ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

片手操作で東方を その1【脳性麻痺でも東方がしたい!】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

片手操作で東方を その1【脳性麻痺でも東方がしたい!】

2020-02-06 23:17
    こんにちは、H.Iidaです。
    東方が好きな大学生です。

    東方オタなら原作は履修したいところだが、ぼくには脳性麻痺がある。
    左手が思うように使えない。

    たいていのゲームは両手操作が前提で、東方原作も例外ではない
    しかしながら、操作は他のゲームよりシンプル。
    移動、ショット、ボム、低速移動が使えればいい。
    試行錯誤した結果、ぼくは右手だけで東方原作ゲーができるように。

    見よ!これが片手で東方ができるキーコンフィグだ


    ぐだぐだするのも嫌なので結論から紹介。
    詳しい設定方法はこの後で説明。

    ゲームパッドを買おう
    よっぽど奇妙なキーボードを持っていない限り、キーボードの右側に矢印キー、左側にショットやボムに使うZキーやXキーがあるはずだ。
    この時点でキーボードは片手操作には適さないので却下

    ぼくが使っているのは上の画像と同じELECOMのJC-U3613M
    これじゃなくても画像のような一般的なゲームパッドなら構わない。
    今回はこのゲームパッドの右半分だけ使う。

    キーコンフィグをしよう
    キーコンフィグにはJoyToKeyを使う。
    このソフトはゲームパッドのボタンをキーボードのキーと対応させることができるだけでなく、複数のボタンを同時に押したときに別のキーを押した扱いする設定もできるスグレモノだ。

    ちなみに、このソフトは試用期間・機能制限のないシェアウェア。無料で全ての機能が使えるが、気に入ったのならライセンスキーを購入して制作者を応援しよう。
    一応、福祉目的で使用される場合は無料で使って構わないとreadmeにはあるが、ぼくは応援したかったのでライセンスキーを購入した。




    ぼくのキーコンフィグ。ぼくと同じ製品でこの設定なら冒頭の画像の通りになるはず。
    製品によってボタンの位置が異なるので注意。

    次回、操作を詳しく解説します。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。