• 川崎「スパーキングサマーカップ」 2019年8月22日の注目レース

    2019-08-21 21:002
    川崎競馬11レース「第16回 スパーキングサマーカップ」
    (古馬・地方全国交流重賞・1600m)


    ◎(本命) (8)番 トロヴァオ
    ○(対抗) (9)番 ロイヤルパンプ

    ▲(単穴) (11)番 センチュリオン

    ☆(特注) (4)番 トキノパイレーツ

    △(連下) (7)番 ソッサスブレイ


    <期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=D  3連複BOX=D

    大混戦のメンバー構成だが、本命はトロヴァオに打った。川崎コースは4戦して勝利がないが、5月の川崎マイラーズでは一昨年と今年がともに2着。唯一の着外も全日本2歳優駿4着なら、川崎コースに対する適性は相当高いと考えていいだろう。前走サンタアニタTから約3週間と、珍しく間隔を詰めてきたのは気になるが、逆にいえばそれだけ状態面に自信があるということ。それならコース適性を味方に、混戦を抜け出すとみた。

    ロイヤルパンプは前々走、同条件で行われたOP特別における7馬身差逃げ切りが出色。同型は揃っているが、ハナを奪えば押し切る力はあり、これが対抗評価。センチュリオンは中央時代に1度だけ使ったマイル戦がOP特別2着なら距離OKだが、追走に苦労して終わる可能性も高く、今回は単穴評価まで。川崎マイラーズ4着のトキノパイレーツは、当時トロヴァオと同斤だった斤量に1キロ差がついた今回、逆転まで視野に入りそうだ。

    一方でマリーンCを制した(3)番ラーゴブルーは、前走スパーキングレディーCで昨年に続く出遅れ。川崎コースがトラウマになっている可能性もあり、今回は印を抜く。また(14)番ハッピースプリントも、一頓挫があって状態面が微妙なら、重い印は打てない。押さえで許される馬ではないので、こちらもノーマークとした。

    (出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
    (詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


    明日以降の予定
    8月25日 ビューチフルドリーマーカップ(水沢)、建依別賞(高知)

    8月28日 アフター5スター賞(大井)

    8月29日 岐阜金賞(笠松)


  • 広告
  • 金沢「読売レディス杯」 2019年8月20日の注目レース

    2019-08-19 21:001
    金沢競馬9レース「第37回 読売レディス杯」
    (古馬牝馬・地方全国交流重賞・1500m)


    ◎(本命) (5)番 エイシンテースティ
    ○(対抗) (10)番 エイシンエール

    ▲(単穴) (3)番 スプリングガール

    ☆(特注) (11)番 サノラブ

    △(連下) (9)番 ステップオブダンス、(8)番 ミスアンナ


    <期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C

    ここは園田から参戦する2頭を強調するが、本命に抜擢したのはエイシンテースティの方だ。中央未勝利から転入後11戦8勝と、3着を外さない安定感で出世してきた中で、特筆されるのが唯一3着だった前々走。勝ったヒダルマは先週行われた摂津盃を無傷の12連勝で制し、4着には先週笠松で行われたくろゆり賞で3着に入ったペリステライトがいた。重賞級の力量馬と渡り合える地力があるなら、重賞初出走でも戦えると判断。また新たな新星誕生の予感に賭けてみた。

    対抗評価のエイシンエールは、前走兵庫サマークイーン賞がスタートで大きく出遅れながら、直線鋭く追い込み重賞初制覇。素質開花を感じた1戦だったが、じっくり乗れる長めの距離が良さそうなので、ここは割り引いた。穴なら目下充実期にある高知のスプリングガールで、前走トレノ賞2着が本物なら、このメンバーでも互角に戦える。単騎で逃げればしぶとい地元のサノラブも、展開ひとつでチャンスはあるだろう。

    (出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
    (詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


    明日以降の予定
    8月22日 スパーキングサマーカップ(川崎)

    8月25日 ビューチフルドリーマーカップ(水沢)、建依別賞(高知)


  • 水沢「ダイヤモンドカップ」 2019年8月18日の注目レース

    2019-08-17 21:001
    水沢競馬11レース「第39回 ダイヤモンドカップ」(3歳重賞・1600m)

    ◎(本命) (9)番 パンプキンズ
    ○(対抗) (3)番 リュウノボサノバ

    ▲(単穴) なし

    ☆(特注) なし

    △(連下) (6)番 ヤマトタケル、(1)番 エバーフレイム


    <期待度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

    昨年までは“岩手ダービー”のサブタイトルを付して実施されていたが、今年からは秋シーズンにおける3歳路線の開幕戦として、不来方賞の前に置かれることになった。特別競走だった時代から春シーズンに実施されてきた1戦なので、オールドファンはこの時期に行われることに違和感を覚える人もいると思うが、これによって有力馬が居続けやすくなったことは確かかも知れない。

    東北優駿を制したパンプキンズが、ここから秋シーズンをスタートする。その東北優駿はいつも通りの好ダッシュからハナを奪うと、最後まで後続に影を踏ませず逃げ切り勝ち。単騎で逃げた時の強さを大一番で発揮して、ダービー馬の称号を手にした。今回はグレートアラカーなどのライバルも不在で、よりスピードが活きるマイル戦なら、勝ち方が問われる1戦。大外枠でもハナを奪い、圧倒する走りを見せてほしいと思う。

    予想としては2着探しになるが、その筆頭格にリュウノボサノバを取り上げる。やまびこ賞とウイナーCで3着という実績は物足りなく映るかもしれないが、パンプキンズ以外なら実績上位。前走でマイル戦を勝ち、距離にメドを立てたことも好感が持てるので、2着争いなら十分抜け出せる。やまびこ賞では1.1秒の差をつけられたが、ここから詰めることが出来るだろうか。

    ヤマトタケルは岩手だけの戦績なら、5戦3勝2着2回。崩れた1戦はスタートで出遅れたもので、五分のスタートなら自慢のスピードで結果を残してきた馬だ。ただし逃げ絶対というタイプではないので、逃げるだろうパンプキンズに競り込んで、潰れる形は想定しにくい。上手く好位で立ち回り、2着争いを制する可能性は十分あるだろう。

    中央未勝利で転入後2連勝を決めたエバーフレイムは、その勢いで参戦した前走ひまわり賞では3着。ただしこの時勝ったエムワンピーコは、東北優駿でパンプキンズと1.3秒離されており、それに9馬身負けたという事実から目を逸らすことは出来ない。末脚が嵌る展開になった時に、台頭する余地があるという評価が精一杯だ。

    更に手を広げるなら、意外と水沢コースと相性がいい(8)番コンバットミニスタだが、あまり手を広げるレースではない。余程配当面に魅力があれば一考の余地はあるが、予想としてはノーマークとして、絞らせていただいた。

    (出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
    (詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


    明日以降の予定
    8月20日 読売レディス杯(金沢)

    8月22日 スパーキングサマーカップ(川崎)

    8月25日 ビューチフルドリーマーカップ(水沢)、建依別賞(高知)