Blenderでモデリング(顔3)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Blenderでモデリング(顔3)

2013-06-12 21:53
    ずっと顔の調整をしていてあまり進んでませんが
    今回はマテリアルの設定をします。

    ある程度メッシュが出来てくるとワイヤーフレームでは
    前後が重なって分かりにくくなります。



    そこで表示をソリッドにすると今度は下絵が見えません。



    そこでメタセコの材質のようなマテリアルの設定をします。
    右のパネルからマテリアルを選択し新規マテリアルを作ります。
    赤印の所をクリックするとカラーサークルが出るので
    そこで好きな色を設定出来ます。

    また右のパネルから表示のシェーディングをGLSLにしておきます。



    マテリアルの下の方で透明度の設定が出来ます。
    透過にチェックをしてZ値透過を選択し、アルファ値を任意の数字にします。



    さらにオブジェクトモードでライトを選択し、オブジェクトを照らす位置に移動します。
    ランプの種類はヘミが影が薄くて見やすいと思います。



    右のオブジェクトパネルの表示をテクスチャにし、下の表示もテクスチャにします。
    これで下絵も見えるようになりました。



    また右のオブジェクトデータパネルから自動スムーズにチェックをし、
    左のシェーディングをスムーズにすると、面が滑らかな表示になります。



    メタセコのスムージングと同じです。



    ついでに以前コメントでアドバイス頂いたナイフの使い方です。
    まず左からナイフを選択すると、カーソルがナイフの形になります。



    辺や頂点の上で左クリックすると始点が設定が出来ます。



    切りたい所で左クリックします。



    Enterで確定、右クリックでキャンセル出来ます。



    左クリックで続けて折れ線も出来るので



    このような切り方も出来ます。



    つづく
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。