JRA中山「マーチステークス」 2018年3月25日のダート統一グレード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

JRA中山「マーチステークス」 2018年3月25日のダート統一グレード

2018-03-24 14:00
  • 1
中山競馬11レース「第25回 マーチステークス」(古馬・GⅢ・1800m)

◎(本命) (9)番 エピカリス
○(対抗) (8)番 センチュリオン

▲(単穴) (15)番 ロンドンタウン

☆(特注) (4)番 ロワジャルダン

△(連下) (10)番 コスモカナディアン、(14)番 クインズサターン


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=D  3連複BOX=D

昨年のこのレースでは、実績馬インカンテーションが約2年ぶりに勝利し、復活の足掛かりとした。ハンデ戦は実績馬に厳しくなる印象があるが、近況が悪ければグレード別定より戦いやすくなる場合はある。昨年のインカンテーションはトップハンデだったが、今振り返ってみると、それでも楽なハンデで戦っていたのだと個人的には感じている。

今年、似た立ち位置にいると感じるのが本命としたエピカリスだ。ベルモントSを取り消してからの帰国2戦は、それまでの期待を裏切る内容で、正直北海道2歳優駿を制した時に抱いていた期待感は消えた。ただ改めて過去の走りを見直すと、もしかしたら逃げてこその馬という疑念も出ている。今回は思い切った騎乗ができる機会とみているので、逃げという選択をする可能性は十分。それを期待してもう1回だけ追いかけたいと思う。

対抗にはセンチュリオンを取り上げる。最近は直線一気の競馬で結果を出していたが、前走は一転して好位を追走する競馬から、OP特別2勝目をマーク。若い頃は先行力が一線級相手に通用しなかったので、本格化の兆しと捉えられる1戦だった。今回は相手が強くなり、ハンデの57キロも見込まれたので本命までは打てなかったが、前走が本物ならタイトル奪取のシーンが見られてもおかしくない。

韓国のコリアCを含め昨年重賞を3勝し、統一GⅠでも注目されたロンドンタウンは、実績だけなら最上位だろう。ただ好凡走が激しい上に、乗り手に左右される傾向があるのが玉に傷。今回手綱を取る松岡正海騎手とは下級条件時代に勝っているが、それ以外は目立つ結果がないのは気になるところ。57.5キロのハンデはこなせるだろうが、今回は不安の方が先に立ち、単穴評価に止めたい。

大井から参戦するロワジャルダンも、復活を目指す存在。2年以上前には統一GⅠでも好走していたが、大井移籍時にはその輝きを失いつつあった。しかし転入後は2戦続けて2着(勝ち馬はともに統一グレードホルダー)に入り、息を吹き返しつつある。好相性を誇る中山コースに56キロのハンデなら、チャンスはあるとみて4番手評価とした。

前々走の東海Sで2着に入りアッといわせたコスモカナディアンは、昨年の川崎記念3着などもあり、決してフロックではない。馬体重が3走前からデビュー以来最高を塗り替え続けているので、さすがに絞れてほしいところだが、1番人気を裏切った昨年の雪辱は可能だ。

最後に印を入れたクインズサターンは末一手の馬だが、エピカリスが北海道2歳優駿の時のように、逃げて強い競馬をする形なら届く目が出て来る。その形を想定できないなら、上昇馬である(13)番ハイランドピークのスピードを取り上げる手もあるが。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は日本中央競馬会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと「ばんえい記念」当日の、ばんえい帯広競馬の特集記事を掲載し、その後に「ばんえい記念」の予想記事を掲載します。


広告
×
マーチステークス結果

1着 ○ (8)番 センチュリオン(2番人気)
2着 △ (14)番 クインズサターン(5番人気)
3着 ☆ (4)番 ロワジャルダン(10番人気)
14着 ◎ (9)番 エピカリス(3番人気)

勝ったセンチュリオンは本命を打とうかどうか、直前まで迷っていたけれど、前走をもっと信じるべきでった。ただこれに本命を打ったなら、クインズサターンを押さえなかったと思うので、どっちみち外れていたわけですが・・・。なお集計上は、○△☆の3連複BOX29020円を的中しています。
17ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。