ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【甲魔剣士の追憶譚】ゲーム紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【甲魔剣士の追憶譚】ゲーム紹介

2021-02-21 19:03
    現在開発中の「甲魔剣士の追憶譚」のあらすじとかを紹介します。
    何事もなければ3月中に公開できると思います。予定は未定。
    3月21日が「王都ヴァルムの魔道戦記」公開2周年らしいので、それに合わせて……
    とも思いましたが、まあ別に気にせず完成したら公開します。

    <ゲームのあらすじ>
     これは、3人の少年少女の物語である。
     
     ヴァリアーム王国の術士、『クルード』。
     故郷で事件があり、その原因と思われる武器メーカーを調査するため、
     「銃杖」と「小楯」を手に、一人ダリア公国を訪れる。

     明るく元気な少女、『ソラ』。
     師である《白銀閃士》レクタールからの要請を受け、クルードに協力することに。
     直伝の「長剣」を元気よく振るい、聖術も得意とする。

     この二人に、「格闘術」の心得がある少年『アイン』が加わる。
     《死の商人》と呼ばれた武器商人レオニダの息子であるが、
     どういうわけか、彼が武器を持つことはなかった───

    <ゲーム概要>
     ・世界観やストーリー重視の、王道ファンタジー長編RPGです。
     ・シナリオは章構成となっておりで、基本的に一本道です。
     ・想定プレイ時間は15~20時間程度です(やりこみ程度による)
     ・前作までのシリーズと世界観は同じですが、未プレイでも問題なく遊ぶことが出来ます。
     ⇒本作の関連作品「王都ヴァルムの魔導戦記」「栄えし国の探訪録」「虚ろな国の風来伝

    <バトル>
     ・敵味方の行動順が随時表示される『カウントタイムバトル制』を採用。よりスピーディかつ戦略的な戦闘が楽しめます。
     ・ゲームオーバー時にリトライ可能(一部除く)、「敵の情報」がいつでも確認可能、「奥義」の演出、戦闘中の戦技習得、メンバー交代など、戦闘を楽しむためのシステムを搭載。

    <主なシステム>
     ・RP(リサーチポイント):上手に旅を進めると増え、貴重なアイテムが入手できる。
     ・会話(スキット)システム:街や街道を歩いている時に仲間と会話できる。
     ・人物事典:仲間や出会った人の情報が確認できる。情報は随時追加・更新される。
     ・目標の確認:次にどこに行くべきか、いつでも確認できる。
     ・ゲームパッド対応。キーコンフィグも可能。



    ▲タイトル画面


    ▲大陸全土の概略地図。舞台はダリア公国のみですが……。※ダリア国内の地図もあります。


    ▲今作も『人名事典』完備。物語が進むにつれて、情報が追加・更新されていきます。


    ▲戦闘画面。「敵の情報」から相手のステータスや耐性等も確認できます。

    ※ゲーム画像は開発中のものになります。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。