GW地方競馬スペシャル(2018年5月6日)PART2 高知「黒潮皐月賞」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

GW地方競馬スペシャル(2018年5月6日)PART2 高知「黒潮皐月賞」

2018-05-05 19:15
  • 1
高知競馬7レース「第22回 黒潮皐月賞」(3歳重賞・1400m)

◎(本命) (4)番 ヴァリヤンツリ
○(対抗) (11)番 レマンコ

▲(単穴) (9)番 スターアイリス

☆(特注) (6)番 ネオプリンセス

△(連下) なし


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

<15:00追記>
騎手変更:(6)番 ネオプリンセス 赤岡修次 → 岡村卓弥

3月に行われた土佐春花賞が波乱の決着となり、一気に混迷の度を深めた3歳路線。それでもこの路線を牽引してきたヴァリヤンツリの本命は揺るがないだろう。初めて連対を外した土佐春花賞は速い流れを追いかけすぎた印象があったし、元々1300mも忙しい馬。既に古馬C1級を勝っている実績は抜けているし、100mでも距離が延びるのも好材料。1冠目の最短距離に立っていると考えている。

相手筆頭にはレマンコを持ってきた。追い込んで届かずの競馬を2歳時から続けていたが、土佐春花賞2着の次走に迎えた準重賞で、ヴァリヤンツリを差し切って勝利。仕掛けどころが解ってきたことで、その末脚が届くようになってきたのが現状である。重賞ということで厳しい流れになると思われるだけに、その末脚は脅威になると判断した。

土佐春花賞を制したスターアイリスは単穴評価。当時は気楽な立場で戦えたこともあったが、混戦を抜け出したのは力のある証拠。初めて逃げる競馬をした前走で勝ったことで、転入当時からの成長も感じさせる。佐原秀泰騎手との初コンビは気になるものの、土佐春花賞を再現するシーンは十分あるだろう。

ヴァリヤンツリとともに路線を牽引してきたネオプリンセスは、土佐春花賞9着で初めて崩れた。ただし当時は休み明けで、後続に早目に来られる展開も厳しかった。使われた上積みがあれば凌ぐ力はあるだけに、金の鞍賞を制した時の赤岡修次騎手に戻る今回は、4番手より評価は下げられない。

以下は中央から転入直後の未知な馬がいない訳ではないが、手を広げてはキリが無くなる。印としてはここまでにしたい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、盛岡「シアンモア記念」の予想記事を掲載します。


広告
×
黒潮皐月賞結果

1着 ◎ (4)番 ヴァリヤンツリ(1番人気)
2着 ▲ (9)番 スターアイリス(4番人気)
3着 ○ (11)番 レマンコ(2番人気)
除外 - (3)番 フィアンティーヌ

単勝220円・馬複630円・3連複540円的中。同世代相手の近2走で勝てなかったので、少し不安も強かったが、信じてヴァリヤンツリに本命を打てたのは良かったかなと。ただ、勝負どころでは冷や汗も書きましたが。
15ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。