名古屋「かきつばた記念」 2018年4月30日のダート統一グレード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

名古屋「かきつばた記念」 2018年4月30日のダート統一グレード

2018-04-29 21:00
  • 1
名古屋競馬11レース「第20回 かきつばた記念」(古馬・JpnⅢ・1400m)

◎(本命) (7)番 サクセスエナジー
○(対抗) (2)番 ブルドッグボス

▲(単穴) (8)番 カツゲキキトキト

☆(特注) (5)番 エイシンヴァラー

△(連下) (3)番 キングズガード、(6)番 トウケイタイガー


<自信度> ◎単勝=E  ◎○ワイド=D  3連複BOX=B

昨年からハンデ戦に姿を変えた1戦だが、ダート統一グレードはもちろん、中央で実施されるOP特別にもハンデ戦は少ない。その影響か驚くようなハンデが付くケースもあり、それがレースに影響を与えることも少なくない。もっともハンデ戦は全馬横並びでゴールすることが理想とされているので、ちょっと大袈裟に感じる程度でちょうど良いのかもしれないが。

本命には今回、サクセスエナジーを抜擢した。前走6着でOPの壁にぶつかった感もあるが、この時勝ったのが一昨年フェブラリーSを制したモーニンなら、仕方がないだろう。そのモーニンが当時と同じ57.5キロ58.5キロでここに出ていれば相手探しのはずで、その比較で考えれば今回登場する実績馬はハンデが厳しく映る。展開面でも差し馬が多い組み合わせなので、先行力あるこの馬が戦いやすくなる印象があり、当時と同じ54キロならチャンスがあると判断した。

ブルドッグボスは中央所属時代の2年前にこのレースに出走し、2着。コース経験があるのは強みだが、これまでの実績からベストといえるのは1200m戦。そんな得意の条件だった前走東京スプリントで5着に終わったのは、気になるところではある。やや強行軍のローテーションに、57.5キロのハンデを考えれば過信は禁物の舞台。それでも統一グレードで掲示板を外していない安定感を評価して、最終的に対抗評価とした。

単穴評価としたカツゲキキトキトは、再三短い距離を使うことに疑問の声を上げていたが、それは長い距離のレースを目指す合間に不必要に挟んで来ることに対して。個人的には昨年もこのレースへの参戦を期待していたので、この舞台を目指した使い方なら、問題視する気はなかった。ハンデの53キロも驚くほど恵まれたので、封印していた本命も考えたが、状態面は1番良い頃に戻っていない。まとめての可能性を期待するのが賢明とみた。

前走黒船賞で大波乱を演出したエイシンヴァラーは、末脚勝負型が3番手を楽に追走できたのだから、見事な走りを披露したと思っている。もちろんフロックで勝った1戦ではなく、今後もこの路線で勝負できる力はある。ただ今回背負う56キロは当時の2-3着馬と比べれば有利でも、兵庫ゴールドTが53キロだったことを考えれば、やや見込まれたか。時計がかかる名古屋コースも微妙で、4番手評価に止めた。

キングズガードはこれまで、統一グレードタイトルはプロキオンSのみ。統一GⅠ級でも上位を賑わせる力がありながら勝ち切れないのは、道中の位置取りが後ろ過ぎるため。前走黒船賞も、それが原因でスムーズな競馬ができなかったが故の敗戦だった。それが改まらないと突き抜けるまでは厳しいし、58キロのトップハンデも想定より重い。今回は条件が厳しいとみて、大きく評価を下げたいと思う。

昨年圧巻の逃げ切り勝ちを収めたトウケイタイガーは、その後の不振を見ると、単騎で逃げられないと脆い印象を感じている。ただ徹底先行タイプは短距離経験が乏しい(1)番コパノチャーリーだけなので、勝ちパターンに持ち込めるチャンスは低くない。昨年より2キロ増の54キロも手ごろで、最後に押さえておきたい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


おことわり・かきつばたの戦評記事は、5月7日以降の掲載予定です。

名古屋以外で行われる5場については、30日午前中にメインレースの印をツイッターにてつぶやきます。また明日5月1日も、開催各場のメインレースについて、同様にツイッターで対応いたします。
このブロマガでの次回の掲載は、5月2日に船橋競馬場で行われる統一GⅠ「かしわ記念」と、名古屋競馬場の「駿蹄賞」となります。なおゴールデンウィーク期間中の特別対応全般につきましては、26日夜に掲載したお知らせをご覧ください。


広告
×
かきつばた記念結果

1着 ◎ (7)番 サクセスエナジー(2番人気)
2着 △ (3)番 キングズガード(1番人気)
3着 - (11)番 サンライズメジャー(9番人気)

単勝380円・馬複420円的中。極めて難解な1戦だったので、勝ったサクセスエナジーに本命を打ったのは胸を張れると思っていたが、思った以上に評価されていて微妙・・・。どうしても中央勢が売れてしまうのはわかるが、馬複1番人気では喜びも中ぐらいです。なお戦評記事は、来月7日以降に掲載します。
16ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。