ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

旅m@sステーションの放送方針
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

旅m@sステーションの放送方針

2014-04-19 20:56
    まず、どんな奴が放送してるんだー?と
    気になる人はこのブロマガの自己紹介記事へどうぞ。

    ※この放送方針は時折り変更、更新されるので、最新のものは
     旅m@sステーション放送ページの説明文をごらんください
     (2015.07.11追記)

    「旅m@sステーション」について

    前半枠が「その週の新作動画紹介」
    後半枠が「過去動画紹介」
    となっています。


    前半枠に流す新作動画の基準

    ホントはその週に上がったすべての動画を全部流したいんですけど、
    時間の関係上それはできないんで以下の基準で選んでます。

    ○第1話(「第0話」も含む)
    ○プロローグ、予告編
    ○短編(1話完結)

    上の条件に合ったものを冒頭約3分間だけ流して、次の動画にいきます。
    話の途中で切断されることになりますけど、まぁ映画館で
    本編での前に流れる予告編みたいなものと考えてもらって、
    自分が興味が出た動画を見に行っていただければいいかなと。

    で、もちろん、その週の作られた動画でシリーズ途中の動画など
    いろいろありますんで、そちらも流していくと。

    そっちはなんの基準で選んでるかというと、
    「できるだけPが被らないように」選んでいます。
    「このPは先週、紹介したなー。じゃ、今週はやめておこう」
    「このPは数か月ぶりの投稿だから流してみよう」
    とか、そんなノリ。

    自分の場合なんですけど、どーしても動画を見に行くPって
    固定しちゃうんですよね。。。
    そりゃまぁ趣味で見に行くんだから、別にそれでいいんですけどw

    でもまぁ、そのへんはせっかく「旅m@sコミュ」という場を
    借りて放送してるわけだし、自分としても特定のPだけじゃなくて
    実際ちょっとだけ見てみたら意外と面白かったり、とかいろんな
    出会いがあると思うんで「できるだけ」いろんなPの動画を流すことにしています。


    後半枠に流す過去動画の基準

    なぜ、「過去の動画」なのか?

    日ごろやっているPVのリクエストニコ生を見ていて思ったんですが
    PVって来場者によってリクエストされることによって過去のPV動画をたくさん
    見ることができるんですね。それによって過去の動画が埋もれず、
    どんどん新たに視聴者を獲得していく、と。
    「おー、こんな動画あったんだ」みたいな。

    もちろん「昔は良かった」などと言うつもりは別になくて、
    いろんな年代のいろんなPが作った、いろんな動画を見ることは
    それなりに意味があると思うんです。

    ていうかおもしろいし楽しい。
    「故キヲ温ネテ新シキヲ知ル」という古代中国の聖人の言葉もあるし…

    旅m@sステーションの前半枠が旅m@sの新作紹介、という
    「今の動画を観る」ということを横軸とするならば、後半枠は
    「過去の動画を見る」という縦軸になり、一つの放送で横軸と縦軸の
    動画を一挙に楽しめてしまうわけですね!

    ……なーんちゃってw


    上に書いたような理屈は、さておき、
    「ああ、こんないい動画があったんだー」とか
    「うわぁ、俺が行って作ろうと思ってた場所すでに行かれてたよー」とか
    楽しんだり悔しがったりいろいろ思っていただければ、
    生放送主としてはうれしいかなと。

    いまのところ(2014年4月時点)、特にテーマは決めずに動画を選んでいますが
    その時の思いつきで特定のPの特集枠とかその時の季節に合わせた特集
    (今なら、春をテーマにした旅m@s特集とかね)を
    やるつもりですが、思いつきなんで、そのへんは期待しないでくださいw


    ラストに流す動画について

    いわゆる「iM@SコラボPV」には列車の映像や観光地の映像を
    取り入れた動画や、旅をテーマにした曲を使ったものがあります。
    そんな動画をランダムに流していきます。


    それでは、次回の更新まで。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。