GW地方競馬スペシャル(2018年5月6日)PART1 金沢「金沢スプリングカップ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

GW地方競馬スペシャル(2018年5月6日)PART1 金沢「金沢スプリングカップ」

2018-05-05 19:00
  • 1
<おことわり>
ゴールデンウイークスペシャルの最終日は、3鞍行われる重賞競走を発走時刻順に掲載していきます。なお重賞が組まれていないばんえい帯広競馬については、深夜にツイッターにて印のみつぶやきます


金沢競馬10レース「第28回 金沢スプリングカップ」(古馬重賞・1900m)

◎(本命) (9)番 ディアグリスター
○(対抗) (11)番 マイネルリボーン

▲(単穴) (2)番 プラチナバディ

☆(特注) (10)番 トウショウプライド

△(連下) (3)番 ムーンファースト、(8)番 ゴールドハリアー


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=D  3連複BOX=C

<14:40追記>
騎手変更:(5)番 トニーポケット 吉田晃浩 → 中島龍也

ここはディアグリスターに狙いを定めてみたい。中央1000万下から移籍した昨年末、今回と同じ舞台で制した内容が、重賞級でも戦えると感じさせる内容。それを証明したのが、笠松に遠征した白銀争覇でインディウムの3着に喰い込んだ1戦だったと考えている。3ヶ月ぶりの実戦になるが、オグリキャップ記念に遠征したメイジンなど核となる馬が不在の組み合わせなら、期待する価値は十分あると思っている。


1年前に古巣に戻ってきたマイネルリボーンは、重賞で好走を繰り返しながら、勝利は復帰初戦の1勝に止まった。今期も初戦を快勝しての出走となるが、大事な舞台で突き抜けられない点が解消したとは思っていない。重賞としては今までより軽いメンバーに映るが、対抗評価が妥当ではないだろうか。

今シーズン金沢に戻ってきたプラチナバディは、帰厩後3戦1勝。勝利を手にした2戦目は、実績馬・好調馬が揃っていたので、大きな自信を手にしたはず。また湿った馬場を好むこの馬にとって、中間にかなりの雨量があったのは追い風になる。まとめての可能性もあるとみて、単穴の印を打った。

昨年は百万石賞で待望の重賞タイトルを手にしたトウショウプライドは、重賞になると勝てないことで知られた馬。今期は活躍の場としていたA1級で2戦続けて勝てなかった所を見ると、やや新勢力に押され気味か。今回は4番手評価に止めたいと思う。

今期飛躍が期待される明け4歳馬のムーンファーストは、今期2戦は自慢の先行力が見られない。しかし徹底先行不在の組み合わせなので、ハナを奪えればそのままのシーンはありそうで、ノーマークにはできないだろう。

もう1頭の明け4歳馬ゴールドハリアーは、いい末脚を持っている馬。もつれる勝負になれば台頭する余地はあり、ここまで印を回したい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、高知「黒潮皐月賞」の予想記事を掲載します。


広告
×
金沢スプリングカップ結果

1着 △ (3)番 ムーンファースト(2番人気)
2着 - (5)番 トニーポケット(7番人気)
3着 - (7)番 スプリングボックス(10番人気)
9着 ◎ (9)番 ディアグリスター(4番人気)

ムーンファーストが強すぎて、2番手で進めたディアグリスターなど、追っかけた馬が軒並み潰れて大ハズレ。予想としてはお手上げで、何も言い訳できません。
15ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。