船橋「平和賞」 2017年10月25日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

船橋「平和賞」 2017年10月25日の注目レース

2017-10-24 20:00
  • 1
今年は大井競馬場で行われるJBC(ジャパン・ブリーディングファームズ・カップ)まで、既に10日を切った。出走予定馬も出そろい、当日が今か今かと待ち遠しくなっているが、皆さんはどんな心境だろうか。
ただ登録メンバーを見渡せば、クラシックロンドンタウンなど新興勢力の名前がなく、スプリントトウケイタイガーをはじめとする南関東以外の有力地方馬が参戦を見送ったのは残念なところ。そのためか事前の話題は、スプリントへの参戦を決めたコパノリッキーに集中してしまっている。ただし、ほぼベストメンバーといえるレディスクラシックをはじめ、各競走とも国内最高峰を争うにふさわしい馬が顔を揃えたのは確かで、白熱した戦いが繰り広げられるのは間違いない。もちろん今年も本ブロマガでは、直前からJBCの情報満載でお届けすることにしている

(JBCの全出走予定馬は、地方競馬全国協会のオフィシャルサイトで確認してください)


↓平和賞当日のニコニコ生放送です


注目レース 船橋競馬11レース「第63回 平和賞」
(2歳・地方全国交流重賞・1600m)


◎(本命) (5)番 ドンビー
○(対抗) (9)番 レオハイスピード

▲(単穴) (8)番 ヴオロス

☆(特注) (1)番 リンノストーン

△(連下) (3)番 ドリームスイーブル


<期待度> ◎単勝=C ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

南関東の2歳重賞が短期間に集中しているため、有力馬が分散。遠征勢も鎌倉記念ほど強力ではないので、ここは地元のドンビーに本命を打った。2歳馬としては珍しくデビュー戦から直線勝負に徹しているが、それで4戦3勝2着1回の好成績。2着に敗れた1戦も、当時3着だったリコーワルサーが鎌倉記念を制覇しており、その比較からも力は相当と見ていい。ここも直線で抜け出し、勝利を手にするシーンが見られることだろう。

対抗評価のレオハイスピードは、2戦目でドンビーと対戦した際にクビ差の競馬。2頭のデビューは同じ日だったが、タイムだけでいえば別のレースを走ったこちらの方が速く、際どい競馬をしたのも頷ける。初勝利は大井に遠征した前走まで時間はかかったが、勝ったことで馬が変わってくれば、雪辱を果たしてもおかしくないとみる。

ヴオロスはデビュー戦と2戦目でドンビーと戦い、いずれも敗戦。現時点では力の差があると認めなければいけないだろう。ただし550キロ(前走時)の雄大な馬体を誇ることから、これからの成長は十分期待できるので、逆転不可能とはいえないのでは。まだ底を見せていないこともあり、これを単穴評価とする。

ホッカイドウ競馬からの遠征組ではリンノストーンが最上位。前走フローラルC6着だったが、当時2着のストロングハートがエーデルワイス賞を制したように、相手が悪かった。ただしストロングハートとの時計差が2秒あり、それでも南関東で勝負になるとは考えにくい部分も。ここは4番手評価が妥当だろう。

最後の印はドリームスイーブル。戦績こそ目立たないが、3走前に差のない競馬をしたビジネスライクは、フローラルCでリンノストーンに先着している。これをモノサシにすればリンノストーンと力の差は感じないので、距離経験の豊富さで台頭するケースは考えておきたい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
10月26日 兵庫若駒賞(園田)

10月27日 ゴールド争覇(名古屋)

10月29日 知床賞(盛岡)、北見記念(ばんえい帯広)

10月31日 北海道2歳優駿(門別・統一グレード)

11月1日 ハイセイコー記念(大井)

11月3日 第17回JBC(大井)


上記の他、10月30日の大井競馬初日より毎日、JBCウイーク特集を掲載予定です。


広告
×
平和賞結果

1着 ☆ (1)番 リンノストーン(5番人気)
2着 ◎ (5)番 ドンビー(1番人気)
3着 - (6)番 シェーンリート(3番人気)

降り続く雨によって後半になるにつれ前が止まらない馬場に。逃げたリンノストーンは、その利もあって逃げ切りに成功した印象だが、イーブンペースを守った真島大輔騎手の好騎乗も褒めたいところだ。なお馬複は910円。
22ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。