恒例の6月の道交法追加変更
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

恒例の6月の道交法追加変更

2020-06-03 21:00
    今回も結構盛りだくさんですな、まず高齢者の更新時再試験、これな結構前からずっと言ってますがホンマ限定的であんま意味ないんじゃないのか?と思えますその概要とは

    一定の違反歴がある75歳以上のドライバーが免許を更新する際に実車試験(運転技能検査)を新たに義務づける。技能が基準に達しない場合は免許を更新できないが、更新期限の6カ月前から繰り返し受験できる。違反歴の対象は過去3年間の信号無視や大幅な速度超過などを想定。試験の内容や認知機能検査の見直しについて有識者会議で議論し、21年6月ごろまでに決める。

    結局違反が無ければそのまま素通しである、個人的な意見では免許にicが付いてるのだから車両側にスロットを設け年間総距離を記録して一定に満たない時点で年齢に関係なく再試験が望ましいとおもわれます、最近ちょっとこいつら乗らせたらあかんやろ?っていうへたくそなのが多すぎてきけんきわまりないです。

    次に妨害運転罪の新設、これもやっとか?といった所ですが急ブレーキなんかも要項に入っているので自衛のためにも前後ドラレコは付けておきましょう。しかし、後方からのあおりで急ブレーキでオカマを掘らせる行為が一部で合法という判断もあることから今後の動向が気になりますね。

    次はサポカー限定免許の新設だそうで、これを導入するなら一律試験にして落ちたやつらは一律この免許にしてしまうっていうのも手だと思うんですよね。まぁ、今は自動運転と言ってもレベル3には程遠い糞みそな物ばかりで、俺の理想とするナイト2000には程遠い代物なので無い様な物ですが。

    最後にこれですが「あおり運転によって死傷事故を起こした際に危険運転致死傷罪を適用するための自動車運転処罰法の改正案も審議されている
    これは故意にやってるんだから危険運転じゃなくて暴行罪、暴行致死罪を適用してもらいたいです、こういう輩は1年で出てきても屁とも思っていないので20年はブチこんでいただいて精魂尽き果てたら開放してやるくらいがちょうどいいんですよね。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。