競艇(ボートレース)『初心者のための基礎&予想講座』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

競艇(ボートレース)『初心者のための基礎&予想講座』

2019-01-07 21:14
    競艇(ボートレース)は、
    出走表(競馬でいう馬柱)やネット中継は下記URLからのみとなります

    アカウントなしでも出走表やレースは見れますので、
    競艇とはどんな感じなのか興味がある方はまずこちらで

    BOAT RACE オフィシャルウェブサイト」(TELEBOAT
     
    https://www.boatrace.jp/



     ネット投票で舟券を購入してみたい方は、会員登録をして下さい
     https://www.boatrace.jp/bosyu/pc/apply/

    ----------------------------------------------------------------------------------------------
    基礎


    「1周600m×3周回を6艇」で行われる公営競技で、
    開催期間(1節間)は基本的に6日間で下記の流れになります

    14日目 予選
         
     
    4日間の「得点上位18人」が準優勝戦へ
    5  日目 準優勝戦 10R~12R(ナイター場は9R~11R)
           各レース「12着の選手」が優勝戦へ
    6  日目 優勝戦(12R)
           準優勝戦が「1選手は13号艇」「2選手は46号艇」




    級別(勝率)
     勝率に応じて「クラス(級別)が4つ」に編成されています
     B2 B1 A2A1
     
     簡単に言うと「A1勝率高い)ほど強い選手」という事になります

     


    モーター勝率(連対率)
     モーター(エンジン)の良し悪しが大変重要になります
     
     各競艇場「同一メーカー同一モーター」ですが、
     「1機ずつに」があって、この連対率悪いモーターだと、
     例え強い選手でも苦戦してしまいます
     
     また1機ずつ番号が振られており(取り付けるボートにも)、
     毎開催が始まる前日(前検日)に選手自身ガラポンを回して決めます
    (↓これw)





    この選手の「モーターボート」は、こういう見方になります


    モーター
     45号機 2連対率 42.2
    ボート  29 番 2連対率 38.6%

    2連対率     =12着に入着した率
     3連対率(複勝率)=3着以内入着した率




    スタート
     ボートにはブレーキがありませんので、
     エンジンが掛かってる間は勝手に前へ進んでしまいます
     よって「決められた時間内スタートを合わせる」形になります

     かなり分かりづらい部分かと思いますのでこちらで
     https://www.boatrace.jp/owpc/pc/extra/enjoy/guide/level1/l1_01_01_04.html

     このスタートを、
    踏み込めた0秒に近づけた)」選手が有利となりますが、
     仮にオーバーした場合は「フライング」という罰則があります

    (購入した舟券返還され、選手は休み科されます
     
     またこのフライング赤枠)を持ってる選手は、
     早いスタートが行けなくなるため他艇より不利になります
    (「L」は出遅れ





    ・枠(進入)
     何もなければ、出走表通りの「枠なり」が基本です
    青枠スロー  赤枠ダッシュ


     ただし「競艇は出走表通りの枠じゃなくてもいい」です
     つまりコース(枠)は自由に動いて良いって事になります

     特に不利な外枠6コースの選手が、
     有利な内枠(スロー)へと「動く」場合があります
     これを「前付け(まえづけ)」と言います

     ただしデメリットもあります
     難しい事を抜きにするとスタート地点までの助走距離が短くなります
     (前付けした選手を含めたスロー勢)
     スロー勢が「スピードが乗らずスタートが遅れた」場合は、
     スピードに乗ったダッシュ勢が、一気に「捲り一撃!」て事も
     

    ----------------------------------------------------------------------------------------------
    ○実践



    スタート展示&周回展示
     
     競馬で言う所の「パドック」になります
     本番レース同様の「スタートコース2周回」します
     
     個人的は、
    「舟がバタバタせず滑らかに速く勢い良く回ってるか?」を、
     特に注視しています(後はインスピレーションでw)
     他には「スリット後(スタートライン)の伸び具合」だったりetc.


     これが終わると「展示タイム」というものが発表され、
    周回展示数字」を加味して舟券内に来そうな選手を予想します
    (競艇場によって、より詳細なタイムを出してくれる所も)


    チルト角度
     
    モーター」を取り付ける角度の事です(「-0.5度」が基本です)

     これを上げると(0度だったり+0.5度等)、
     直線スピードが上がりますが、その反面ターンがし辛くなります
     「ダッシュ勢」が上げた時は注意しておきましょう

     このチルトを最高に上げてレースをする「アウト屋」という選手もいます



    気象条件

    ・「
     予想する上で、まず「」が1番重要となります
     
     ちなみに競艇は「」は差ほど考えなくて良いです
     もちろん選手はそれに合わせてモーターの調整をしてますが、
     買う側は「周回展示展示タイム」で判断すれば良いと思います


    上記の「展示」が終わると、こちらも発表されます




     







     どちらかの3m以上」が吹いてる場合は予想に加味して下さい
     ・追い 風 スロー 勢が有利
     ・向かい風 ダッシュ勢が有利


    安定板
     あまりに風速が強い7~8m以上)場合は、
    安定板」というモノが付きます
     名前の通り「ボート安定させるモーター」に取り付けます

    (荒天により)センター勢攻めれないため、
     基本的にスロー優勢4までは買える)となります


    ・「潮位
     
    海水利用した競艇場で舟券を買う時は気を付けて下さい
    (平和島 常滑 宮島 児島 鳴門 丸亀 下関 徳山 若松 大村)

     
     潮位が低い ダッシュ勢が有利
     潮位が高い スロー 勢が有利
     ※「江戸川は普通の河川」を利用したなので「川の流れ」があります
    (普段やらない場なので参考までにw)



     仮に「向かい風強い + 潮位低い」という気象条件が重なると、
     後述する強いはずである「1号艇スロー勢)が不利」となり、
     逆に「ダッシュ勢が有利」になり高配当続出なんて日になります
    (穴党歓喜w)


    ----------------------------------------------------------------------------------------------
    展開
     


    競艇は「1マークが最大の攻防戦ポイント」となりますので、
    この「1マークの展開」がどうなるか?を予想します


    1号艇
     他艇より先に、1マークを回って「逃げるのみ!」です


     競艇は「1号艇勝つ確率」が「約50%70%」近くあります!

     この勝率の通り「1絶対的存在」ですので、
    「逃げれず23着」となったり「舟券外に飛ぶ」と、
     中穴や「万舟(まんしゅう)」という高配当になります

     よって、1の相手(2、3着)を誰にするか?をまず予想します
     そこから1逃げれなかった場合の「」を考えます



    2号艇
     「1」を追走、もしくはその内側を「差し」て1着を狙います

     
     「1」よりもスタート先行した(1がスタートが遅れた)時は、
     「直捲り(じかまくり)」という「1を直接捲る」パターンも
     こうなった場合は、ほぼ「1」が飛びます



    3号艇 4号艇
     すべての戦法(差し捲り捲り差し)を使えるコースで、
     1マークの展開(予想)を考える上で大変重要なコースになります
    (展開を左右するため「センター勢」とも呼ばれます)

    差し
      2号艇
    で説明したように、
     「12」の内側を「追走」、または「差し」て1着を狙います
     
    捲り
     「12」の外側アクセル全開回るターン


     この「捲り」が決まると「1厳しい展開となり飛ぶ」可能性大です

    捲り差し
     
    1」の間をアクセル全開で割って差すようなターン
     高度なテクニックですので、ほぼ「A1選手」しか使えないです

    3捲り差しパターン



    4捲り差しパターン(「3」は差し)



    5号艇
    14」に比べ、やや不利となりますが十分舟券に来れるコースです
    (「34」同様すべての戦法を使えます)

    5捲り差しパターン



    6号艇
     先述しましたが最も不利なコースで、
     スタートや展開次第にもよりますが基本「(最内)差しのみ」です
     
     選手の強さ(オッズ)にもよりますが、
     この「6」が舟券に絡むだけで「高配当」になります
     間違ってアタマ(1着)に来た時は10万円を超える超高配当もw

    ----------------------------------------------------------------------------------------------
    用語集



    ・「9
     主にネットで使われてる用語で「総流し」の意味
     昔の電話投票で「9」が流しだったようです
     
     例「1 - 2 - 9
     3連単「1 - 2 - 総流し」という意味になります



    ・「握る
     アクセル全開ターンをする事の意味
    (同義語として「全速」「ツケマイ」)

     選手は「アクセル左手」で「ハンドル右手」で操作しています
     これを握り込むとボートが進み、緩めるとスピードが落ちます
    (ボートのアクセルは↓これです)



    ・「放る
     「握る」の対義語で、主にスタート関係での用語
     またはアクセルを緩める

     先述しましたがボートにはブレーキがありませんので、
     スタート位置までに早いと感じた時は、この「放る」をしてます

     
     
     
     










    作成途中でUPしてしまったので、追々更新して行きますw


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。