• OBSS新配信用設定について。

    2017-08-21 11:21

    放送頻度が最近また下がっていて、久々にインフォメーションに目を通した所、

    ニコ生の放送仕様の変更について、以下の内容になるとの事。
    あら、これは・・・と思ったので
    前回まとめた内容ではもう役に立たないと思った為
    今回ブロマガを更新しています。


    2017年8月24日(木)8時30分以降に作成したユーザー生放送の番組について、
    「放送中の番組延長」「放送前の番組配信予約」が無料になります。(一部条件を除く)
    また、配信にあたり、今回仕様の変更が多々あります。
    詳細は以下を参照下さい。クリックすると拡大できます。(公式より
    一部抜粋)



    なるほど。新配信に移行になっていく訳です。
    何が変わるのか、どう変わるのか。
    簡単に説明します。

     ※ビットレートって何?とか、今回説明にない細かい解説については  
             前回のブロマガに解説記載しています。       
    気になる方は(通常配信の設定になりますが)こちらを読んでみてください。
    ただ、新配信設定に際し、設定自体はだいぶ変わっており、
    前回使えてた設定を使うと厄介な 箇所もあるので
    設定自体は当記事を参考にされることをお勧めします。


    1.新配信って結局何がちがうの?
     新配信ではこれまでの通常配信と違いビットレートの制限がなくなります。
    ※以下、便宜上これまでの物を通常配信、これから主流になる方を新配信と表記します。

                    これまでの通常配信では、下記のように時間帯ごとに                 
    総合ビットレートの制限値が定まっており、時間帯に応じて切り替える必要がありました。


    これから数ヶ月中に完全移行になる新配信は、
     全時間帯2Mbpsで利用可能になります。 
    そのため、
    ①放送開始時間による設定の切替が一切不要!      
      
    ②最大2Mbpsまで使えるので、設定次第で高画質も夢じゃない!
    うーん、これだけ聞くとすばらしいですね。

    ただ現状では、外部ツールでの自動枠取りに非対応という難点もあります。


    では、リスナー側の変更はどういったことが挙げられるのでしょうか。

    リスナー側も、これまでは会員状態を問わず一律
    上記表に対応した総合ビットレートでの視聴でした。
    しかし、新配信に移行することにより

    このような形に変わります。簡単に言うと、
    ①全体的な視聴時の総合ビットレートは爆発的に上がるよ!       
    ②無料会員とプレミアム会員で、時間帯によって視聴できる質が変わるよ!
    こんなところでしょうか。
      これがどの位、視聴する画面等に影響するのかはわかりませんが、  
    プレ垢と一般垢の差別化が行われる仕様に変わるよ、という事になります。


    2.放送の設定は結局どうすればいいの?
    結局もう数ヶ月後には、完全移行する予定だとの事ですので
    どうしても設定の見直しは早急に行ったほうが無難ではあります。
    その上で、色んな所を調べたので以下に簡単に条件をまとめます。

        
    こんなかんじ。
    これを踏まえて設定をしていくわけですが、
    幾つか注意点もありますので合わせて記載していきます。


    3.注意点ってなーに?

    先述の通り、新配信を使うためには幾つかの注意点があります。
    これを守らないと、快適な放送が出来ないそうですので、
    以下にそれを記述しておきます。

    ①放送をしているときの タスクマネージャのCPU使用率は70%までが限度

    瞬間的に70%や80%以上になるのなら問題はないです。
    跳ね上がる時以外、60%代に留まっているなら問題はなし。
    PCスペックに関係なく常時75%を超えると、
    タイムラグが増える・動画がカクカクし始めるなど問題が沢山出てきます。 

    ②解像度を推奨値以外の設定で放送しない

    推奨値以外の設定で配信された場合は、再エンコードをかけてリサイズを行うため、
    カクカクする、画質が劣化するなど配信の品質が下がる原因となります。
    ニコ生側で再エンコードがかかり快適な視聴ができなくなる仕様という事です。

    運営側は安定した放送を目指すなら総合ビットレート750kbpsで設定を推奨

    動画放送で、途切れず安定した『高画質&高音質放送を目指す』『TSを残す』なら
    総合ビットレートは750kbps~上限2Mbpsの中で設定を決めれば良いと思います。
     


    4.具体的にどういう数値をいれているの?
    以下は、あくまで私の一例です。

    ▼私のPCの環境。前回のブロマガの時から変化なし。▼

    ▼グラボはこんなかんじ。▼


    簡単に言うと年季の入ったへっぽこPCですね!




    WoWS。ゲーム内容は公式見てくださいw
    簡単に言うと、CPU負荷がガッツリかかるお船でドンパチTPS系ゲーム。
    設定見るのに私がやってる放送コンテンツの中で一番解りやすいので、
    これを使って色々設定を変えながらテスト配信してました。

    ▼推奨スペックはこちら▼



     以前(見直し前)   ⇒⇒⇒    現在    
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      OBSStudio           継続      
     やります!あんこちゃん     継続     
         FMEA             使用不可       
     棒読みちゃん          継続     
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ※元々FMEAで自動枠取りをしていましたが、新配信では現在非対応のようです。


    先ほども記載したとおり、新配信の仕様では、

    総合ビットレートが2Mbpsまで対応になります。

    幅がとても広く自由度も高いので、私は扱う放送内容に応じて
    3種類のプロファイルを作成しました。
    以下、順番に記載していきます。
    画像はクリックすれば大きくした状態で見れます。多分。

    それぞれのタイトルは、『3種類の中で』という事で
    つけているので深い意味はありません。



    1)高画質高負荷用(上限2Mbps)
    総合ビットレート2Mbpsでプツプツになる・小停止する場合
    バッファをビットレートと同数にすると良いようです。
    バッファが多いと、動きが激しいときの映像処理の都合上
    映像ビットレートが増えて、本来設定したビットレート値を超えてしまう傾向があります。

    ▼左側 一般タブ▼


    ▼左側 配信タブ▼


    ▼左側 出力タブー配信▼
    CPU使用のプリセットについても細かく記載しました。
    自分に合うのを選んで下さいね。

    プロファイルの「High」はハイビジョン(HD)解像度向けです。
    これを選択します。

    ※録画は知らない!やんないから!自分でしらべてっ

    ▼左側 出力タブー音声▼
    音声ビットレート96や128にする場合は、1つ前の配信タブのトコの計算式にそれ入れて当てはめてね!


    ▼左側 音声タブ▼
    win10の再生録音デバイスの出し方は解らないけど、
    同じように44.1にそろえる必要があるみたいです。




    ▼左側 映像タブ▼

    ※新配信の解像度は800×450一択が標準になります※



    2)中画質中負荷用(上限1.5Mbps)
    x264プリセットファイル(任意)も軽めのものに。
    他のトコは基本的にあんまり変更してないです。



    3)低画質低負荷用(上限1Mbps)

    ▲お船・・・私はこれです・・・悲しい(´;ω;`)▲
    項目3に前述したとおりで、CPU(OBSに表示されるほうではなく全体の方)使用率を
    チェックしながらテスト放送をしていたのですが、どうしてもWoWSで戦闘に入った途端、
    一気にCPU使用率が常時90オーバーになるのでした\(^o^)/
    もしかしたら今回CPU使用のプリセットはいじらずに総合ビットレートだけでチェックしてたので、
    そこいじれば中画質いけるのかも?検討要ですね~(´・ω・`)


    5.あとがき

    頑張って編集しましたが、見づらかったらごめんね!

    『同じようにやったのにうまくいかなかった!』等ございましても、一切責任は負いかねます。
    新配信はマシンスペックや、個々の回線品質によって左右する仕様になっているためです。
    あくまで参考程度に考えて下さい。
    テスト配信を何度かして、自分の環境に合う設定にすることをお勧めします。自己責任で、お願いします。

    あ、映像ソースの扱い方についてはすばらしい外部ブログみつけたのではっときますw
                   __         / ̄\                
                  /ヽ. ヽ.     {  ね  }
                  { 丿 _人      ヽ | /
                / ̄ ̄   ヽ    )/
                /          \
                ,イ    ●        く ̄ ヽ
          _  / 、    _r、         ├-、}
      {{  r'´,ハ レ′\    ̄|[   ●     !__ノ
        { ̄ 〈/´    ヽ          /
        ヽ   _      ヽ、       ノ
         ヽ r( ノ )      ` ァ--r'´
          ヽ!   {       ,__ ノ
           ヽ   `      /
             ヽ----- '"              


  • 広告
  • 配信ツールの設定などについて。

    2016-12-10 05:32
    元々麻雀(天鳳)放送しかやってなかったので、
    そこまで画質気にしたことはなかったんだけど。
    いかんせん最近PCが重い!なんか色々バグる。


    あと最近はじめたお船(※WoWs)が、



    ゲームとして高画質な上、動きの激しいゲームということで
    高画質にあこがれた結果。


    配信ツールの見直しを決行

     以前(見直し前)   ⇒⇒⇒    現在    
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     NLE              OBSStudio  
     やります!あんこちゃん     継続     
     FMEA              継続     
     棒読みちゃん          継続     
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    これで大幅にCPU負荷が減って、放送が楽になりました。
    因みにOBSSはこちらから。
    http://variedtastefinder.jp/blog/?page_id=1829


    他にもいろいろ調べて、ゴネゴネ設定を繰り返して
    テスト放送もみんなに何度も何度も付き合ってもらって
    現在に至っております。



    まぁでも元々、こんな感じのもう5年くらいになる
    へっぽこPCを使っている私は、そんなに良環境ではないため



    出来ることもかなり、限られているわけです。
    元々WoWsの必要・推奨とされているスペックは以下のとおり。




    元々割とぎりぎり
    これに放送ツール立ち上げて放送しながらやろうって言うんだから頭おかしい


    まぁそんな愚痴はおいておいて。


    以下が、現在の
    (また変更するかもしれないですが)私の設定になります。
    物凄く高画質、とまでは(多分スペックの関係もあり)行きませんが、  
    覚書程度に残します。参考にする方は勿論『自己責任で』お願いします!




    ①WoWs側の設定について。



    現在の設定はこのようにしています。

    ゲーム側の解像度は1280*720、ウインドウモードでプレイしています。

    利点:ゲーム画面に対する文字の大きさを大きく表示でき、
       放送画面でも読みやすくすることが出来る。    

    欠点:そもそも画面が小さいのでゲームがしづらい。   
     (正直慣れてしまえばどうという事はない)       

    ※コメビュや放送ツールを、私は目で見て確認しながら         
     放送やゲームをしているので、ウインドウモードですが、       

     (^ω^)< コメビュでHNまで読み上げるし別に目視いらんわー   
     (^ω^)<そもそもモニターデュアルだし関係ないわw
    w      
     という場合には全画面モードでいいのかもしれないです。       

    こんな感じの画面でやっています。
    デスクトップにゴミ箱しかないのは私の仕様ですw
    あいてる黒い部分に放送ツール・コメビュ等を並べています。
    ②OBSSの設定について
    プレビューは放送開始前までは有効にしていますが、放送開始後は無効にしています
    プレビューの出ているところを右クリックすると有効化・無効化の設定が出来ます。
    キャプチャリングが決定している状態で放送開始するはずですので、基本放送中は不要だと思います。
    無効化することによりCPU負荷が低減されます。

    次に、設定についてです。
    ここまではきっとみんな共通。監視間隔はデフォルトだと60秒
    お好みですが私は10秒にしてあります。

    1) ビットレートの設定について http://bm2dx.com/live/bitrate.shtml  より一部転載
    ===============================================================
    ニコニコ生放送では19:30~2:00と2:00~19:30でビットレートの制限が違います。
    制限ビットレート上限は2:00~19:30までが480kbps、19:30~2:00までが384kbpsです。
    これは単純に放送枠が多い時間は384kbpsだけど、枠数が少ない時間は480kbpsまで使っていいよというものです。

    ここで気になるのが、「この境目の時間をまたぐ場合はどうなるの?」というもの。
    正解は「放送開始時間」です。具体的に言えば、19:29までに放送開始できれば480kで配信しても大丈夫です。
    例えば19:29~19:59までの枠であれば480kで配信できます。
    「放送開始時間が基準?」と聞いて人によっては気になることがあるはず。「延長した場合はどうなるのか?」
    ポイント消費で延長・コミュレベルによる特典の延長どちらも延長しても途中で上限が変わることはありません。

    NLEは自動で調整してくれますが、それ以外のXSplitやFMEといったソフトを使用している場合は
    手動で直す必要があります。配信開始する時間に合わせて設定する必要があります。
    ===============================================================

    以上のことから、私は上記時間帯に合わせ2通りのプロファイルを用意しています。
    プロファイルは簡単に複製できます。OBSSを起動→プロファイルタブ→複製



    あとは名前を適当な物に変更すれば、放送開始前に時間に合ったものを選択するだけでOKです。

    ■384kbps制限の場合
    ↓設定>>出力>>配信

     
    ↓設定>>出力>>音声



    ■480kbps制限の場合
    ↓設定>>出力>>配信

    ↓設定>>出力>>音声
    ********************************************************
    それぞれ、設定>>出力>>音声 のところは音声ビットレートが32になっています。
    これは最低限の音質です。音声ビットレートを低くすると、実は音質が聞くに耐えないほど悪くなってしまいます。
    音声ビットレートが32kbpsというのは、だれが聞いても音質が悪いと感じるレベルです。
    ただ、私は普段PCでituneを使っていて、同ソフト内に含まれるCoreAudio AACエンコーダーを利用することにより
    低ビットレートでも高音質で配信することができています。
    ituneがPC内にあれば、音声ビットレート32を選択した際、
    マウスカーソルを合わせるとこのように表示が出ます。
    ※特に設定の必要はありません。



    設定>>出力>>配信 部分のビットレートとバッファサイズは、上記音声の部分数値と関連があります。

    簡単に言うと、
    各種時間帯制限値合計ー音声ビットレート値=配信ビットレート
    配信ビットレート値を2倍にしたもの=
    配信バッファサイズ   


    と覚えておくといいと思います。
    どちらか1パターンを作成し、複製して
     設定>>出力>>配信 部分のビットレートとバッファサイズ を
    いじると楽にプロファイルを2つ作成できるのでお勧めです。

    あとは、いろいろな方がプリセットを共有くださっているので
    好みに合うものを探して設定してみましょう。
    OBSSは、旧OBSのプリセットも利用することが可能です。

    ********************************************************
    2)共通設定
    デスクトップ音声デバイスは規定
    マイク音声デバイスは自分の使っているマイクのデバイスを選択します。
    映像設定は、本当にやる放送内容や出力したい映像によって左右しますので
    テスト枠などで試しながらやってみてください。
    私は現在上記の設定で放送しています。
    ※Aeroを無効にする は、win8以降のOSを使っている場合には表示がされないようです。
     win7を使っている方は無効にしましょう。CPU負荷が軽減されます。

    ③自動枠取りについて
    私は以前と同様にFMEAで枠取りをしています
    配信内容の項目設定が慣れていてやりやすい為です。
    やります!あんこちゃんで枠取りするやりかたもあるようです。


    ④コメントビューアについて
    やります!あんこちゃん+棒読みちゃんで読み上げを行っています
    それぞれ自分に合ったコメビュを利用されるといいと思います。

    ====================================================

    いかがでしたでしょうか。
    FMEAと、コメビュについては色々な所で解説しており、
    私よりはるかに解りやすいので設定方法は割愛しました。

    OBSSについても私はまだ導入して間もなく、知識もないに等しいので
    もしかしたらもっと良い設定があるかもしれません。

    放送をする上で、高画質にしたいな~と思っても
    ニコ生では制限があり(超えた場合にはBAN対象になります)、
    なかなか難しいのが現実です。でも、決められた枠のなかで
    良いもの・ある程度満足のいく品質
    になればいいのかな~
    なんて思いながら設定・放送をしています。

    この記事はあくまで自分の設定が消えちゃったときの覚書きです。
    参考にはならないかもしれないのでただの自己満足です

    旧OBSについては細かい設定方法のサイトが沢山ありますが
    OBSSについてのサイトは調べれば調べるほどなんだか難しく
    しかも数が少なく、プリセットのサイトばかりで(※こちらにもだいぶ助けられています、感謝しています)
    自分の設定がある程度固まったら共有すればいいかな、と考えていましたので
    今回掲載に至りました。ただ、本当にPC環境は人それぞれ違いますので

    繰り返しになりますが、参考にされる方は自己責任でどうぞお願いいたします。

    2016.12.10 陽菜
                   __         / ̄\
                  /ヽ. ヽ.     {  ね  }
                  { 丿 _人      ヽ | /
                / ̄ ̄   ヽ    )/
                /          \
                ,イ    ●        く ̄ ヽ
          _  / 、    _r、         ├-、}
      {{  r'´,ハ レ′\    ̄|[   ●     !__ノ
        { ̄ 〈/´    ヽ          /
        ヽ   _      ヽ、       ノ
         ヽ r( ノ )      ` ァ--r'´
          ヽ!   {       ,__ ノ
           ヽ   `      /
             ヽ----- '"
    自己責任って便利な言葉ね。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー