盛岡「イーハトーブマイル」 2017年9月16日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「イーハトーブマイル」 2017年9月16日の注目レース

2017-09-15 22:30
  • 1
注目レース 盛岡競馬11レース「第5回 イーハトーブマイル」
(3歳重賞・1600m)


◎(本命) (8)番 サンエイリシャール
○(対抗) (6)番 ダンストンリアン

▲(単穴) (4)番 オールザベスト

☆(特注) (5)番 キングジャガー

△(連下) なし


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=C  3連複BOX=A

本来なら岩手ダービーダイヤモンドCを逃げ切ったキングジャガーに、注目が集まる1戦だろう。ただ春シーズンを振り返れば、距離が延びるにつれてレース内容が良くなった馬。マイル戦では持ち味である後続をふるい落とす逃げに持ち込みにくいし、3ヶ月半の休み明けもネック。他の有力馬が順調に夏に使われ、結果を残していることもあり、今回は4番手評価まで落とすことにした。

代わって本命を打つことにしたのはサンエイリシャールだ。春シーズンは距離が延びるにつれて成績が下がってしまったが、マイル戦に戻る今回は、スプリングCを勝った1戦を見直したいところ。また古馬OP相手の前走で、先週青藍賞を制したチェリーピッカーの3着となった内容から、成長力も十分感じる。春の無念を晴らせるとみて、期待することにした。

相手は少し捻って牝馬のダンストンリアンを。古馬編入初戦となった前走で、転入後12戦11勝のヴィグラスムーヴ相手に、影を踏ませぬ逃げ切り勝ち。同世代相手に差す競馬をしていた馬が、いきなり逃げ切ったことからも、充実ぶりは目を見張る。牡馬の主力級が58キロを背負う中、54キロで戦える斤量差もあるので、十分狙いは立つはずだ。

ウイナーCを制したオールザベストは、早々に短距離路線に矛先を向けたのが好結果につながっている。前走古馬OP相手の短距離戦でも好走したが、焦点はマイル戦になる点。こなせば再び可能性が広がるが、今回は様子を見る意味で単穴評価としたい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
9月17日 ジュニアグランプリ(盛岡)

9月20日 オーバルスプリント(浦和・統一グレード)

9月21日 道営スプリント(※門別)

9月22日 秋の鞍(※名古屋)

9月24日 OROカップ(盛岡)、ロータスクラウン賞(※佐賀)

9月27日 日本テレビ盃(船橋・統一グレード)

9月30日 シリウスステークス(JRA阪神・統一グレード)


当面の間、一部の重賞競走については私のツイッターを用いて、印だけに近い形で見解を紹介することになります。競馬場名に※印を入れた競走が、ツイッター対応を予定している競走となります。


広告
×
イーハトーブマイル結果

1着 △ (5)番 キングジャガー(1番人気)
2着 - (3)番 ユイノムテキ(5番人気)
3着 - (7)番 トーホクコルト(8番人気)
4着 ◎ (8)番 サンエイリシャール(2番人気)

印を落としていたといっても、キングジャガーの走りには大いに注目していた。これまでと違う、スローで引きつけ気味の逃げで押し切ったが、パワーアップしたというより、他の有力馬がだらしなかったか。ただ勝利で秋のスタートを切ったことで、心理的に有利な立場に立てたかもしれない。
22ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。