ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Blenderでモデリング(胸)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Blenderでモデリング(胸)

2013-06-21 21:37
    今回は胸を作ります。
    まずは首のオブジェクトに編集モードでUV球を追加します。
    辺の分割は少なめの方が調整しやすいです。
    胸の位置に大体の位置と大きさを合わせます。

    拡大や回転の中心は下のピボットポイントで選択出来ます。
    ちょっと仕組みが分かりにくいので色々試してみるといいと思います。



    UV球を全選択して別オブジェクトに分離します。
    下半分を消して前向きにして、少し外向きにします。



    ラティスで形を整えます。



    肋骨の上に脂肪が乗っているイメージで作っていきます。
    少し外向きで上向きな感じです。



    オブジェクトモードで首オブジェクトと結合します。
    最後に選択した方のオブジェクトになるので、胸→首の順に選択します。



    首と胸を繋げていきます。



    テンキーの視点で
    1:前、3:横、7:上ですが
    4で左に15°ずつ、6で右に15°ずつ、
    2で下に15°ずつ、8で上に15°ずつ、移動します。

    またループ辺ですが
    Alt+右クリックでループ辺選択



    Ctrl+Alt+辺を右クリックでループ面選択が出来ます。



    つづく

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。