• TVゲームやり込みの果てに、俺が真に望む未来が手に入る

    2019-11-22 19:5211時間前
    きっとこの題名をみて、意見は真っ二つに分かれるでしょう。

    本当にこの題名通りの気持ちで、TVゲームをやり込んでいる人か
    この題名を、夢物語だと、全否定しにかかる老害か……

    当然ながら世界は広いです、後者の人も間違いなくかなりいると思います。
    TVゲームなんかなんの価値もないと思っている人も、実際沢山いるでしょう。
    きっと、俺のような考え方の人を、お子様だとあざ笑うのかも知れません。

    …でも俺は、TVゲームやり込みの果てに、真に望む未来が手に入ると本気で信じています。
    だからこそ、人生のすべてを、TVゲームやり込みに費やすことにした。
    恐らく、間接的な恩恵が多いと思います。
    TVゲームをやり込むことで、直接なにか物理的な利益があるわけではないです。
    …TVゲームをやり込むことで、不思議と幸福に恵まれる。
    どうでもいい奴らは、勝手に自滅してくれる。

    TVゲームをやり込むことで、リアルでも不思議と望み通りの恋愛を謳歌できたり
    なんか、不思議な力にまもられるように、俺の人生が、光に導かれていく感じ。

    かつて小学生中学生の頃も、TVゲームやり込みによって幸せになれると
    今と同じような考えですごしていました。
    どっちにしても、俺の人生は、お金も労力もすべてTVゲームやり込みに使う気満々です。
    仕事なんかしてる暇ないし、仕事なんて俺の性に合わないんだよ。
    TVゲームやってたら、なんか自然と、富も名声も力も、いつの間にか手に入ってる。
    TVゲームやってたら、不思議と、望んでいる未来が、今になってる。

    かつて学生の頃、セーブデータクラッシュという大事件が、俺の家で起こりました。
    俺のTVゲームやり込みしたセーブデータが、何者かに全ソフト全消しされる事件です。
    それによって、俺の人生は大きく狂いました。
    統合失調症になったのも、それからでしたし。
    TVゲームをやめて、それで俺は病気になったんです。

    かつて楽園の如くすごしていた、TVゲームと漫画に溢れた俺の自宅……。
    あそこに俺のすべてがあります、今も。
    ピーク時にやっていたソフトは、FF8・MGSあたりでしたね。
    まぁ、俺のチョイスではなかったです、意思表示もできていませんでした。
    普通の人なら、自殺してもおかしくないレベルのストレスでしたね>セーブデータ全消し
    やはり、俺1人の力でたどり着かなければいけないんです。
    あの頃は、周囲の人たちの金品に頼るしかなかったけど、本当はそれがいけなかった。

    俺は、TVゲームやり込みの果てに、望む未来が手に入ると、本気で信じて
    今も、TVゲームをやり込み続けています。
    きっと、今でも、多くの人たちが、俺のTVゲームやり込み論を、夢物語だと
    すべて否定しているのは間違いないです。
    同時に、俺と志を同じくする同志たちも、少なからずいるのも間違いないです。
    Switchによって、奇跡の復活を遂げ、TVゲームやり込みの習慣を蘇らせることができたのは
    本当に、俺の中で大革命でした。

    俺を貶めた奴らはきっと、俺にTVゲームやり込みの大事さを教えるためにあえて
    俺のセーブデータを全消しして、大切さを噛みしめさせるために試練を与えたのだろう。
    とても長い時間と、多くのお金を代償にしたが、決して無駄だったとは思わない。
    多分、Wii Uまでのハードでは、俺は復活できなかったと思う。
    Switchだからこそ復活できたんだよ。

    PS5は、正直買うかわからんです……
    正直言わせて貰うと、任天堂に勝たせたい、輝かせたいという気持ちがありますね。
  • 広告
  • どっちにしても、自分1人で出した答えより、皆で出した答えのほうが使える

    2019-11-21 14:40
    極論からいうと、やっぱり俺1人で考えて出した答えよりも
    日本中の日本人たち皆で出した答えのほうが、よっぽど使える答えなんです。
    俺1人では、どう足掻いても、どう生きていくこともできないし。

    TVゲームやり込みだって結局は、あの頃、一人ぼっちだった状態から、
    気持ちだけ抜け出すための逃げ道だっただけです。
    基本的に、モチベも死んでいることのほうが多いです。
    「学生の頃は~~」ってよく言ってるけど学生時代、殆んどの時間を学校ですごしてたわけで
    ゲームやってる時間なんて、リアルに換算しても1日3時間くらいがいいとこでしたよ。

    ぼっちから抜け出すためにお金を使う、友達を増やしていくためにゲームをやるのは
    有効だと思います。
    もともとゲームというものは、友達をつくって増やしていくためにあるのだから。
    ゲームだけに終始するわけにはいかないのも事実ではあるけどね。

    やっぱり、個人的な願望っていうか、欲しいものって言えば友達なわけです。
    そして、友達をつくるために必要不可欠なのがゲームなのです。
    魅力的な容姿に変わりたいとかもあるし、やっぱり俺としてはもっと華やかな
    30代をおくりたいというのもある。
    10代も20代も、恐ろしく不幸の日々だったのだ、30代も絶望でいっぱいなんて
    耐えられないしね。
    ゲームはとても大事だけど、俺はもっと外で遊ぶべきだよな~。
  • TVゲームやり込みこそが、俺の人生の終着駅

    2019-11-19 19:50
    俺にとって、TVゲームをやり込むことこそが、俺の人生の終点なのだ。
    かつて、バリバリの青春時代、最高のロリータとの恋愛を謳歌しまくっていた頃も、
    バリバリTVゲームをやり込みまくってすごしていた。
    生きていく上で、必要なことはすべて、TVゲームから教わってきた。

    友達と遊ぶことよりも、TVゲームをやり込むことを優先した小学生時代……。
    俺にとってそこに、俺の人生のすべてが凝縮されている。
    ロリータとの最高の恋愛を謳歌できていた小学生時代にこそ、俺のすべてがある。
    そして、その頃に集中的にやっていたこと、それこそがTVゲームやり込みだった。

    小学生の頃…、
    基本的に、1人ぼっちでTVゲームをやり込みする時間がいっぱいありました。
    俺にとってTVゲームをやり込むことは、恋愛を謳歌するために必要不可欠でした。
    積みゲーを消化していく日々…、そこには間違いなく幸福をよびよせる磁気が発生していた。
    TVゲームをやり込み続けることで、不思議と俺の日常は、不思議な力で守られ助けられた。
    なんか、TVゲームやってるだけで、不思議と可愛い女の子と縁ができていたり
    なんか、TVゲーム以外なにもしていないのだけど、不思議と俺が望んでいることが
    実現していくラッキーが連鎖的に起こっていた。

    俺の原形は、FC・SFC・PSをやり込んでいた小学6年間……。
    TVゲームをやり込むことで、かつて小学生だった俺は、すべてを手に入れたんだ。
    (不幸が起こったことは省略)
    (少なくとも、TVゲームやり込みによって起こった不幸でもないし)
    とりあえず、TVゲームをやり込み続けることで、かつての学生の頃の俺は
    望み通りの、大満足の青春・恋愛を謳歌できていた。
    まぁ、未熟だったためセーブデータを勝手に削除されたことは置いといて…。

    TVゲームをやり込み続けることで、世界は俺中心にすべてが再構築される。
    TVゲームをやってる限り、リアルの俺も、生き残り続けることができる。
    結局、学生だった頃も、同級生の殆んどがTVゲームをやっていたように思います。
    あの頃も、皆、TVゲームをやり込むことで、青春を増幅させていたんだ。