GW地方競馬スペシャル(2018年5月3日)PART2 高知「福永洋一記念」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

GW地方競馬スペシャル(2018年5月3日)PART2 高知「福永洋一記念」

2018-05-02 23:50
  • 1
高知競馬11レース「第9回 福永洋一記念」(古馬重賞・1600m)

◎(本命) (10)番 ティアップリバティ
○(対抗) (1)番 イッツガナハプン

▲(単穴) (9)番 ワイルドコットン

☆(特注) (8)番 トウカイハッピー

△(連下) (3)番 チャオ


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

興味深いメンバーが揃ったが、本命はティアップリバティ。中央500万から転入後7戦5勝と底を見せていないが、中でも年明けの大高坂賞で、既成勢力を一蹴して初タイトルを手にした1戦が秀逸だった。その後一息入り、一叩き感もあった前走の牝馬限定戦をキッチリ制し、万全の状態で迎えるはず。それならレース史上初となる、牝馬による制覇を期待することにした。

実績最上位は前走二十四万石賞も制したイッツガナハプンだが、最近は想像できない惨敗も見られるのが気になるところ。ポテンシャルを如何なく発揮すればアッサリの立場だが、信頼感が下がっている現状で本命を打つのは、少し抵抗がある。力を認めても対抗評価に止めたいと思う。

昨秋に黒潮マイルチャンピオンシップを制しているワイルドコットンは、マイル以下なら安定した結果を残しているし、黒船賞でも地元馬最先着。年明けに重賞戦線から離れていたことで格下感を覚えるが、実際は大きな力の差はない。昨秋の再現はあるとみて、単穴評価とした。

トウカイハッピーは二十四万石賞で2着に入ったが、中央時代に長距離専門で使われていた経験を活かした好走だった。それを考えればマイル戦となるここは過信禁物だが、転入後底を見せていない事実もある。4番手評価は必要と判断した。

チャオは重賞タイトルこそないが、高知県知事賞などで2着があり、安定度は高い。年が明けて1戦しか使われていない点は気になるが、力を出せる状態にあれば喰い込む余地はあるとみて、ここまで印を入れたい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


重賞が行われない門別と園田のメインレースについては、3日午前中にツイッター上で印を掲載します。
明日4日は、ブロマガに掲載するのは園田「兵庫大賞典」のみとなります。なおゴールデンウィーク期間中の特別対応全般につきましては、4月26日夜に掲載したお知らせをご覧ください。


広告
×
福永洋一記念結果

1着 ◎ (10)番 ティアップリバティ(2番人気)
2着 - (5)番 ヒロノカイザー(3番人気)
3着 ○ (1)番 イッツガナハプン(1番人気)

想像以上にゆったりした流れになり、逃げたヒロノカイザーに残られたことで予想はハズレ。厳しいと思っていた馬に来られたので、ちょっと悔しいですね。なお単勝は270円。
18ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。