盛岡「OROカップ」 2017年9月24日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「OROカップ」 2017年9月24日の注目レース

2017-09-24 00:00
  • 1
注目レース 盛岡競馬12レース「第19回 OROカップ」
(古馬・地方全国交流重賞・芝1700m)


◎(本命) (9)番 ロゾヴァドリナ
○(対抗) (8)番 サンエイゴールド

▲(単穴) (10)番 ジャストフォファン

☆(特注) (12)番 パーティメーカー

△(連下) (1)番 ブレイズアトレイル


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

本命は3連覇を目指すロゾヴァドリナを指名する。過去2年は好位で流れに乗って競り合いを抜け出す、着差以上の完勝。高い芝適性はもちろんだが、無理使いせずにここに照準を合わせた使われ方も、この結果の背景にあるのではないか。今年は先月にダート戦を使われての参戦だが、その前走が好内容。休み明けだった昨年より順調度も上で、それなら今年も栄冠の最短距離に立っていると判断した。

それに待ったをかけるなら、地元の雄サンエイゴールドだ。今シーズンはここまで、全て全て芝で3戦無敗。しかも直線一気で突き抜けた今期初戦に、4角先頭で後続を振り切ったせきれい賞と、内容も多彩。古馬になっての充実ぶりは目を見張るものがある。昨年は馬群を捌けずに終わったが、その雪辱を晴らす可能性は充分で、対抗評価でもロゾヴァドリナとほぼ互角と判断していただきたいと思う。

単穴としたジャストフォファンは、過去2回出走した盛岡の芝は、いずれもサンエイゴールドに敗れている。ただし着差は2度ともわずかで、まだ勝負付けは済んだとはいえないだろう。ダートとはいえ、日常的に厳しい競馬を地元で繰り広げている点も、パワーアップに役立っているはず。3度目の正直で逆転を成し遂げても、何ら不思議ではない。

盛岡の芝で重賞2勝のパーティメーカーは、その2勝がいずれも外目の枠を引いた時のもの。逆にせきれい賞のように、内枠を引いて馬群を捌かないといけない時には苦労しているので、外枠を引いた今回は大きなチャンス。前走、芝を求めて中央の小倉に遠征した意欲が、実を結ぶかもしれない。

ブレイズアトレイルは今シーズン、4戦全て馬券圏内にまとめる安定感から、もっと評価を上げたかった馬。ただ本命をロゾヴァドリナとした流れで、遠征勢全体の評価も上げる形になったので、序列が下がったもの。印ほど力の差がないことは申し添えたい。

あと前走桂樹杯を逃げ切った(7)番コウセンだが、楽に逃げられた点も大きかったのでは。相手強化に加え、マークもきつくなる今回は厳しいとみている。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、ツイッター上で佐賀「ロータスクラウン賞」の印を掲載します

明日以降の予定
9月27日 日本テレビ盃(船橋・統一グレード)

9月30日 シリウスステークス(JRA阪神・統一グレード)

10月3日 白山大賞典(金沢・統一グレード)

10月4日 東京盃(大井・統一グレード)

10月5日 レディスプレリュード(大井・統一グレード)


広告
×
オーロカップ結果

1着 ◎ (9)番 ロゾヴァドリナ(2番人気)
2着 ○ (8)番 サンエイゴールド(1番人気)
3着 - (7)番 コウセン(3番人気)

単勝390円・馬複360円的中。ロゾヴァドリナは昨年より更に強さを増した印象を感じたけれど、この勝利で資格を得るJRAGⅠマイルチャンピオンシップのステップ競走に出走した経験が、これまでない。この先の目標が見えないだけに、参戦を期待したいが。
22ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。