• 名張ぶどう酒事件2

    2014-12-16 17:471
    前回の記事では奥西死刑囚の疑わしきところを書きましたが今回は

    もし本当に彼が犯人ではなく冤罪事件の可能性を考えて皆さんといろんな角度から

    真犯人に近づいていきたいと思います。

    もちろん私も奥西死刑囚の無実の可能性も十分に考えられる要素はあると思ってます。

    この事件での物証は王冠の歯型がインチキ鑑定で警察の偽証であることは間違いありません。

    今のところ奥西死刑囚の自白と時間的に奥西しか犯行に及ぶ事ができなかったこと、そして

    動機を全て探った結果、奥西しか犯人は考えられないとなったのです。

    しかし時間的なものは、これまた裁判所では認めていないものの警察の誘導的尋問が

    あったのは明白でほぼ計算上は崩壊しています。

    だからと言って奥西が犯人でないとは言い切れません。奥西以外の部落の人にも可能性が

    あるというだけで、もちろん奥西もその犯行可能な人間の一人にあげられます。

    まずは犯人は何の為にこのような残酷な村の女性を無差別に攻撃したのでしょうか?

    色恋と決めつけるのは早計かと私は思います。部落の中は人間関係が複雑で顔では

    笑っていても人の心の中身までは解らないですし。女性がなんらかの妬みや復讐に犯行に

    及んだ可能性も全く無くはないはずです。しかし当時の状況からすれば毒などの知識の

    ある女性はほぼ限られてきます。しかも大胆な行動のできる人物でぶどう酒の近くに

    ある程度の時間ともにいてる人間しか無理です。しかし時間的な実験検証の結果、

    無限に犯人像は広がってしまいます。

    ここで状況的に疑わしき人物をより狭い範囲に絞り込んでいきましょう。

    まず、当時の組合会長の奥さんA、彼女は亡くなっていますが事件の際女性たちは化粧や

    いつもより身だしなみに気を使ってくるのが恒例だったようです。しかしこの時彼女は

    服装までも正装で会合に出席しています。前日には家でもめ事があったようです。

    そもそもかなり家庭では家族関係に苦しんでたようです。そして夫が会長と言う事もあって

    皆より先にこの日にぶどう酒が出るのは知っていました。そして夫は農協務めで毒の事に

    詳しい人物でした。この夫婦は以前からネットでも怪しいと疑惑をかけておられる人が

    たくさんいました。もし奥西に毒物購入や毒の所有管理者でなく痴情の噂もないと確実に

    この夫婦も犯人候補の中に入れもっと警察も取り調べをしたかもしれません。

    途中で奥西が自白したので、一気に外されましたが。奥西自身、Aさんが怪しいと調書の

    段階で訴えた事もあります。このことが逆に警察の目を自分に向け差す結果になろうとは

    奥西も考えていなかったでしょう。お前は他人の嫁が怪しいとか言ってるがお前は村で

    不倫をして、嫁を何度も実家に帰れと言い放ち時には暴力も振るっていただろうと

    突きつけられ、最後は自らの嫁が犯人と供述してしまい。捜査が混乱してしまうような

    嘘か真か解らん事を言ってしまいます。結果、奥西の言った事を物証ずけるような物は

    何一つでてこなく。嘘の上に嘘を上乗せしてしまい、自らの性格により死刑囚の道を

    たどるわけですが。

    Aさんが精神的にかなり追い込まれてた状況で自ら自決覚悟で事件を起こした可能性も

    動機は解りませんが考えられない事ではありません。一種の精神病にかかってしまい

    被害妄想などを起こしている状況ならありえます。

    しかし彼女が誰かに悪口を言われてるなど誰かが嫌がらせをしてくるなどの情報は全く

    流れてないのでこれも大胆な憶測にすぎません。

    では誰が?女性が犯人の場合相当な計画性がなければ、思い付きやその場で考えてできる

    犯行でないのは当時の交通機関の未発達で行動範囲も限られてる女性には相当な偶然が

    重ならないと犯行は不可能でしょう。

    しかし毒入りぶどう酒を飲まなかった人や飲んでも軽症で済んだ人も犯人候補から外せるかと

    言えば簡単に外せません。酒を飲めるのに飲まなかった人、または軽症で助かった人、

    普通に考えれば自分だけ飲まないと怪しまれるので少し含む方が犯人として遠ざかると

    見るのが正論のような気がします。

    もちろん致死量がどれくらいなのか?ある程度の知識がなければ不可能でしょう。

    もちろん本当に事件後に全員の体内をこの時代に検査したかも怪しいですけどね。

    もし演技でもされてたら全く解らなかったかもしれません。

    むしろ飲んでないと言った人たちは白に限りなく近いともとれます。

    ここで気になったのは元看護士で大阪からこの土地に嫁として嫁いできたBさんです。

    彼女ならある程度の医学的な知識もあり、毒の効能も把握してたかもしれません。

    彼女は奥西が犯人に間違いないと自信を持ってテレビや取材にも受けています。

    むしろ他の女性たちは取材などを拒否してるのに積極的に答えています。

    誰もこのことに注目していませんが私は引っかかるものがありました。それは彼女が

    この部落の平和を強調して取材に答え、なんら問題もなく楽しく生活していますとの言動に

    違和感を覚えたのです。なぜなら大阪という都会から村社会に適応するのには苦労なり

    差別的な事もあったはずと思ったからです。

    現実はどうだったんでしょうか?皆が本当にこのBさんを気持ちよく仲間として受け入れて

    くれたんでしょうか?もし、今で言う若いママ友いじめのような疎外されるような事は

    なかったんでしょうか?看護士をして都会育ちの気の強い女性が本当になんの疎外もうけずに

    なじめたのでしょうか? これも私の大胆な憶測にしかすぎませんのでご本人の名誉を

    傷つけるようにとらないでほしいのです。あくまで仮説を記事にしてるにすぎません。

    では次回は更なる事件の犯人像を絞っていきたいと思います。










  • 広告
  • 佐世保同級生殺人事件、加害者側の父親自殺

    2014-10-19 23:03
    今回はこの事について書きたいと思います。

    この事件は皆さんも御存知のように高校1年生の女子高生が同級生を殺害し

    その後バラバラに切断したという日本の犯罪史に残る酷い凄惨な事件です。

    しかも動機は異常な殺人願望と生き物の解体への異常な欲望がこの事件の

    動機というのですから。完全に普通の人の理解できない領域でしょう。

    この事件を起こした少女の中身はどのような人間性だったのでしょうか?

    彼女は小学生の頃にも同級生の給食に異物を入れるという異常な事件を

    起こしています。最悪相手が死んでもかまわないと思っていた可能性も

    あるでしょう。いったいこのような狂った人格になぜなってしまったのか?

    そもそも生まれ持った人格障害の持ち主だったのか?

    謎だらけのまま、母親の死や父親の再婚が原因と報道もされてますが

    はたしてそのような事が原因で同級生をなんの恨みもないのに殺害して

    解体できるものでしょうか?

    後日父親は再婚した奥さんにも家を出て行かれて、自殺をしてしまいました。

    人は結婚するときは辛い時も共に支え合うことを神に誓いますが現実は

    良い時はそばに居てますが、自分の不利益になるとなると去るものだと

    つくづく思い知らされます。

    もしこの父親を励まし続ける奥様がそばについていてたら最悪の事態は

    回避できてたのかも知れませんから。

    1人になり今までちやほやしてくれてた人達も去り相当なストレスを

    かかえていた事は解りますがこのようなケジメの付け方は間違っていると思います。

    最低限のケジメをつけ相手の親御さんにも謝罪し、民事裁判を終わらして

    全てを終わらすのはこの父親の償いになるのではないでしょうか?

    そして娘を更生さすのが父親として同じ過ちを起こさないように最後まで

    しかるべき苦しみを受けながらも生きて償うのが誠意であり、それが被害者家族への

    お詫びとするしか方法がなかったはずです。

    その事を放り出して死を選んだのは無責任でありなんの責任もとらないまま

    この世を去ったのです。

    ではこの少女が責任を取ることになりますが、財産分与で少女にも財産が

    渡ることでしょう。その中から被害者家族に損害賠償が請求されるという

    形になることは間違いないでしょう。

    お金で被害者の命は戻ってこないのは解ってますが、この場合相手に

    何らかの痛みをうけさしたい遺族の想いを考えれば全て遺族に支払っても

    足りないぐらいでしょう。

    この少女は未だに殺した被害者や被害者家族に対しても謝罪の言葉は

    出てこないようです。おそらく罪の意識さえもないのでしょう。

    自分以外の人間の命は虫けらのようにしか思ってないのかもしれません。

    はたして何が彼女をこのような自己中心的で猟奇的な人間にしてしまったのか?

    父親の英才教育、母親の過保護など問題はあるようですが、自分は特別な存在

    それ以外の生き物の命などは蝶の標本のようなものであるがのごとく無慈悲にも

    殺害し解体して楽しむ事になんの疑問も持つことのない思考なら、もはや一生

    この少女は管理下に置くべきでしょう。

    顔見る限り異常性のある顔立ちに個人的には見えました。なぜこのような事件に

    なる前に幼少の頃に対策をうてなかったのか?

    おそらく何らかの異常障がいが見つかっていたかもしれない。

    この父母の面子があるために引き伸ばしにした結果このような事件が起きてしまった

    としたらあまりにも加害者や被害者にも残酷な仕打ちだったのではないでしょうか?

    本当の原因は少女は話していない可能性もありますが、もはやこの子の育ち方や

    教育のしかたを語れる人はいません。

    兄弟がいるようですが子供の頃の彼女の育ち方に詳細に語れる人物はもうこの世に

    いません。これから専門家によって彼女はモルモットのように調査されいろいろな

    実験を行われることでしょう。

    彼女が恐ろしいのは頭が異常に良いところです、逆に取り調べる側が騙される

    可能性もあるからです。

    もし更生したように見せかけ世間に出てきたとしたら、本当に恐ろしい再現が

    起きないとは言い切れない。

    事件は時が経てば他人は忘れていくでしょうが加害者家族や被害者家族から

    消えることはないのです。




  • 佐世保女子高校生殺人事件

    2014-09-23 08:09
    今もっとも注目されてる猟奇事件の事を今解ってる事を書いていきたいと思います。

    毎日新しい情報が入ってきてますが、知れば知るほど異常な家庭環境と真実が

    明るみに出てきます。

    まずこの加害者Aの少女の家庭環境は見た目は父親、母親も教育熱心で裕福な家庭で

    町の権力者でもあります。しかしながら異常な目立ちたがりや夫婦のようなようで

    とにかく自分が経営する施設などには自分の名前を入れるなど、権力をアピールするのが

    好きなような人柄と思えます。本職は弁護士でありますが他にもいろいろ事業展開を

    されており豪邸を構えて世間からは羨ましがられてるような環境。

    しかし自分の趣味があれば無理矢理でもその倶楽部を作って親子で出場するような

    ちょっと横暴とも言える権力の使い方をして目立ってます。

    もちろん参加者はほぼいないあ状態なので優勝したりもしていました。

    しかし全国大会では当たり前ですが通用するはずもなく敗退。

    このような環境で育ったAは生まれつきの残酷な性格をもち、小学生の頃には同級生の

    給食に異物を入れる事件も起こしております。しかも何度も。

    普通なら大問題になるでしょうが、弁護士の父親が権力と金でもみ消した状態だったと

    推測できるでしょう。動機はいまいち釈然としない小さな喧嘩のようなものとなっていますが

    異物の量を変えたり本当の所は人体実験のような事をしたいがための可能性は多いに

    あると思います。

    母親に至っても、うちの子は悪くないと主張してたようですから、相当な過保護な環境で

    育っていますが親のDNAを受け継いでるのか成績は抜群に良かったようです。

    今回も被害者に特別悪意を持っていたわけではなく、人体実験が目的のような事をAは

    警察の事情聴取でも話し始めてます。

    確かにAの家庭環境はこの頃不安定で、母親が亡くなり、父親は即再婚、思春期の少女に

    とっては心が傷ついた可能性もありますが、実は母親が亡くなる前から、殺人願望があり

    実の母親を殺そうと考えてた時期もあったと告白してます。

    更に後妻の義理母ともそれほど仲が悪かったのかと言われればコミニケーションは

    普通にとってたようです。

    義理母に人を殺したい願望をうちあけています。加えて父親をバットで殴って重症を

    負わしたり、Aはどんどんエスカレートして行くさなか親との別居の道を選ぶのでした。

    この頃は登校拒否をしており更に精神状態は悪化にしていってたことでしょう。

    そして計画的に殺人解剖への道を辿っていくのです。

    なんの恨みもない友人に抑えきれない食欲の如くAは仲のよかった友人を殺害して

    解体するというとんでもない事件を引き起こす事になるのです。

    これは家庭環境の問題だと指摘する人もたくさんいるでしょうが。彼女の人間性を

    考えると、それ以前に異常な考えは幼少の頃からあり、持って生まれたものと私は

    解釈しております。

    この歴史的事件に残るような少年犯罪を起こしたAはこれから何年かは国の管理下に

    置かれるでしょう。しかし彼女の異常性が治る可能性はあるのでしょうか?

    数年後彼女は社会に戻ってきます。余程の更生が見られない限り社会に出しては

    いけない存在でしょう。

    再犯を起こさないように国にはしかるべき更生プログラムと見極めをしてから

    社会に出さなければ、とても危険すぎる存在です。

    被害者の家族は毎日嘆き苦しみんでおります。この苦しみから解かれることは

    一生ないでしょう。

    そして保護者であるAの保護者は今も直接謝罪には出向いてないようです。

    このような事件が起こる前にAに明らかにおかしな兆候がありながら保護者の親が

    もっとはやく気づいていたら、この事件は未然に防ぐ事ができた可能性もあったのですが

    もはや時遅し事件は起こってしまいました。

                                     完