ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

様々な人間達の運命が交錯し一つの物語へ『428 封鎖された渋谷で』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

様々な人間達の運命が交錯し一つの物語へ『428 封鎖された渋谷で』

2014-06-29 07:00
    くぅ~疲れましたwこれにて428完結です!

    いや長かった。本編はともかく隠し要素コンプはそれなりに大変でした、はい。

    ということで、今回ご紹介するのはチュンソフトより発売された
    428 封鎖された渋谷で


    428は「シブヤ」ではなく普通に「よんにーはち」です。念の為。
    2008年にwiiで発売され、その後PS3、PSPに移植。更に現在ではiOS版も発売しています。

     チュンソフトさんといえば『弟切草』や『かまいたちの夜』、ジャンルは違いますが『風来のシレン』でお馴染み。現在はドワンゴの子会社となりスパイクを吸収合併。スパイク・チュンソフトとしてダンガンロンパなどを手掛けています。



     この428は同じくチュンソフトが以前発売した『町』というゲームを踏襲した作品であり、この作品の10年後の渋谷が本作の舞台、という設定になっています。ですが続編ではなくシリーズもの、という立ち位置であるため、前作をプレイしていなくても全く問題ありません。99%楽しめます。(残りの1%は前作をプレイした人間が思わずニヤリとするような、一種の内輪ネタのようなものです。)



    以下あらすじ

    4月28日、午前10時。渋谷中央署の新米刑事、加納慎也はスクランブル交差点にいた。
    渋谷管内で誘拐事件が発生し、犯人は被害者の妹、大沢ひとみに現金を持たせるよう指示。
    加納は先輩刑事の笹山と共に、身代金引き渡し現場に張り込んでいた。
    配属後、初めての大事件捜査に緊張する加納。


    同じ頃、元チーマーの初代ヘッド遠藤亜智は、日課のゴミ広いに精を出していた。
    渋谷駅前まで来た亜智は、ハチ公前に佇む一人の少女を目にする。
    少女に向けられた銃口を目撃して、身の危険を察した亜智は、少女を連れて逃走することになる。


    事件捜査に奔走する加納。少女と行動を共にする内に徐々に事件に関わっていく亜智。
    二人の青年を中心にフリーライターの御法川実、被害者の父である大沢賢治、謎の着ぐるみタマの物語が複雑に絡みつつ、渋谷の街は騒乱の渦に包まれていく。





     今作は複数の人物から成る実写サウンドノベルゲームであり、度々キャラクターを入れ替えながら、同じ時間帯に進行する複数のシナリオを体験していくというもの。それぞれの主人公の行動を選択する事で別のシナリオに影響を及ぼし、バッドエンドを回避していきながら物語の核心へと迫っていきます。

     物語の主な主人公は5人。それぞれの人物像を軽く紹介しましょう。



    加納慎也(かのう しんや)
    演 - 天野浩成


     渋谷中央署に勤務する新米刑事。誘拐事件をうけて相棒の笹山と渋谷のスクランブル交差点を張り込む事に。尊敬している先輩刑事の言葉を胸に(メモ帳に)刻み、事件を解決すべく奔走する。あと結婚を前提にお付き合いしている女優似の彼女がいる。しかし義父には反対されている模様。

    遠藤亜智(えんどう あち)
    演 - 中村悠斗


     渋谷の若者達の集まり「KOK」の初代ヘッド。そのため渋谷のヤンキー達には一目置かれている。しかし今は脱退して生まれ育った町渋谷を綺麗にしようとゴミ拾いに精を出す毎日。好みのタイプは自然環境を大切にする人。ひょんなことから誘拐事件騒動に(自分から)巻き込まれ、大沢ひとみと共に渋谷を駆け回る事に。腕っぷしは強いが頭を使うことは苦手。あと困っている人は放っておけない性質。

    大沢賢治(おおさわ けんじ)
    演 - 小山卓治


     大手製薬会社「大越製薬」の研究所長を務める人物であり、大沢ひとみ、そして誘拐されたひとみの姉の父親。ウイルス研究の第一人者として知られているが、本人は寡黙な人間で、人との関わりと最小限にしたいと思っている。が、娘の誘拐事件をきっかけに、いままで意識的に避けてきた様々な出来事と向き合うことになる。とあることがきっかけで上木彩矢の大ファンになり、ファンクラブの会員専用掲示板などにも出入りしている。

    御法川実(みのりかわ みのる)
    演 - 北上史欧


     フリーライターであり、以前は新聞記者をしていた。典型的な「俺様キャラ」であり、取材対象にすら一切媚びることをしない。どころか相手を煽るような事ばかり言って次々と言葉を引き出すやり手。しかし記事に対しては人一倍真摯であり、イカサマやデマなどは決して書くことはない(た だしでっち上げ紛いの事はするが)。人の事をビシッと効果音付きで指差すのが癖。実は同会社が以前に発売した『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』のスピンオフキャラクターらしい。

    タマ
    演 - 不明


     ネコの着ぐるみ。中の人などいないちゃんと中に人がいる。雑貨屋で見つけたペンダントを手に入れるためにうさんくさいアルバイトをすることに。だがファスナーが壊れて着ぐるみが脱げなくなってしまったため、しばらくのあいだ着ぐるみで仕事をすることになった。あとツッコミにキレがある。頑張れタマ!負けるなタマ!ペンダントは目の前だ!本人いわく「か弱い乙女」らしいが果たしてその正体とは?



     今作の特徴はなんといっても実写を使用したサウンドノベルゲームであるということです。サウンドノベルというとまず立ち絵があり、その表情差分が繰り返し登場し、要所要所で一枚絵が挿入される、という印象が強いと思います。そういった手法を否定するわけではありませんし、だからこそ作られる作品だってあると思います。

     しかしてこの428、ページを捲る度に視点が違う、場面が違う、動きが違う、一つとして同じ画が無いんです(まぁ流石に一つとしては誇張し過ぎかもしれませんが)。更にはあたかもドラマのワンシーンのようなムービーが挿入される。なにより役者さんの演技もあって場面の一つ一つが印象に残ります。それが本ルートだけでなく、それぞれの分岐ルートやバッドエンドまで全て異なる場面であるというのだからどれほどの労力がかかっているのか想像がつきません。



     もし小説があったとして(一応実際にあるんですが)ここまでのボリューム、そして完成度には到達しえないのではないかと思います。もし小説を読んでそんなことは無いと思った方がいらしたら申し訳ありません。私は小説は読んでないです。でもきっとゲームを超えはしないだろうという確信はあります。

     だったら逆に実写を使っているんだからいっそのことドラマにしてしまってはどうか。やはりこれもゲームを超えることは無いでしょう。勿論ドラマ仕立てに作り上げれば感動できる作品が一本出来るとは思います。しかし、この428はBADENDや本シナリオから逸れた名脇役達とのやりとりがあるからこそ本シナリオが輝くものであって、正規ルートだけをドラマ化したところでそれはただ感動できる作品が一つ出来上がるだけです。自ら本編をクリアしたからこそ得られるあの達成感はドラマにはきっと存在しない事でしょう。



     小説にもドラマにもしえないもう一つの理由に多過ぎる隠し要素があります。

     まず本編に通常エンドと真エンド。まぁこのあたりはどのゲームにもよくある要素です。更に本編とは別に隠しシナリオが3つ。そして更にスペシャルエピソードが21個あります(wii以外は22個だそうです)。そして最後に秘密のメッセージが・・・

     まず隠しシナリオの2つ。これは普通にプレイしていればそのうち発見できると思います。隠しというよりはボーナスに近い感じですね。いわゆるアナザーエピソードってやつです。

     そして最後の隠しシナリオは、どうなんでしょう。見つけようと思えば見つけられるんでしょうが、中々自力で探し当てるのも難しいと思います。何周も遊んで偶然見つけたらラッキーくらいの感じで。

     問題はスペシャルエピソードとラストメッセージ。無理。絶対無理。あんなもん初見でというか自力で見つけられたら神ですよ神。気付くとか気付かないとかそんなレベルじゃなくてもうぜってーあれ気付かれなくてもいいやくらいの気持ちで製作者作ってますよ絶対。しかも無駄に気合い入ってるやつ。なんなんですかね、馬鹿なんですかね?きっと馬鹿なんでしょうね。チュンソフトさん大好きです。

     ということで隠し要素をすべて自力で見つけるのはまず不可能ですのでおとなしく攻略サイトを見ましょう。私は見ました。



     ということで、428の紹介でした。サウンドノベルというジャンルはちょっとした内容でもネタバレになってしまうので、正直中身に関してはほとんど説明していません。もう既にプレイ済みの方も大勢いるかと思いますが、もしまだ未プレイの方でこの記事を読んで頂けたなら、是非ともプレイしてみて下さい。

     ゲームが苦手、小説が苦手、そんな人でも気軽に楽しむ事が出来ると思います。むしろそんな人にこそ、おススメ出来るゲームです。

     上にも書きましたが、現在wii・PS3・PSP・iOS版が出ています。今ならお安くなっていると思いますし、決して損はさせないと誓います。ほんとに。



    多くの人達の運命が重なり合うことで、偶然は必然となり、やがて一つの物語へと収束して行きます。その結末は是非、あなた自身の手で掴みとってみて下さい。





    ではまたいずれ                                                             872686210775

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。