記事 7件
  • 日々の書記事:戯れ言(2)

    2013-01-30 12:26  
    日常のことを忘れるために全く関係ないことを考える。宇宙のこととか次元のこととか考えていれば何となく忘れられる。ごまかしているだけなんだけど、こういうごまかしは必要でしょ。なにより、この手の先に銀河の中心もブラックホールも太陽も空間でつながっているんだ。そう思うと何というかロマンを感じる。十一次元の空間を今こうやって触っているんだ。けどまぁ、こう考えた方がロマンがあるか。この手の先にあの子のおっぱい

    記事を読む»

  • 日々の書記事:水を凍らせても重さは変わらない

    2013-01-30 06:00  
    水を凍らせても重さは変わらない。ふとどっかで、子供が言ったのを聞いた様な気がする。どこで聞いたのだっけ。よく覚えていない。本当に唐突に思いだしたんだけど、何でかなぁ。まぁそれはいい。これを聞いたときはそれは当然だなぁ(笑)、って思ったけどさ。日常生活の中ではそれが当然なんだろうけど。うーん。日常においてはそれは普通だ。けど視点を変えてやったらそれは間違いだ。日常の中で体積のことを考えることなんてあ

    記事を読む»

  • 日々の書記事:セクハラに関して

    2013-01-29 06:00  
    セクハラに関して(話題としては古いかもしれないが)セクシャルハラスメント、セクシャルなハラスメント。性的な悩みの種、性的な嫌がらせ。女性の社会寝室と共に多く取りざたされるようになった。しかし、最近のはいきすぎている上にゆがんでいるように思える。無論、実際セクハラなのであれば糾弾されるべきだろう。けれど、見ただけでセクハラ。一般的な会話をしただけでセクハラとか言い出すのがいて辟易する。「髪切った?」

    記事を読む»

  • 日々の書記事:友情と愛情について

    2013-01-28 06:00  
    友情と愛情についてよく成される恋愛に関する談義で取り上げられる議題の一つ。これに関して。先に言っておけばこの問題に関する答えなど出ることは無い。まぁ、だからこそよく話題になる。話題にしている人達もそんなこと百も承知しているだろう。これは単純にお互いの価値観をすりあわせるなり、相手を知ることによって結束を固めるために用いられるのだろう。ただ、少しまじめに考えてみよう。そもそも愛情と友情の定義って何だ

    記事を読む»

  • 日々の書記事:アレルギー(イギリス、マンチェスターでの事故死からの考察)

    2013-01-27 06:00  
    2
    ナッツアレルギーの十代の女の子、メニューに「ナッツ入り」の表記の無かったデリバリーのチキンカレーを、一口食べただけで死亡。という記事に関して。※記事は検索すればすぐ出てくると思うから、詳細は省く。この少女はコルマカレーというカレーを頼んだそうなのだが、当時のメニューに「ナッツオイル使用」との表記がなかった。のカレーはナッツ入りだというのが常識だったのだという。コメントの中には購入者側が悪いという意

    記事を読む»

  • 日々の書記事:戯れ言(1)

    2013-01-26 07:16  
    右往左往 慌ててあっちこっち行ったりして混乱している様子。うおうさおう  ↓うおーさおー  ↓魚ー 棹ー魚・・・・・・鯉か。鯉口に棹。なんて思った俺はもう末期かなぁ。「鯉口を切る」の方じゃ無くて、リアルな鯉の口の方なまぁ元の鞘に収まるなんて言葉もあるから似たようなもんか。棹っていうのは、 あれだよ、あれ。バラの花の真ん中に挿すおしべのことだよ。もうこれ以上は語らない。

    記事を読む»

  • 日々の書記事:初投稿

    2013-01-26 05:48  
    とりあえずの初投稿なんだが、一体何を書いていいのか全くわからない。特にバックグランドも何も無い。ただのニコ厨だ。ツィッターもやっていないし、ブログもやっていない。フェイスブックもミクシィもしていない。まぁ、必要性を感じなかったからなんだけど。でもやっぱり、誰かに聞いてもらいたいものがある。世の中にはいろいろニュースがあるけれど、大抵はそのまんまだ。投げっぱなしの放りっぱなし。ニュースはまぁそんなも

    記事を読む»