.LIVEアイドル部 メンバー契約解除へのファンとしての折り合いのつけ方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

.LIVEアイドル部 メンバー契約解除へのファンとしての折り合いのつけ方

2019-12-10 00:33

    あずきちやりこぴん、ボスが特に好きでアイドル部の配信を追っかけていた者です。

    12月4日の夜桜たま、猫之木もちの契約解除を受けて、かなり混乱し、本当のことを知りたくて、しばらくの間、ひたすら、ニコ動に流れてくる関連動画やドルアンスレ等を追っかけていました。
    そしてとうとう疲れ果ててしまったので、ファンとして本当はどうあってほしかったのか、整理してみました。
    私と同じようにアイドル部を好きで追っかけていたのに、絶望して道に迷ってしまった人は、ちょっと立ち寄って目を通してみてください。



    正直なところ、今謝罪や釈明が要求されている残留メンバー叩きとかどうでも良いんです。
    騒動を起こしてしまったことへの釈明、ファンへの謝罪も、要らないんです。

    私はただ、これまで箱で推していたのに、何故誰もちゃんとした引退/卒業配信が出来なかったのか、ということが知りたいだけなんです。納得がいかないのは、その点だけなんです。


    あれだけ.liveチャンネルで秀逸な作品を作ってたんです。

    仮に生配信が難しくても、動画を用意して、もちにゃん歌姫デビューでアイドル部卒業で良かったじゃないですか。

    夜桜たまが10月の最後の配信の後、契約解除を決めたのであれば、ある程度の制約を設けた上で、お別れ配信をすれば良かったじゃないですか。

    りこぴんについても、いっそ体調不良の間は、海外留学ということにしても良かったじゃないですか。

    そうすれば他のメンバーも、ファンも納得してお別れが出来たじゃないですか。アイドル部の物語に折り合いをつけることができたじゃないですか。


    それがないから、

    それすら出来ないレベルでメンバーと運営との間に亀裂があったと思ってしまうのですし、

    それすら出来ないレベルでメンバー同士の間に亀裂があったと思ってしまうのです。

    今や完全にアンタッチャブルになってしまったじゃないですか。今回の騒動に直接関わっていたかどうかに関わらず、残されたメンバーも絶対にやりにくいでしょう。




    ……でも、よくよく考えれば、実はそこまで、悲観する必要はなかったのだと気づきました。

    運営がそれを用意できなかった代わりに、いくつかのTwitterアカウントが物語の続きを見せてくれていました。美しい卒業ソングを聞かせてくれました。


    ファンに最後まで夢を提供してくれた数名のプロに感謝します。


    私の中では、アイドル部の物語はあれでおしまい。そうすることにしました。

    あとはすず信としてボスの個人配信を追っていきます。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。