新型アフリカツインのApple Car Playの使い勝手について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新型アフリカツインのApple Car Playの使い勝手について

2020-04-27 15:58
    はい、私です。今回もTwitterでするには長すぎるし動画にするにはニッチすぎる話題について触れていきます。
     今回の題材は新型アフリカツイン(CRF1100L)に搭載されているApple Car Playについて。数十時間触った素直な感想を書いていこうかなと。

     そもそもApple Car Playとは何かというと、簡単に言ってしまえばiPhoneとバイクをつなげてバイクのメインディスプレイにiPhoneの画面を表示させる機能です。ここで重要なのは、あくまでiPhoneの画面をバイクのメインディスプレイに合わせて表示させているだけであり、バイク自体にCPU等は搭載されていない点です。
     Apple Car PlayというソフトウェアでiPhoneを遠隔操作しているような感覚でしょうか。故にiPhoneのモバイルデータを消費します。私は50GBの契約をしているので、割と余裕があるのですが、あまり容量の大きい通信契約をしていない人は注意が必要です。

     さてさて、それではもう少し掘り下げた話をしていきましょう。アフリカツインの場合、アフリカツインのメインディスプレイの右側にUSB電源があり、そこからライトニングケーブルでiPhoneに有線接続します。この場合Appleの純正ケーブルでなければ反応しない場合があるのでご注意を。
     その後、アフリカツインとヘッドセット(私の場合カルドのボールドを使ってます)をBluetooth接続すればApple Car Playが起動します。逆に言えば、ヘッドセットを接続しなければApple Car Playは使えません。



     故にアフリカツインでApple Car Playを使う場合、iPhoneとライトニングケーブル、ヘッドセットが必要になります。このうち一つでも持っていない場合はApple Car Playを起動できません。まあ、Apple Car Playではなく、アフリカツインに直接スマホをBluetooth接続する方法もあります。そちらのほうは機能こそ少ないものの、乗用車等でよくあるハンズフリー機能に近いものがあります。

     さて、iPhoneユーザーでヘッドセット所有者という狭き門? を突破し、無事Apple Car Playを起動した後の話も少々書きます。
     先ほどiPhoneの画面を映しているだけと書きましたが、もちろんバイクで操作しやすいように表示は変更されています。アフリカツインの場合ウインカーの上にメインディスプレイ操作用のスイッチが集約されており、それでApple Car Playの操作を行います。



     慣れるまではボタンが多すぎて混乱しますが、慣れてくると今度はボタンが足りないと思うようになります。言うなればPSPでウェブサイトを閲覧しているようなもどかしさ。……この表現で伝わるのだろうか。

     また、余談ですが新型アフリカツインはウインカーも電子ボタンなので押し込んだ感覚があまりないです。

     閑話休題。Apple Car Playでできることを簡単にご紹介します。というか、私がよく使う機能をご紹介します。


     
     私がよく使うアプリトップ3は、Google Map、Youtube Music、あ、二つしかなかった。まあとにかく、割と普通にGoogle Mapをナビ代わりに使うことができます。



     ただ手元のスイッチで地図上から目的地を設定するのは割と面倒くさいので、iPhoneのアプリから目的地を設定して、アフリカツインの画面に反映させるやり方が一番楽です。走っている最中は、地図の拡大縮小を行うぐらいでしょうか。
     また、たまに高速等を走っているときにGoogle Map自体が下道を走っていると勘違いし、ワープや変な案内を行うことがあります。まあそれに関してはGPSの精度の問題だとは思うので焦らずそのまま走っていれば大体正しいルートに戻ります。

     Youtube Musicに関しては、作っておいたプレイリストを再生したり、今の流行りの曲をジャンルごとに選べたりします。私はもっぱらプレイリストから再生してます。



     また、iPhone上でYoutubeを再生している場合、Youtube Musicから操作できたりします。ちなみに、そのほかの動画アプリの音声も、iPhone上で再生していれば普通にヘッドセットから聞くことができます。勿論、ながら運転は犯罪なので、ご注意を。
     ちなみにSiriによる操作も可能で、私はよくSiriに天気予報等を聞くことが多いです。Siri自体は左のスイッチ群に物理ボタンとして存在しているので、走りながらSiriに呼びかけることが可能です。
     私の場合ハンドルにiPhoneをマウントし、停車中にiPhone側を操作し、走行中Apple Car Playで確認を取るような感じになっています。基本的にはGoogle Mapを表示させっぱなしです。
     他にも色々機能はあるみたいなので、また今度色々弄ってみますね。目指せ、Apple Car Play博士(まるでブロマガみたいな終わり方だ)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。