょう
    そう、格ゲー要素が入ったADVだとおもえば良いのです。(これも中々横柄な言い方ではありますが)
    始めはただADVを楽しむためだったとしても、そのうち格ゲーの楽しさに目覚めるかも
    しれません。あるいは目覚めないかもしれません。それでもやはりひとつのADVゲームとして充分に楽しめるものだと思います。(※これを書いてる時点でまだ私はCP購入していませんが)

    初心者の方はまずラグナ、ジン、ノエルのいずれかを使ってみてください。主人公ということもあって3人とも使いやすいキャラクターとなっています。特にノエルなんかはいわゆる
    ガチャプレイで対戦したとしても案外中級者くらいの人に勝てちゃったりもします。
    当然3人とも極めれば極めるだけ恐ろしく強いキャラですが。
    勿論、見た目が好みのキャラクターで決めるとか、声優で決めるとか、キャラの特性で決めるなどして、自分だけのお気に入りを見つけましょう。足りない技術は愛でカバー。
    私のおススメはタオカカかマコトかヴァルケンハインかココノエですね。ええわかる人には
    とてもわかりやすいですね。

    ということで、これを機にちょろっと格ゲーデビュー、いかがです?
    ではまた次回。



    あ、格ゲー方面に関してはまあそこらじゅうにサイトがあるでしょうからググってみて下さい
    初心者向けから修羅の国まで様々な世界を垣間見ることが出来ますよ

    トラカカ姐さんプレイアブル化とか無いですかそうですか

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。