ばんえい記念の前に・・・ばんえい帯広競馬注目レース予想(2018年3月25日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ばんえい記念の前に・・・ばんえい帯広競馬注目レース予想(2018年3月25日)

2018-03-24 16:00
  • 1
いよいよばんえい競馬の大一番当日を迎えたが、今日は2017年度シーズンの最終日でもある。それもあってここ2年は行われなかった、前座に世代限定戦がズラリと並ぶ番組が、3年ぶりに復活する。今シーズンばんえい競馬で活躍した馬を1日で楽しめることもあるが、これでこそばんえい記念感が高まるというもの。そこでばんえい記念の前に、簡単ではあるが世代限定戦4戦を予想したいと思う。

ばんえい帯広競馬5レース「福寿草特別」(3歳牝馬OP特別・200m)

◎(本命) (10)番 ミスタカシマ
○(対抗) (3)番 アフロディーテ

▲(単穴) なし

☆(特注) なし

△(連下) (8)番 カネササクラ、(9)番 サンシルクラポピー、(5)番 センショウブルー


<期待度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

前走で牝馬限定重賞の黒ユリ賞を制したミスタカシマは、2歳世代3冠の1冠目ナナカマド賞も手にしており、イレネー記念に出走していても注目されたはず。間隔は開いたが、牝馬限定のここでは力の差は明らか。他馬より25~30キロ重い625キロを曳くとはいえ、付け入る隙は与えないだろう。

相手筆頭にはその黒ユリ賞で2着だったアフロディーテ。当時は人気薄だったが、高重量戦でしっかり歩き切れたことは、ここでも活きてくるだろう。

黒ユリ賞未出走組では、近況いいカネササクラが不気味で、警戒したい1頭。

サンシルクラポピーは黒ユリ賞3着後にリズムを崩しているが、巻き返しは可能だ。

ヤングチャンピオンシップに牝馬として唯一出走した、センショウブルーも気になる。

ばんえい帯広競馬6レース「若草特別」(3歳牝馬OP特別・200m)

◎ (9)番 キタノユウジロウ
○ (5)番 コウシュハレガシー

▲ (3)番 カネサダイマオー

☆ (8)番 オレワチャンピオン

△ (7)番 フレイムゴールド


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

昨年12月からの快進撃でイレネー記念に臨んだキタノユウジロウは、最後カネサダイマオーに差されたものの2着に入り、トップクラスの力があることを示した。今回は別定重量戦に変わったことで、重賞勝ち馬より10キロ軽い630キロで戦えるのは魅力。今度は押し切れるとみて本命を打つ。

対抗評価としたコウシュハレガシーは、1月中旬にキタノユウジロウの連勝を止めた時、ハンデが5キロ軽かった。今回これが10キロに広がっているので、当時を再現できる条件は揃っているとみる。

イレネー記念で差し切り勝ちを決めたカネサダイマオーは、トップハンデの640キロで同じ脚を使えるかがカギ。届かない可能性を考えれば、単穴評価までだろう。

ヤングチャンピオンシップを制したオレワチャンピオンは、最後息が上がったイレネー記念を見ると、当時の出来にないとみて4番手評価。

別路線組のフレイムゴールドは、615キロの軽ハンデを活かして台頭する余地がありそうで、ここまで押さえる。

ばんえい帯広競馬7レース「クリスタル特別」(4歳OP特別・200m)

◎ (7)番 マツカゼウンカイ
○ (3)番 メジロゴーリキ

▲ (6)番 カネサスペシャル
☆ (2)番 ミノルシャープ
△ なし


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=A

これまで高重量戦で苦戦していたマツカゼウンカイにとって、ばんえいダービーで2着に入ったのは大きな転換点だった。振り返ると馬体重が1トンを超えてから成績が向上していたので、それに伴って力をつけということだろう。年が明けてクラスが上がってからも結果を残しており、この勢いは本物。トップハンデと20キロ差の730キロも魅力で、ここを勝ってシーズンを締めくくれるとみた。

そのばんえいダービーを制したメジロゴーリキは、その後相手が強くなってから苦戦が続き、ひと息入れてきた。同世代相手の高重量戦なら大きく崩れないはずだが、どこまで立て直されているかは未知数。トップハンデの750キロを曳くこともあり、今回は対抗評価に止めたい。

世代限定戦では大崩れしないカネサスペシャルは、先月行われた世代限定戦を勝ち、5歳馬と混合重賞の前走ポプラ賞でも3着に健闘。勢いが出てきた今ならまとめてのシーンもあると見て、単穴評価とした。

ミノルシャープはばんえい重量が700キロを超えてから苦戦気味だが、力は見劣らない。この馬までの4つ巴とみている。

ばんえい帯広競馬8レース「スターライト特別」(5歳OP特別・200m)


◎ (7)番 マルミゴウカイ
○ (1)番 フウジンライデン
▲ なし
☆ なし
△ (6)番 タカラシップ、(3)番 ホクショウディープ


<期待度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=A  3連複BOX=A

シーズンを通して世代限定戦にこだわったマルミゴウカイは、4歳世代3冠を達成するとともに、前走ポプラ賞も制して世代トップの地位を不動のものとした。しかも今回はポプラ賞当時より重量差が縮まっており、負ける要素が見当たらない1戦。本格的に年上世代との対戦が始まる来シーズンを前に、弾みをつける勝利を飾るはずだ。

長期休養もあって苦しんでいたフウジンライデンは、昨年10月に2歳シーズン以来の勝利を挙げると、急ピッチで復調。2歳シーズンでイレネー記念など2冠を制した力が、ようやく戻ってきた。マルミゴウカイと同じトップハンデの760キロで、どこまで迫れるか注目だ。

タカラシップはポプラ賞であわやの競馬をしたが、当時は40キロの重量差があった。10キロ差に詰まった今回は、逆転まで期待するのは困難だろう。

4歳世代3冠で全て2着だったホクショウディープは、先月に高速戦を使ってからリズムを崩している。ノーマークにはできないが、評価を下げたいと思う。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


この後、ばんえい記念の予想記事を掲載します。



広告
×
各レースの本命馬の結果は、順に1→2→1→1着。6レースだけは人気薄の大駆けがあって不的中となったが、後は全て馬複・3連複も的中しています。もっともこの世代限定の前座レースは順当に決まることが多く、3連単特払いが出たレースのあった、昨年のような波乱は珍しいのですが。
18ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。