ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

■アニメキャラの”短所”に絶対必要なこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■アニメキャラの”短所”に絶対必要なこと

2016-01-27 13:59
  • 2

 最近、完璧なキャラクターに人間味を付けようとして、取って付けたような短所を付けられている例が多いらしい。

サムネの上条さんなんて、不幸設定なのに、敵も味方も美少女のハーレム天国なのに。。
(何が不幸だ!!そこ替われオラ!!!!)


 確かに、例えば、進撃の巨人のリヴァイの背が低いって短所も、戦闘に全く支障ないし、あってもなくてもいいものだと自分も思う。むしろ、ハンジとの身長差カプを作らせるためだけの伏線のように思えたり(2次創作に媚びるのは全然悪いことではないけど)


{巨人を倒すのに身長は要らない。

 こうゆう短所はキャラクターを“人間味があるかわいいキャラに見せる、他のキャラと絡ませる”ことが目的になるわけだけど、それがあざといというか、作者の考えが見えてしまって萎えることも確か。

(アラサーで中身が少女な元アイドルの事務員とか)

{ピヨッ!?
[でも小鳥さんはかわいい(真理)]

 こうゆう萎えることなく、人間味を付けられるような短所はどうゆうものがいいのか。短所がちゃんと短所として機能するためには、物語との関係が必要だと思う。


 例えば、インディジョーンズ。

探検家なのに、蛇が苦手という短所は、未知の遺跡を探検するという物語の障害になります。

叫んでる間は、インディはヒロイン以下の役立たずになるというのは、致命的な短所です。

 しかし、こうなると今度は、短所が致命的過ぎて、そもそも物語が進まないということにもなります。

 では、物語に影響して、かつ何とか乗り越えられるような短所には何が必要なのか。

それは、“短所を長所の裏返しにするということ”だと自分は考えます。

 例えば、ドラゴンボールのベジータ。

0a9cf07d

 彼は、サイヤ人の王子であるゆえに、プライドが高く、余裕で地球を侵略できると考えます。しかし、悟空の予想外の成長と、地球人とのチームワークの前に敗北してしまいます。

 ここで、彼の敗因は、プライドから来る“慢心”であり、彼にとっては大きな障害となっていると考えられます。 ですが、その後のフリーザ編。ベジータはナメック星のドラゴンボールで不老不死になることで、永遠に戦いを挑んででもフリーザを倒して宇宙最強になろうとします。その過程で側近のザーボン、ギニューにボコボコにされながらでも、瀕死の状態から蘇って戦闘力を強制的に上げようとするなど、その執念は計り知れません。




 この執念は、短所である、“慢心”と同様に、プライドから来るものです。そして、この執念があるからこそ、ベジータはサイヤ人編で負けた後も、常に主人公である悟空のライバルとして最終回まで戦闘を共にすることになるまで至ります。


 慢心、執念が物語の進行と共に交互に表れ、敗北をバネに強さを求める。ドラゴンボールは強さを求めるストーリーなので、この自分の求める強さと現状との葛藤は、この作品の魅力そのものであり、ベジータの“プライドが高い”という設定は、作風によくマッチしていると考えられます。

 つまり、“短所を長所の裏返しにするということ”とは、物語の作風である山場、谷場(?)に性格をマッチさせ、欠点を欠点として機能させていることになるのだと思います。また、逆に、サイヤ人編での敗北も、その後の努力も、プライドが高いというベジータの性格を裏付けるエピソードにもなっているため、性格も現実味が増すことになります。


 ■このことから、欠点を付ける際に重要なことは・・・


・物語の流れに合ったものにする

・短所を長所の裏返しする。そして、その共通の原因である性格を考える


 であり、これを守り、短所を付ければ、自然と人間味のある自然なキャラになるのだと思います。


 説明がくどく、当たり前のことを言っただけかもしれないですが、自分はこんな風に思いました。。

最後に、おまけとして、この記事を考えるためにまとめた表を添付します。

 読んでいただきありがとうございました!!





元ネタの記事

http://jumpmatome2ch.blog.fc2.com/blog-entry-9148.html

作者「完璧キャラだと嫌われるから欠点つけよう」←コレ




広告
×
誇り高きサイヤ人の王子、という肩書きを根拠にしてたべジータが、後に結婚したブルマのために感情的になったり、必死に守ろうとしたりする信条の変化は、漫画でもアニメ版でも見ててほっこりしておりました。

登場当初の冷酷さ(ナッパの件)とは思えないほど変わっていったなぁと思います。
(主人公より成長してるんじゃないだろうか)
68ヶ月前
×
>>1
コメントありがとうございます。
「動けないサイヤ人など必要ない」と瀕死のナッパに容赦ない程、弱いものは要らないと考えていたベジータが、強さ以外にも大事なものがあると知ったのは、みててすごく、かわいく思いました(笑)

性格の変化で言ったら、一番ベジータが大きいのではないかと思います。
それこそ主人公以上で、ある意味、ベジータが主役でもいいんじゃないかと思ってますw

(ただ、少年ジャンプ的には、悟空みたいな純真無垢なキャラがウケるのでしょうね…)
68ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。