• 【甲魔剣士の追憶譚】公開開始のお知らせ

    2021-03-05 21:02
    『甲魔剣士の追憶譚』が、ふりーむで公開されました。
    RPGツクールMV製になります。

    ダウンロードはこちら(Freem!様サイト)

    本作で完結しています(別の国で別の物語があるかもしれませんが)。
    作者としては、とりあえず序章までやってほしいですね。

    バグ報告や質問等、返信が必要な場合はこちらのコメント欄やツイッターなどでお知らせください。
    作者はFreem!のコメント欄に返信できません。
    感想等は随時お待ちしております。

    〔クレジット〕
    当作品は数多くの素材を利用させていただきました。以下のとおり著作権明示します。
    詳細は「@Readme」に記載してますので、ご確認ください。

    <グラフィック系素材>
    ・瀬尾辰也 様;TEDDY-PLAZA
    ・コミュ将 様 ;コミュ将の素材倉庫
    ・涙 様;トワエモア 
    ・晴川けーじ 様、観月らん 様;MoonWind
    ・エタナラ 様;今日のエターナラーの画像置き場 
    ・忠藤いづる 様;三日月アルペジオ 
    ・qut 様;アンデッドとか好きだから―――ッ!!! 
    ・永久力吹雪 様;新・冷符【サークルオブナイン】
    ・からし 様;Un Almacen
    ・藤宮翔流 様;藤宮翔流のひきだし
    ・tktk 様;Material Forward
    写真AC
    ・大角豆・洋汰 様
    ・誰得・らくだ 様(青い・らくだ 様)
    ・おっきー 様
    ・『片倉響・ボスセット素材集 ~闇の支配者~』(C) 2016 Katakura Hibiki.
    ・『MVモンスター素材集・片倉響ver Vol.1』(C) 2016 Katakura Hibiki.
    ・『Seraph Circle:モンスター素材集1』(C) JosephSeraph (C)2018 Degica.com
    ・『パラレル・ヒーロー素材集』 (C) 2017 Gee-kun-soft
    ・『トキワグラフィックス バトル背景素材 第1~4集』(C) STUDIO TOKIWA
    ・『EssentialsSet』Lunarea 様
    ・(C) 2015 KADOKAWA CORPORATION./Yoji Ojima
    ・(C) 2018 Gee-kun-soft
    ・(C) Marimo
    ・(C) 2015 KADOKAWA CORPORATION./YOJI OJIMA.

    <楽曲系素材>
    ・大嶋啓之 様;Perfect Vanity
    ・background 様;SLOS
    ・むつき醒 様;PeriTune
    ・多夢 様;TAM Music Factory
    ・月人 様;MoonWind
    ・Napi 様;M-ART
    ・KOUICHI 様;魔王魂
    ・ユーフルカ 様;Wingless Seraph
    ・三崎新 様;三崎新note
    ・Golmont 様;音楽素材ダラネタ
    ・takai 様;音楽の卵
    ・chair 様;机上の空想理論
    ・栄樹 様;On-Jin ~音人~
    ・Killy 様;効果音ラボ

    <プラグイン>
    ・Declare War 様
    ・Firgof 様
    ・hiz 様
    ・mo-to 様
    ・RM CoreScript team 様
    ・Ruたん 様
    ・Sabakan 様
    ・tomoaky 様
    ・Toshio Yamashita 様
    ・TYPE74RX-T 様
    ・Yana 様
    ・YOJI OJIMA 様
    ・イロスマRPG制作委員会 様
    ・エビ 様
    ・こま 様
    ・しぐれん 様
    ・トリアコンタン 様
    ・にゃたま 様
    ・ビービー 様
    ・フトコロ 様
    ・まっつUP 様
    ・マンカインド 様
    ・奏ねこま 様
    ・神無月サスケ 様
    ・砂川赳 様
    ・茶の助 様
    ・村人A 様
    ・木星ペンギン 様

    お借りしている素材量は、過去最多かもしれません。
    本当にありがとうございました。








  • 広告
  • 【甲魔剣士の追憶譚】キャラクター紹介②(仲間・その他の人物)

    2021-02-28 17:53
    甲魔剣士の追憶譚の人物紹介……要は前回のブログの続きです。

    過去作に登場したキャラクターもいますね。
    時系列としては、『王都ヴァルムの魔導戦記』から3年後、『栄えし国の探訪録』『虚ろな国の風来伝』とほぼ同時代です。

    【仲間になるキャラクター】 
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    フィリス 【武器】擲刀(手投げナイフ) 【魔法】雷 
    ダリア公国のイングナル地方を治める貴族で、アインやソラとは顔見知り。武器の投げナイフは、5年前に放火で亡くなった伯爵から教わったもの。
    素早さを生かした攻撃、魔法にサポートもこなせる万能型。また貧乏貴族のためか、アイテムの使い方が上手という特性を持つ。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ミレイ 【武器】符 【魔法】氷 
    倭国近郊の集落から、行方不明となった兄を探すため来訪した少女。『影術』という不思議な力が扱えるが、それ故に……。
    全体的なステータスは低めだが、『符術』や『影術』でのサポートが得意。さらに、戦闘中1度だけ戦闘不能になっても復活できる特性を持つ。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    グレイヴ 【武器】両手剣 【魔法】無し 
    公爵家直属の親衛隊である『フィアナ騎士団』に所属する騎士。父親である副団長フィンは《守護神》と呼ばれる凄腕の騎士。
    固い守りで仲間を庇いつつ、高い攻撃力で敵を吹き飛ばす戦法を得意とする。魔法が使えず、素早さが低い点には要注意。


    【その他のキャラクター】 
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    レクタール 
    三大聖術士にして世界三大剣豪の一角で、ソラの師匠に当たる。その実力から《白銀閃士》の異名を持つ。
    アインやソラにクルードの調査への協力を要請したが、その意図は……?

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ミリィ 
    旅先で出会う、《精霊術士》の女性。普通の人には見ることができない”精霊”を視認・使役することができる。
    クルードと顔見知りで事情も知っているが、なぜかクルードにも黙ってダリア公国の動向を調査しているようで……?
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    カランダール
    公爵の称号を有する貴族で、ダリア公国の統治者に相当する人物。あまり人前に出ることはないようだ。
    裏で何らかの計画を進めているようだが……。

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    シン 
    ある術により、全身が”黒影”となっている男性。
    アイン達とは『ある場所』で出会うことになるが……。


    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    それ以外にも色々なキャラクターが登場します。
    分からなくなったら、適宜『人物事典』をチェックしてみてください。
    最後にスクリーンショットを載せて、近くゲーム公開としたいと思います!









    ※画像は開発中のものになります。
  • 【甲魔剣士の追憶譚】キャラクター紹介①(主要人物)

    2021-02-25 23:14
    どうもこんばんは!

    『甲魔剣士の追憶譚』ですが、すでに一通り完成しており、現在は実際のプレイ環境でテストプレイしている段階です。
    何度もプレイしているはずなのに、普通に楽しい!
    公開まではしばしお待ちを。

    今回は『甲魔剣士の追憶譚』の主要キャラクターの紹介です。
    次回はその他のキャラクターを紹介して、その次はいよいよゲーム公開……という流れの予定です。何事も起きなければ、ですが。

    【主要キャラクター】 
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    アイン 【年齢】15歳 【武器】素手 【魔法】無し 
    ツェント帝国でかつて隆盛を誇っていた武器メーカー〈アーミナル商会〉の元会長、《死の商人》レオニダの息子。父親は故人で、様々な経緯から聖メディシア法国で生活していたが、《白銀閃士》レクタールの指示でクルードの調査に協力する事に。なぜか武器が嫌いで、調査も乗り気でないようだ。

    (作者からコメント)
     王道RPGを謳っているゲームなのに、経歴も、武器も、性格も、何もかも王道から外れたキャラクター。武器がないという事は「鍛冶」も出来ないし、その上魔法も使えないとなると、戦闘は大丈夫なのか……?とにかく、実際に確かめてほしい。

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ソラ 【年齢】15歳 【武器】長剣 【魔法】無し 
    ダリア公国の『とある里』出身で、現在はルファミア教会ヘスト支部に所属している少女。《白銀閃士》レクタールに師事しており、直伝の長剣を元気よく振るい、聖術も得意としている。アインと同様にレクタールの指示を受けクルードに協力するが、アインと異なり調査には前向きである。

    (作者からコメント)
     アインと打って変わって主人公らしいキャラクター。戦闘の性能も主人公らしく、攻撃、魔法、回復、補助と何でもできる。唯一の欠点は、レクタールの事を尊敬しすぎていてヒロイン属性が足りない点。あれ?これは本当に王道RPGなのか?

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    クルード 【年齢】15歳 【武器】銃杖(&小楯) 【魔法】水・炎 
    ヴァリアーム王国出身の、術士の明るい少年。故郷で『ある事件』が起き、その原因がダリア公国にある武器メーカー〈レイモンド社〉に関係していると思われたため、女王の命を受け調査をする事に。高い術力を生かした魔法が得意だが、銃杖による攻撃やサポート、小楯による防御術も侮れない。

    (作者からコメント)
     『王都ヴァルムの魔導戦記』に登場したキャラクターで、ご存知の方は既に色々と思う所はあるかもしれない。勿論、未プレイでも問題ない作りになっている。というか、今さら40時間前後のゲームをプレイしろなんて口が裂けても言えないのである。



     せっかくなので、世界地図と、物語の舞台となるダリア公国の地図を載せておきます。
     名前がズラズラ書かれてますが、「絶対に覚えなきゃいけない」という風にはしていないつもりです。また、地図はゲーム中にいつでも見れるので、気になったタイミングで確認していただければ。


    ▲大陸概略地図(再掲)。これ以外にも国はあるが、本作に関係する国のみ表示している。


    ▲ダリア公国の地図。物語の始めは「新興都市ヘスト」のあるヘスト自治州から。「ヘスト」の名前は、過去作に少しだけ登場しましたね。