ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

sananさん のコメント

心地よい曲に家族をテーマとした
美しくも不思議な映像世界が広がっていますね。
No.1
97ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
【MAD】Never forget lucille SHARE 『輪るピングドラム』もまた、妹の死(?)を始まりとして奇妙な世界へと巻き込まれる双子の兄弟の物語ですが、その結末もまた奇妙で幻想的。ここでは多くを語るコトはできませんが、このlucilleさんの作品の使用曲である『Rainbows』の歌詞の中に、それに当てはまる箇所があります。 我々は生まれた時から常に誰かが側にいました。その誰かと関わるというコトは、相手に自分の想いを伝えると同時に、相手の想いも手に取るコト。 それが僅かな時間しか関われない“他人”や、関わりがSNSだけで素性の見えない相手であろうと、これもまた無意識に始まっています。そうして誰かと想いを共有するコトでまた、より確固とした自分の想いをまた同じ相手か、それとも他の誰かと共有し、互いに心を成長させ合っている。 “他人”もそうですが、現在まで関わりが続いている誰かとも、いつかそれぞれ異なったカタチでその関係が切れてしまう、全く会えなくなってしまう時は来るでしょう。だけどそんな場合でも、それが悪いカタチであっても、それまでその相手と共有し合った想いは、今までの自分の糧として残り、自分の中でまた新たな価値観、別の、もっと良い誰かと共有できる程の想いがつくり出されるのです。これも無意識に。 「俺にはそんな相手はいない」と嘆いているなら、もう一度周りを見てほしい。今関わっている人や、それまで関わってきた人が見直せると共に、あなたと新しい何かを共有したがっている人が、意外な所で見つかるかもしれません。
風の向くまま気の向くままに書き連ねます。