• シャドウバーズ、値引き冥府エルフレシピ

    2016-07-10 01:01
    最近シャドウバースやりだして自分なりのデッキで戦ってるんだけれども、試しに今流行ってる「冥府エルフ」でも作ってみようかなと思ったらかなり高い(´・ω・`)
    約2万個ものレッドエーテルを必要とします。
    何が一番値を張るかは基本的にレジェンドカード。
    冥府エルフはなんだかんだで3枚のレジェンド(エンシェントエルフ)が必要。
    となると・・・

    レッドエーテル3500個×3枚=10500個

    まぁ普通に厳しい量よね・・・゚(゚´Д`゚)゚
    いくらリセマラしたとしても流石に3枚分のレッドエーテルを用意するのは厳しいのかなって思うな...

    ってことで少し考えてどうにか代用の効くものがないかをちょっと考えてみたところ、似たような効果のあるカードがあることに気づきました。


    「天翼を食う者」 コスト6 ATK6 HP6
    ファンファーレ:手札を全て捨て、捨てたカード1枚につき+1/+1する。


    お気づきの方は効果を見てすぐに分かるのかもですが、
    着目点をフィールドから手札に変えて考えました。
    これには勿論メリットとデメリットがありますのでそれは後々。。。



    ごめんなさい前置きが長くなってしまいました。
    それではデッキレシピの公開です!










    2枚目は、一番右の2枚のカードのみ見ていただく感じになります。

    必要レッドエーテル数は12950個(たぶん)
    内容は レジェンド0 ゴールド13 シルバー8 ブロンズ19
    デッキ内容の確認は、申し訳ありませんが画像を見て頂くようお願いいたします。



    ではまず先にメリットとデメリットを・・・

    ★メリット★
    ・手札の豊富さを生かした構成で強アタッカーの生成が可能。
    ・強アタッカーの生成が可能になるため冥府以外でのダメージソースが増加。
    ・天翼を食う者により墓地生成の加速化


    純粋に冥府でのダメージソース主体から、飛び道具込みの強アタッカーを配置でより場を支配する考えをした構成になっております。
    手札が7枚あれば場に出したと同時に+7/+7するわけですから、多少強引に相手フォロワーを倒しても必殺持ちでなければ場に残って圧倒できるわけですね。

    ★デメリット★
    ・圧倒的守護不足
    ・冥府発動も条件での構成のため、冥府発動が遅れると厳しい
    ↑足の早いデッキの対応は非常に難しいかと。。。
    ・そもそもめっちゃ使いづらい(初心者向けではない)

    考えながら戦わなければならない以上非常に繊細な戦い方を必要とします。
    仮に1手やり忘れがあったとしたら、その1手に泣くかもしれません。
    また、守護がいないために足の速い相手には非常に不利になります。
    フォロワーはあくまで相手のフォロワー除去の為に使うことになると思います。


    ・・・まぁそれでも一般的に流行ってる冥府エルフと同じでデッキの構成を多少弄れば対応できるものが変わると思いますので、あくまで僕のデッキレシピは参考程度に取っていただいた方がいいのかなって思います。
    一応自分で使う限り結構な勝率ですね。ドラゴンやウィッチ、ビショップが相手であればそこまで苦にして戦うことにならないと感じました。
    足の速いデッキを使うロイヤルや、ネクロマンサー、エルフはより集中して戦わなければならないと思います。




    ◎立ち回り
    ・序盤は自分へのダメージを最小限に抑えつつ手札枚数を多めに維持。
    ・進化の使いどころはやって覚えるしかないです。
    ・勿論「新たなる運命」は手札が多い時に使うほうがいい。
    ・「光の道筋」は「新たなる運命」と「天翼を食う者」で捨てられた時に生きます。
    ・状況に応じて先に冥府を貼っておくのもアリ。逆にある程度墓地が肥えてから発動でもよし。
    ・3枚ある冥府を全部場に出す必要はない。1枚張ればおk。2枚、3枚あれば勿論強力だが、欲張るのは禁物。
    ・根源への回帰は敵フォロワー回避のために使う。デッキに2枚あってもいいかも。
    ・白銀の矢は手札が豊富だからこそできる芸当。無理に打つ必要はない。
    ・効率を考えて墓地にカードを送る。30枚いけばこっちのもんだ!頑張れ!

    さくせん:いのちだいじに



    個人的に変えどころは「白銀の矢」が筆頭。
    これを「根源への回帰」に変えたほうが防衛力は増すと思いますね。
    なんかいい案があれば教えていただけると嬉しいです!


    さて、いろんなデッキがありますけれども自分が考えたデッキで勝てれば勿論嬉しい!
    こうやってデッキレシピを見て作って勝っても爽快感はある。
    楽しみ方は人それぞれですからね!是非ともみなさんも楽しくプレイしてくれればと思います。

    最後までご覧になった方、誠にありがとうございました!!
  • 広告
  • パチンコ、パチスロを低貸で楽しめればおk & RINOの話をしたかった

    2016-04-11 00:27
    最近は収入上の関係と同棲をしようとしているので資金集めのために通常レート1(4ぱち、20スロ)ができてません。
    それでもなんだかんだで4スロとか1ぱちとか・・・
    そういうので気軽に楽しんでみるのもアリなのかなって思えるようになってきた今日この頃。


    そういえば最近の新台の「逆転裁判」打ちましたよ!
    ありゃ面白い!本当にSTの常識に意義有り!って感じのシステムだった!

    ちなみに僕が当てた時に選んだのはセット数で継続するかってやつ。
    多分だけど、あれは
     「STの最終回転までに次回継続を引き当てていれば(2Ror16R)続く」

    って感じ?
    まぁ簡単に言っちゃうとおしおきピラミッ伝のSTに回数制限が付いたもん?
    いや違うな、牙狼の桃源の笛だっけ?あれに近しいものを感じたかな?

    要するに今までのとはちょっと違ってて新鮮味があって面白かったと思います。


    ・・・そんなこんなで結構低貸でも楽しんでやってたりします。
    ただ釘は酷いわスロも設定が中間以下濃厚だわあんま勝つには厳しいのかなって印象。
    多分パチンコの方が勝率はよさそうだけど右打ち時のセンサー付近低貸だとかなりマイナス調整なのでヘソで落ちるリスクはあるかな・・・・


    -------------------------------------------------------------------------


    話は変わって最近の爆発機であるRINOの話。
    これ結構俺は甘い印象なんだけどみんなはどうなんだろうかな?
    ・設定変更でトマト揃い状態(以後高確)スタート
    ・前日高確で終わりなら設定変更関係なしで高確状態引き継ぎ
    この時点でかなりのハイエナできそうじゃんw

    可能性として言えそうなのは可動が強い店にあるのならリセットかかってる状態もあるかも
    他には前日調査で高確で落ちてたら次の日の朝一はそれ狙い
    落とさなきゃボナ連も全然狙えるしこれは結構狙い目かと。


    それで最近気になっているのが「トマト3択」の件。
    あれマジ?それならちょっとした自力感も否めないけど・・・
    それを察知するのが中押しor逆押しらしいですね。
    僕のおすすめは断然中押し青7狙いですが。

    まぁ多分本当か嘘かはわからないけど楽しむ要因としてはすごいいい噂だと思う。
    トマト3択もそうだけど落ちるときも2択とか色々あるみたいなので、また打ってみたい台だと思いました。

    最近ではRINOを詳しく解説しているサイトや動画もあるのでぜひ見てみてほしいです。
    きっと打ちたくなるかな!

    ま、そんなこんなで最近もなんだかんだといろいろありますが少しは楽しんでますので。
    スロ実機配信とかしてみたいね。持ってないけど・・・・
  • これを見ればよりパチンコが楽しくなる!?牙狼魔戒の花の適当なネタバレ!

    2015-11-01 21:30
    牙狼魔界の花の導入に伴いやっぱり客付きは上々なようですね!
    しかしながらたぶん牙狼シリーズを見ずに打ってる人もかなりいると思います。

    ということで簡単にストーリーをネタバレしてパチンコをより楽しく打ってもらおうかなと!


    まず今作に関しての僕自身の感想・・・というか昨日ちょっと打って思ったのですがやっぱり牙狼シリーズは冴島家に限りますな!
    あのゴリr・・・じゃなかった流牙もイイにはいいけどって感じですね
    あとよく言われてる新基準前に入れてきたから釘がしばらく甘いだろう情報はどうなんでしょうかね?
    僕が言ったホールは低貸専門からかかなり渋いことになってました。慶次よりは遥かにマシでしたが。


    では簡単なネタバレ!

    今作はエイリスというのがラスボス。
    1stバトルに戦うギルはエイリスを復活させる原因を作っちゃった人。
    ラスボスのエイリスを復活させないためにST中の演出では石版を揃えようとしていた。
    結局は復活してしまうがみんなで協力して倒します。
    ちなみに黄金になれのお話とは全く別で時系列的にはファイナルの後になります。
    黄金になれはパラレルワールドみたいなもの。


    ・冴島雷牙 主人公
    この人が今回の主人公ですがファイナルに出てた鋼牙とどういう関係か気になりますよね?
    実は息子です!

    じゃぁ・・・鋼牙とカオルはどうなったか?
    このふたりは暗闇(簡単な表現で)に引きずり込まれました。
    正確には初めにカオルが引き込まれます。それを救出しようと鋼牙が追っかけて行った、
    追っかけて行って帰ってきていない状態が作中になります。
    ちなみに雷牙が幼少期の話です。

    個人的な観点になりますが雷牙は黄金騎士で最強じゃないかと思えるレベルの戦いをします。
    中国拳法?を取り入れた戦いですが何より鞘も武器として使うのはなかなかいません。
    また、戦い方が鮮やかなのが彼の特徴です。


    ・ゴンザ 癒し
    相変わらずのキャラクターですが2人がいなくなった後にしっかりとお世話をしていたようです。
    特に言うことはありませんが次に書きますマユリとの関わりでは人の暖かさを教えてくれたりする流石おじいさんポジって感じになってます。


    ・マユリ ヒロイン?
    雷牙と組む今作の一応ヒロインポジです。
    マユリという名前ではなく正確には「マ号ユリ型」だったかな?
    番犬所という魔界騎士に命令を下す場所や他の魔界騎士には人扱いをされていません。
    そんな中人としての扱いをしてくれている(くれるようになった)のが雷牙を含むその周辺の登場人物となります。
    また石版を取り込み封印するのが彼女の役目です。それが故に人の扱いをされてませんでした。
    あと、これはそこまでパチンコでは重要じゃないですが記憶がなくなるというかリセットされるようです。これはどのタイミングかはちょっとわすれましたけど、彼女の「おはよう」っていうドラマ最終回のセリフはそれでも雷牙たちを覚えていたことを表していたのかもしれませんね。パチンコの演出であるようです。


    ・クロウ 仲間
    まぁどうでもいいけどよくいう仲間ポジ。
    この人も最初はマユリを人扱いしませんでしたが、あることをきっかけに人として扱うようになりました。
    感情を表に出さないのが特徴。
    ギルの部下です。


    ・びくう(漢字めんどいのでひらがなで) 一応仲間
    一見重要そうに見えてそうでもないのでしらなくていいです


    ・零 魔界騎士ゼロの人
    ファイナルでも出てたけどこの人は雷牙の師匠になりました。
    鋼牙との約束で師匠を勤めてくれていたようです。
    ある程度の魔界騎士としての修行を雷牙に教えた後、カオルと鋼牙を追っていなくなりました。


    ・ギル 黒幕で、最終的に仲間
    1stバトルの人。
    実は魔界騎士で魔戒法師の技も使えるというすごい人。
    魔界騎士界では上位にあたる立場で実はめっちゃ偉い。
    でもエイリス復活させちゃおうとした人w
    その原因は恋人が死んでしまったのを復活させたかったから。
    勿論失敗してその上に自分の罪を認めちゃうというよくわかんない人。
    最終的に仲間としてエイリス阻止に参戦します。

    ・その他
    しらなくてもいいです。


    ・・・てな感じですね。
    基本的にST中はエイリス復活の阻止を目的とした演出になってますね。
    あの感じだとめっちゃギル悪い奴そうですが実はそうでもないです。
    てかドラマ自体が結局みんながみんな協力しちゃってるのでエイリスとかホラー系の奴しか悪くない感じになってます。

    めっちゃ大雑把になってますがこれくらいの知識でいればそれなりにわかって打てちゃうと思います(笑)
    じゃぁ今回はこんな感じで!最後まで見てくれた人はありがとうございました~