日本一周その1 埼玉編 #1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本一周その1 埼玉編 #1

2020-07-03 16:33

     どうも、私です。

     新型コロナウイルスも対策が進み、ようやく日本一周をスタートさせることが出来ました。
     7月2日から7月5日までの期間連休をもぎ取り意気揚々と準備を進めたはいいものの、天気はあいにくの雨。
     本来連休をフルに使って南東北を回ろうと考えていましたが、晴れている木曜日に回り切れるよう目的地を変更、急遽埼玉に行くことに。
     というわけで「気軽に気楽に日本一周」は埼玉からスタートいたします。

     さて、本日一緒に埼玉を回る相棒はこちら。


     ホンダ、スーパーカブ110。
     え? アフリカツイン使わないのかだって?
     高速道路を使用しなければ、アフリカツインとスーパーカブにあまり差はありません。
     今回はそこまで遠くではないので、気軽に振り回せるスーパーカブを選択。
     荷台にホムセン箱を縛り付け、車載カメラを取り付けて自宅を出発しました。

     まず最初に向かったのは色んな意味で有名な埼玉県久喜市にある鷲宮神社。


     関東最古の大社と称されており天穂日命、武夷鳥命、大己貴命を主祭神としています。
     取り合えず初参拝ということで本殿へご挨拶を。
     また、今回は時期が時期の為、茅の輪が設置してありました。


     境内をぐるりと回り、最後に絵馬を見に行くと……


     はい、ありました。鷲宮神社が別の意味で有名な理由が。
     らき☆すたアニメ放送から13年。未だ愛され続ける鷲宮神社でした。

     国道140号を西に進み、目指すは定峰峠。
     定峰峠を走り抜けつつ、途中にある峠の茶屋を目指します。
     県道294号を南下し、颯爽と定峰峠へ。


     おいマジか。
     どうやら台風の影響で定峰峠が通行止めになっているようです。
     仕方がないので一本北の道へ遠回り。
     この辺の峠道は細い道が何本も通っているので便利ですね。


     遠回りした先は天空のポピーで有名な峠道へ。
     写真は首都圏自然歩道休憩地のものです。

     そのまま西へ進み、目指すはわらじカツ丼で有名な安田屋。
     国道299号を進み小鹿野町へ。
     県営の駐車場にバイクを止め、いざ安田屋へ。


     あ、はい。下調べしてませんでした。
     安田屋って結構営業時間短いんですね。
     これは狙ってこないと入れそうにないです。

     悔やんでいても仕方がないのでそのまま小鹿神社へ。


     この神社はバイク神社として有名で、平日にも関わらず参拝客の殆どがバイク乗りでした。
     この神社の祭神は春日大神と諏訪大神、取り敢えずご挨拶しておきました。
     参拝を終え駐輪場に戻るとスーパーカブの後ろにつけた看板を興味ありげに見ているマスツーリングのライダーさんと遭遇。

    ライダーA「出発したばかり?(ナンバーを見ながら)」

    藍色「ええ、そうです」

    ライダーA「凄い新しいカブですね。この後他の県に?」

    藍色「ええ、これから西に攻めていこうかなと(大嘘)」

    藍色「明日以降雨なんでとんだ旅始めですよw(大嘘)」

    ライダーB「頑張ってください」

    藍色「ありがとうございます。これよろしければ名刺どうぞ。ブログとかやってますので」

    ライダーB「ありがとうございます」

     あそこで知り合ったバイク乗りのお二人、非常に申し訳ない。基本私旅先では嘘ばっかりついています。
     普通に働いていますが旅先で職業聞かれたら無職って答えるような人種です。
     二人のツーリングの安全を祈りつつ、カブのエンジンをかけ次の目的地へ。


     県道37号を南下し、道の駅、両神温泉へやってきました。
     ここでひとっぷろの予定だったのですが、ここで藍色、腕時計を確認。
     現在の時刻14時30分。
     次の目的地である大滝食堂の営業終了時間が15時30分。
     大滝食堂までの所要時間、25分(GoogleMapのナビで)


     14時50分。無事大滝食堂へ滑り込みました。
     取り敢えず店に入ってラストオーダーが終わっていないか確認。
     どうやら、全然大丈夫そうな雰囲気。



     店の中で食べていってもいいと言われましたが、閉店時間後に居座るのも申し訳ないのでテイクアウトで注文しました。
     そのままテイクアウトした料理を食べるために雷電廿六木橋のループ橋駐車場へ。


     誰もいない駐車場で贅沢にカブを停め、休憩スペースを独占。
     景色をそこそこ楽しみつつ、大滝食堂で買った例のブツをボックスから取り出します。


     そう、大滝食堂と言えばバイク弁当でしょう。
     弁当箱がガソリンタンクの形をしており、自分でステッカーを貼って完成させます。


     中身は秩父名物の豚みそ丼でした。
     大きな豚みそ焼きが二枚贅沢に盛られており、食べ応え抜群。
     ぱっと見弁当箱が小さいので腹が膨れないんじゃないかと心配しましたが、杞憂でした。
     しっかりとしたボリュームがあり、これ一つで十分お腹いっぱいになります。
     大変満足したところで更に西へ。

     数分バイクを走らせ、滝沢ダムへ。
     実をいうと、ダムに行くのはこれが初めて。
     率直な感想を述べるとしたら。


     デカァァァァァいッ説明不要!!
     予想外のスケールにテンションが爆上がり。
     急いでカメラを取り出しダムの天端へ。


     高さ132メートル(堤高)、幅424メートル(堤頂長)、総貯水容量6300万立方メートル
     まあ自分ダムには詳しくないので、詳しい諸元は各人調べてみてください。
     天端を途中まで行くとエレベータを発見。
     どうやらこのエレベータで下に降りることが出来るらしい。


     まあ、降りるわな。
     エレベータを降り、内部通路を通ってダムの下のほうへ。
     

     下から見ると改めてでけえなこの構築物。
     今のはメラゾーマではない、メラだ、ばりの通常放水を見学し、吊橋を渡って反対側へ。


     まあ、上るしかないわな。


     問題はない!! 1万段までなら!!!
     サクッと上まで登って軽く水分補給。
     さて、次の目的地へ向かいましょう(あいにくダムカードは配布していませんでした)

     来た道を軽く戻り、国道140号を通って二瀬ダムへ。
     二瀬ダムの天端を通って三峰神社へ。
     その道中、ふと気になる看板が

     通行困難

     ん? 困難ってことは通行できないわけではないのか。
     よし、突撃(思考停止)
     少し進むと通行困難と標識が立っていた所以が姿を現しました。
     要はちょっとしたガレ道だったようです。


     まあ、そこは天下のスーパーカブ。
     そこらのオフロードバイクよりもオフロード突破能力は高い為、難なくダートを通過。
     そのまま三峰神社へと向かいました。


     有料駐車場にカブを停め、徒歩で三峰神社の本殿へ。
     三峰神社は秩父三社の一つであり、狛犬の代わりに狼が守護神として鎮座しています。
     

     まずは遥拝殿から妙法ケ岳山頂の奥宮を遥拝。その後、随身門を通り拝殿へ。


     手前に拝殿があり、本殿はその奥に鎮座しています。
     一般の私が参拝できるのは拝殿まで。
     取り敢えずお初なのでご挨拶をしておきました。


     境内を清掃している神職の方に挨拶し、駐輪場へ。
     さて、夕食を食べに店を探しましょう。
     Twitterで事前に意見を出してもらったところ、わらじカツ丼という意見が多かったため、取り敢えず安田屋の営業時間を確認。
     安田屋の営業時間が17時~18時。現在の時刻17時。
     うん、無理!
     というわけでフォロアーさんから教えてもらった「ちんばた」という豚みそ丼のお店へ。


     ちんばたに到着した時、ふと目に映るものが。


     おお、これは見事なり。
     こういうのでいいんだよ、こういうので。
     こういうのを見に、日本一周始めたんだよな。
     もう心は十分満腹ですが、腹はすくためちんばた店内へ。
     豚みそ丼は昼に食べたため、わらじカツ丼を注文


     おお、並を頼んだのですが、それでも結構なボリューム。
     薄く切られた豚肉、ソースがしっかりしみ込んだ衣。
     私自身カツ丼は卵とじのカツ丼派で、ソースカツ丼派ではないのですが、こんなに美味しいソースカツ丼は生まれて初めて食べました。
     
     大変満足したところで気軽に気楽に日本一周の埼玉編は終了。
     初日にしては割と満足いく旅程でしたが、回り切れていない感はあるので、機会があれば別日に再走するのもありかもしれません。

     本日の走行距離308㎞ 燃料消費量6.15L

     では、今回はこの辺で。次回の旅の予定は未定です。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。