入力インピーダンス2題
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

入力インピーダンス2題

2014-12-31 01:48





     Icは5mA
     Rxの値は、1.88kで入力信号(CH2)
    が、ちょうど半分(CH1)になっている。
     という事は、この回路の入力インピーダンスは、1.88kΩと言う事になります。
    これは、東芝の2SC1815のデータシートに記載のGRランクの5mAの条件とほぼ一致します(あたりまえですが・・・)。



     続いて、エミッタにRe100Ωを挿れてみる。


     するとRxの値は26kΩとなった。
     あれ?、最初の実験結果のZin1.8KΩ×Re100Ωって訳ではないようだ。
     そこで、「 / PassionateTubeAmplifier」というサイトの「トランジスタ増幅回路その4 (利得と入力インピーダンスの計算法」に有る、計算式を使わせていただき、計算してみる。
     そこには、・・・

     Zin=hfe×{Re+(26÷Ic)}

     と有るので・・
     300×{Re100+(26÷Ic5mA)}
     =31.5kΩ
     となる。
     これをバイアス抵抗の330Kと並列合成すると・・・
     31.5×330k÷(330+31.5)
    =27.2kΩ
     となり実験結果とだいたい一致する。

     最初のRe無しを計算してみると・・・
     300×{Re0+(26÷Ic5mA)}
     =1.5kΩ
     となり、やや誤差が有るものの、音響アンプを設計する際に目安とするに十分な範囲だとおもいます。

     Zin=hfe×{Re+(26÷Ic)}
     この、計算式は頭に叩き込んでおこうとおもいます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。