高知「福永洋一記念」 2017年4月26日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高知「福永洋一記念」 2017年4月26日の注目レースPART2

2017-04-25 20:15
  • 1
注目レース 高知競馬9レース「第8回 福永洋一記念」
(古馬・重賞・1600m)

◎(本命) (2)番 サクラシャイニー
○(対抗) (5)番 ロジテースト
▲(単穴) なし
☆(特注) (4)番 カッサイ
△(連下) (6)番 カイロス、(1)番 サトノキングリー

<期待度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=C  3連複BOX=A


先週の二十四万石賞や、明日笠松で行われるオグリキャップ記念に向かった馬もいたことで、サクラシャイニーにとって戦いやすい組み合わせになった。スピード馬の印象が強いが、ベストの舞台は地方転出後5戦無敗のマイル戦。いつも通りの走りを見せれば、一昨年に次ぐ2度目の制覇は確実ではないだろうか。

相手筆頭には、転入初戦の前走を制したロジテーストを抜擢。前走は初めての1400m戦で、追走に苦労しながら差し切ったので、1ハロンの延長はプラスになるはず。黒潮スプリンターズCでインディウムを破った1戦が光るカッサイも互角だ。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)

このあと、門別競馬・コスモバルク記念の予想記事を掲載します。

広告
×
福永洋一記念結果

1着 △ (6)番 カイノス(4番人気)
2着 - (7)番 メイショウソレイユ(8番人気)
3着 ☆ (4)番 カッサイ(2番人気)
5着 ◎ (2)番 サクラシャイニー(1番人気)

サクラシャイニーは間隔が詰まると良くない馬だけど、今日の負け方はそれとは違うような・・・衰えではないと思うので、次走どんな形で出て来るのか注目したい。一方で強行軍が危惧された、二十四万石賞組が1-2フィニッシュ。勝ったカイロスは厳しい流れを押し切っており、充実ぶりを感じる走りだった。
27ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。