金沢「金沢スプリングカップ」 2017年4月30日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

金沢「金沢スプリングカップ」 2017年4月30日の注目レースPART2

2017-04-29 19:15
  • 1
注目レース 金沢競馬11レース「第27回 金沢スプリングカップ」
(古馬重賞・1900m)

◎(本命) (6)番 マイネルリボーン
○(対抗) (7)番 トウショウプライド
▲(単穴) (3)番 メイジン
☆(特注) (11)番 セイカアヴァンサ
△(連下) (4)番 トゥヴァビエン、(2)番 シンプリースパーブ

<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C


南関東で約2年戦っていたマイネルリボーンは、B1下で連対実績をマークするなど、着実に実績を積み上げていた。前走の帰厩初戦は距離不足ながら勝利で飾り、力の衰えを見せていないことを証明したが、以前在籍した当時も重賞戦線で戦っていた馬。新興勢力の台頭が見られない金沢の現状を踏まえれば、十分勝ち負けになるとみて、期待できると判断した。

重賞になると詰めが甘いトウショウプライドだが、開幕後の2戦は好内容。大きく崩れることはないと見て対抗評価。今期転入後3戦全勝のメイジンは、とにかく逃げるだけの馬。単騎逃げならそのままもあるだろうが、楽に行ける組み合わせではなく、単穴評価まで。前が総崩れになるなら、スタミナ豊富なセイカアヴァンサの台頭が怖い。古豪(8)番ジャングルスマイルはメンバー中唯一の休み明けという臨戦過程が微妙で、今回はノーマークとした。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)

このあと、ばんえい帯広競馬・ばんえい十勝オッズパーク杯の予想記事を掲載します。

広告
×
金沢スプリングカップ結果

1着 ▲ (3)番 メイジン(1番人気)
2着 ○ (7)番 トウショウブライト(3番人気)
3着 ◎ (6)番 マイネルリボーン(2番人気)

メイジンは道中から1頭だけ手応えが違っていて、直線であっという間に後続を5馬身引き離す圧勝劇。逃げられなかった時にどうかという課題はあるにせよ、地元馬同士で逃げることができたら、当分負けないように感じた。なお▲○の馬複380円に、3連複は310円。
27ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。