名古屋「ゴールドウィング賞」 2017年10月24日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

名古屋「ゴールドウィング賞」 2017年10月24日の注目レース

2017-10-23 23:00
  • 1
注目レース 名古屋競馬11レース「第56回 ゴールドウィング賞」
(2歳重賞・1600m)


◎(本命) (8)番 サムライドライブ
○(対抗) (4)番 ビップレイジング

▲(単穴) (5)番 ハッピーチアフル

☆(特注) (3)番 メモリーメディア

△(連下) なし


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

上位は目移りする組み合わせになったが、注目したいのはサムライドライブだ。地元生え抜きでここまで3戦無敗。デビュー戦の800m戦で今世代唯一50秒を切ったスピードと、前走で抑える競馬にすぐ対応したセンスの良さは、高く評価できるところ。その前走では1秒以上時計を詰めたように、成長力も感じられ、無傷の4連勝を期待して本命を打った。

スケール感ならビップレイジングも負けていない。ホッカイドウ競馬でデビュー後、笠松に移籍して2連勝。ともに後方から息の長い末脚を繰り出して抜け出す、2歳馬離れした走りを見せているのが魅力的だ。初の名古屋コースの分だけ対抗評価に止めたが、マイルに距離が延びるのは間違いなくプラス。地区レベルの差で圧倒するシーンも十分あるだろう。

不気味な存在は、やはりホッカイドウ競馬でデビューしたハッピーチアフルだ。認定でなくなってからの新馬戦を勝利し、その1戦のみで移籍しての初戦というのがこの馬の経歴。力量比較は全く未知だが、新馬戦の勝ちタイムと内容はそれほど悪くない。いきなりがあってもおかしくなく、これを単穴評価とした。

地元生え抜きではメモリーメディアの評価も高い。サムライドライブとの直接対決は敗れているが、タイムは高いレベルで安定しており、確実に自分の力を発揮できる安定感は認めるべき。予想の上では4番手になったが、上位陣と大きな差はないと考えている。

更に手を広げるなら、テンのスピードがある(1)番クルセイズスピリツだが、距離延長が果たしてどうか。馬券的にも手を広げるメリットがあるか微妙なので、印は入れないことにした。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
10月25日 平和賞(船橋)

10月26日 兵庫若駒賞(園田)


広告
×
ゴールドウィング賞結果

1着 ◎ (8)番 サムライドライブ(1番人気)
2着 ☆ (3)番 メモリーメディア(3番人気)
3着 ○ (4)番 ビップレイジング(2番人気)

単勝210円・馬複460円・3連複240円的中。本音を言えばもう少し時計が出てほしかったが、無傷の4連勝を決めたサムライドライブは、完勝といえる内容だった。どこで全国区の強豪と戦うことになるだろうか、楽しみな馬が出てきたと思う。
22ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。