盛岡「やまびこ賞」 2017年4月30日の注目レースPART1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「やまびこ賞」 2017年4月30日の注目レースPART1

2017-04-29 19:00
  • 1
本日は盛岡・金沢・ばんえい帯広で重賞が行われますが、発走時刻順に記事を掲載していきます。なお金沢とばんえい帯広競馬については、簡略対応となりますのでご了承ください。

注目レース 盛岡競馬11レース「第30回 やまびこ賞」(3歳重賞・1800m)

◎(本命) (6)番 キングジャガー
○(対抗) (4)番 オールザベスト
▲(単穴) (10)番 サンエイリシャール
☆(特注) (8)番 ブラックロード
△(連下) なし

<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B


スプリングCの再戦ムードだが、そこで1番強い競馬をしたと見ているのが、本命を打ったキングジャガーだ。淀みないラップを刻み、追走したオールザベストを振り切った内容は、南関東でのパワーアップを感じさせた。追走した馬が苦しくなる逃げを打てるので、かえって前走より楽な逃げに持ち込めると考えている。

そのスプリングCで3着に終わったオールザベストは、キングジャガーの成長ぶりを掴めなかったことが、深追いにつながったのではないか。それでも3着に止まった点にこの馬の地力の高さが伺え、じっくり見ていく形になれば、前走のようなことはないはず。持ち前の安定を発揮できると見て、対抗評価とした。

スプリングCを制したサンエイリシャールは、単穴評価。伊達に若駒賞でベンテンコゾウを破っていないといえばそれまでだが、物足りない競馬が続いた昨シーズン終盤の走りも払拭した1戦だった。しかしどんな展開でも結果を出せるかといわれれば微妙で、どこか恵まれないと勝つまでは厳しいのではないだろうか。

(2)番メモリーダンスなど、スプリングC4着以下の馬はノーチャンスとは感じないが、これなら別路線組の方が魅力を感じる。その中から取り上げたいのは、南関東から転入初戦となるブラックロード。勝った時はいずれも後続に大きな差を付けており、その走りが見られれば、ここでも怖い存在になるだろう。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)

このあと、金沢競馬・金沢スプリングカップの予想記事を掲載します。

広告
×
やまびこ賞結果

1着 ◎ (8)番 キングジャガー(2番人気)
2着 ○ (10)番 サンエイリシャール(1番人気)
3着 - (3)番 ヤコウレッシャ(10番人気)

単勝290円・馬複340円的中。逃げ切ったキングジャガーの勝ちタイム1分57秒1は、最終レースの古馬B1戦で逃げて2着だったトーホウパルサーと同タイム。しかし1000mの通過タイムで比較すると、キングジャガーの方が2.8秒も速かった。いかにキングジャガーが厳しいラップを踏んで押し切ったかが、良くわかるというものだ。
26ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。