ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

マウント研究会報告 ログ その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マウント研究会報告 ログ その2

2017-07-07 13:42
    ツイッターログのまとめとなる。



    マウント研究会という組織からの手紙をもらった。 「FF11でのマウントの写真、種族ごとの乗り方についてまとめたレポートを公開した。参考にされたし」と。 どうやら、マウントに関する写真をまとめている組織らしい。






    マウント研究会から謝罪と報告が届いた。
    先ほどのレポートに不具合が見つかった、とのことだ。
    訂正版を公開したのでそちらにレポートを差し替えることが発表された。

    モーグリ版がこちらのレポートになる。
    ・・・うっかりタグ間違えたらしいです




    こちらが訂正された、チョコボの研究報告となる。
    チョコボファンの研究員からの説教を1時間もらった、という報告も受けている。

    いったい何者なんだ!マウント研究会?

    マウントの移動速度はすべて統一されていることが最近の開発チームにより発表されている。
    クロウラー族は、かなり頑張ってラプトル族と同じ速度で動いている、ということになる。

    研究員いわく、このスピードで動き回るクロウラーの巣は怖い







    マウント自体はマクロ作成・もしくはテキストコマンドで乗ることができる。
    /mount ボム 

    と入力するとそのままボムに乗れる。
    逆におりたい時は

    /dismount

    余談 研究員の中にはトゥルフェイア好きもいるらしい。






    ミスラ研究員からの追加報告が届いた。
    マウント・ウォーマシンの写真である。
    上部の色が違うことにお気づき頂けるだろうか。
    このウォーマシン、もしかすると屋根の部分は撥水性の高い素材が使われているのかもしれない。






    こちらは試練鯖にて活動中のたるこさん研究員から届いた写真である。
    桜トレントを使うことで、より多くの桜を設置しているようだ。

    東ロンフォールに設置されているため、マウントでの見物も可能となっている。

    もちろんマウント・ウォータンクでも観覧が可能となっている。

    しつこいようだが、このマウントで攻撃はできない。
    それにしても、幻想的な風景である。




    暇を持て余した 研究員の 遊び

    #FF11
    ・・・アストラルキューブを使用して撮影したもの、だそうだ。
    なお、ベビークァールのマウントは実在しないので、ご注意いただきたい。






    マウントたちの中には、いわゆる「常設」タイプのものもある。
    昨日紹介したフェンリルもそうだが、取得までに時間がかかるのがこちらの大羊とモルボル。

    モグガーデンのやりこみが必須。
    モンスター飼育がクエスト発生条件。


    以上、研究会の報告をまとめたものである。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。