日記(寿司のシャリ抜き)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日記(寿司のシャリ抜き)

2016-10-07 14:21

    十月七日。

     今日は晴れてもそんなに暑くないね。

     日差しを浴びるとちと暑いけど。

     こういう日は結構すきなんだけど、何でか気分が良くない。

     何でだろうなぁ。

     何でか訳もわからず、憂鬱な日ってあるよね。

     まぁ、だからどうしたって話しなんだけど。

     何にもやる気が起きない。

     髭も剃らず、ただだらだらニコニコ動画を見る。

     何もないのが幸せと言うが、こういうのは幸せではないと思う。

     何となく現実から逃避をしているような気がするから。

     自分の現状に満足していないにもかかわらず、何の努力もしていないのだから。

     あー、ただ空想妄想しているだけで金が降ってきたらいいなぁ。

     なんてことを考えて、結局何もしないんだなぁ。

     人は易きに流れる。楽な方へ楽な方へ。

     デモそれが自然のことだしなぁ。まぁそれで、いっか。


    ******

     今日は昨日書いた寿司修行のことから、そういえばと思い当たったことを。

     どっかのニュースサイトで見た記事のことなんだが。

     寿司屋さんで寿司を頼んでおいて、ネタしか食べないという人がいるらしいね。

     糖質抜きダイエットをしているかららしいけど。

     回転寿司でもネタしか食べないんだってさ。

     そういや、寿司屋さんで女性客が「シャリ抜きで」と注文したら、職人が「お帰りください」と返した。ってニュースも更にちょっと前に流れたよなぁ。

     これに関しては、どうなのかな。とは思ったけど、どちらかと言えば職人の肩を持ちたいね。

     ただ、サービスとして「ではお造りにいたしましょうか」ぐらい言っても良かったのでは、とは思う。


     寿司屋さんでシャリ抜きを頼むのと、回転寿司でシャリ抜きで食べるのは似ているようでちょっと違うな。


     シャリ抜きを頼むのはマナー違反かって言われると、微妙な気がするんだよね。

     言い方が悪いってのはあるんだけど、少なくとも決定権は職人側にあるのだし。


     けど、回転寿司でシャリを残すのは完全なマナー違反だと思う。


     これはそもそも日本のマナーの根本からして間違っている。

     日本のマナーの根本は「足るを知れ」って事だと思う。
     他には「もったいない」とかかな。

     もともと日本は食べるものに困っていた時期が長いからね。

     自分に必要で十分なモノを知っておけって事で、その上で無駄をさせるなするなって事になる。

     自分に必要で十分となると、糖質抜きダイエットをしている人はそもそもシャリを食べないことを自分で知っている。

     残すことを前提で注文している時点で、日本文化の感性とは違っている。


     自分が必要としないモノをそもそも注文するんじゃない。


     ちと脇にそれるけども、この感性は食べるときにも適応されるんだよね。
     実際食べ物を口に運ぶときにも同じ事がいえるんだ。

     日本食では口元に持って行った物を噛み切って外に出すのはだめなんだ。
     だからといって無理に詰めてほお張ってしまうのもだめ。

     これは自分の口内の容量を知っておけって事だ。
     その上で十分な量を口に運ぶ、と言うのがマナーなんだ。


     とは言っても、この辺りは現実に出来るかどうかの問題もあるのだけど。
     まぁ、この辺りはまたの機会に。


     話を戻して、

     寿司のシャリ抜きを頼んだ客は、自分にとって必要十分を頼んだのだから日本食のマナーは犯していない。

     問題は言い方だと思う。


     寿司屋でおいしい刺身を出してくれるのならば、刺身を目的にしていってもいい。
     寿司屋に行って寿司を食べないというのも別に悪いことじゃない。

     カレーうどん食べに蕎麦屋行く人もいるしね。

     寿司屋に来ておきながら、寿司をわざわざ寿司ではない形にして出せと言ったのはまずかった。


     侮辱にとられても仕方の無い言い方だった。

     これは人間関係におけるマナーなんだろうな。

     相手に対する尊敬、尊重がなかった。と言うことなんだろう。

     客ならば上って訳じゃないからね。


     ま、どっちにしろマナー違反であるのは確かだけど。

     といっても、こうやって「マナーが」なんて言うのは、それはそれで品がないなぁと思う。

     品のあるなしと、マナーのあるなしはまた別の問題だけどさ。

     似ている問題だね。

     マナーの指摘というのも、ある意味相手を下に見ていると言えるのかもしれない。

     となれば、これも人間関係におけるマナーともいえるのかもしれない。

     そもそもマナー違反を指摘したところでこっちには何の利もないし、マナーの悪さで損するのは相手だし。

     相手が損したところで知ったことじゃない。相手の責任だ。

     その責任の領域にずかずか踏み込んでる。

     これはマナーの問題といえるのか?   


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。