盛岡「サファイア賞」 2017年5月28日のもう1つの注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「サファイア賞」 2017年5月28日のもう1つの注目レース

2017-05-27 18:00
  • 1
注目レース 盛岡競馬12レース「第11回 サファイア賞」
(3歳重賞・芝2400m)

◎(本命) (8)番 キウイチャン
○(対抗) (3)番 ミスターシーバス
▲(単穴) (6)番 ルーク
☆(特注) (1)番 メドゥシアナ
△(連下) (5)番 サンエイジャック、(10)番 リュウノスターダム

<期待度> ◎単勝=E  ◎○ワイド=D  3連複BOX=D


2週間前に行われたはまなす賞を、芝未経験のソーディスイズラヴが制したように、まだ確たる馬は不在。しかもそのソーディスイズラヴの姿がないだけに、新たな勢力が台頭する余地があると考え、本命には初芝のキウイチャンを指名する。長くいい脚を使って差し切った転入初戦の前走に、距離延長をプラスとしそうな印象が。また父・ゼンノロブロイは、産駒の重賞勝ちの大半が芝2000m以上という長距離血統である点にも着目。今回の条件で素質開花する可能性を感じ、狙ってみることにした。

相手は芝実績のある馬を。対抗としたミスターシーバスは、早目の競馬で3着に踏ん張ったはまなす賞の内容は、差し馬が台頭した1戦だっただけに着順以上に評価できるもの。この内容なら距離延長にも対応できそうだし、芝で3着を外していない安定感も注目すべきところ。軸としてならこちらの方が信頼できるかもしれない。

そのはまなす賞で4着だったルークは、内々をピッタリ回って喰らいついたという内容。これ以上を期待できるか微妙に映ったのは否めないが、こちらも芝では掲示板を外していない馬。初勝利を挙げた時に手綱を取った山本政聡騎手に戻り、前進があればということで、単穴に抜擢した。

評価に迷ったのはメドゥシアナ。若鮎賞で見せた直線一気は衝撃的だったが、その後の内容を見ると、自分で動くと良くない短距離の差し馬という印象が。芝変わりは魅力でも2400mという距離が微妙と判断し、4番手評価に止めた。

はまなす賞で2着だったサンエイジャックは、流れが向いたのは確かだが、元々がムラっ気のある馬。過去の芝実績を評価しても、重い印を打つのは気が引けるところがあり、ここも押さえまで。

最後の印は2歳時に芝で2着があるリュウノスターダム。ここ2戦はダートで差し届かずの競馬だったが、こういう馬が芝変わりで穴をあけるケースがあるので、注意しておきたい。

このレースにも注目 盛岡競馬11レース「盛岡のお米「純米めん」賞」
(B1一組・1600m)

◎ (8)番 チェリーピッカー
○ (9)番 スパンコール
▲ なし
☆ なし
△ (1)番 メテオライト、(2)番 トーホクアロー、(3)番 アイアムプレシャス

<期待度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=D  3連複BOX=D


昨秋に中央未勝利から転入後、無傷の11連勝を継続中のチェリーピッカーが、いよいよA級入りを視界にとらえた。B1昇級戦となった前走も、スタートで出遅れながら馬なりのまま4角先頭で独走する圧巻の走りを披露し、見る者の度肝を抜いた。間違いなく古馬戦線の勢力図に影響を与えるはずだが、A級入りにはこのクラスであと1~2勝が必要か。前走より相手が強く感じるこの1戦も、圧倒する姿が見られることだろう。

馬券の上では今季好調のスパンコールを相手筆頭に取り上げたが、重賞好走歴もあるメテオライトトーホクアローなど、2番手以下の力量は接近している。当日の馬場傾向や状態面もそうだが、チェリーピッカーがどういう競馬をするかでも、台頭する相手が変わるのではと感じている。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)

明日以降の予定(太字はダービーシリーズ)
5月31日 さきたま杯(浦和・統一グレード)
6月1日 北海優駿(門別)
6月3日 かきつばた賞(盛岡)
6月4日 早池峰スーパースプリント(盛岡)
6月5日 スーパージョッキーズトライアル・ファーストステージ(盛岡)
6月6日 東海ダービー(名古屋)
6月7日 東京ダービー(大井)
6月8日 北海道スプリントカップ(門別・統一グレード)
6月11日 岩手ダービーダイヤモンドカップ(水沢)、百万石賞(金沢)

近日中にコラムの掲載を検討しています(ダービーシリーズに関連したものではありません)


広告
×
サファイア賞結果

1着 - (9)番 ブラックロード(7番人気)
2着 △ (5)番 サンエイジャック(1番人気)
3着 ☆ (1)番 メドゥシアナ(3番人気)
10着 ◎ (8)番 キウイチャン(4番人気)

大逃げなのにスローペースで引っ張った2頭がそのまま。期待したキウイチャンは終始後方で終わったが、展開云々ではなく単に芝適性がなかっただけ。結果的にみっともない予想になってしまったのは、申し訳ないところだ。
28ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。