川崎「川崎マイラーズ」 2018年5月16日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

川崎「川崎マイラーズ」 2018年5月16日の注目レース

2018-05-15 21:00
  • 1
川崎競馬11レース「第10回 川崎マイラーズ」(古馬重賞・1600m)

◎(本命) (12)番 ムサシキングオー
○(対抗) (5)番 ウェイトアンドシー

▲(単穴) (7)番 キスミープリンス

☆(特注) (10)番 ラインハート

△(連下) (4)番 ジャーニーマン、(3)番 インフォーマー


<期待度> ◎単勝=E  ◎○ワイド=D  3連複BOX=E

やや小粒な組み合わせでどこからでも狙えそうだが、崩れないという意味で強調できるのがムサシキングオーだ。2000m級のイメージが強いが、マイル戦でもOP2勝を挙げており、昨年マイル重賞でも2→4→3着と安定した結果を残していた。また左回りも未勝利ながら7戦中6戦で勝ち馬から0.5秒差以内と、こちらも不安はない。どんなレースも出来る自在性があることも含め、馬複・3連複の軸として本命を打ってみた。

話題性ならウェイトアンドシーが1番だろう。中央1000万下から転入後3戦全勝と、南関東移籍を機に、素質開花を果たした存在。前走中央1000万下交流でも逃げて、後続に影を踏ませぬ逃げ切り勝ちを決めたが、このメンバーでも十分勝負になる時計をマークしている。他馬より2キロ軽い斤量も有利だが、不安があるとすれば逃げ馬が揃った組み合わせ。楽な展開にならないとみた分だけ、対抗評価にさせていただいた。

一発ならキスミープリンスが面白い。丸3年勝利から遠ざかっているが、昨秋以降のレース内容は決して悪くない。特に昨年末のゴールドCで、勝ったソルテら統一グレード級の実力馬が揃った中で4着に喰い込んだ走りは、まだ衰えていないことを示した1戦だった。しかも今回、昨年このレースで地方競馬通算7000勝を達成した的場文男騎手が手綱を取る。魅力的な条件が揃ったことから、思い切って単穴まで抜擢した。

統一グレード中心のローテーションを歩むラインハートは、久々に地元馬限定戦に臨む。牡馬相手になるが相手関係は楽になった印象すらあり、前走名古屋大賞典遠征で減らした馬体が戻れば、勝ち負けに加わる力は秘めている。だがこの馬はもっと短い距離で力を発揮するとみているので、重い印はどうかと判断し、最終的に4番手評価とした。

ジャーニーマンは昨年のこのレースでは人気を裏切ったが、外枠を引いて全く流れに乗れなかった1戦。川崎のマイル前後の距離で崩れたのはその1戦のみだし、過去7勝全てが7番枠より内を引き、ロスなく流れに乗れたもの。昨年ほどの勢いはないが、押さえなければいけない存在だろう。

最後に印を回したインフォーマーも、川崎コースでは安定した戦いぶりを披露している。前々走だけ走れれば、喰い込むことができると考えている。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
5月17日 のじぎく賞(園田)

5月19日 平安ステークス(JRA京都・統一グレード)

5月20日 地方競馬ジョッキーズチャンピオンシップ・ワイルドカードステージ(佐賀)

5月23日 赤レンガ記念(門別)、大井記念(大井)


広告
×
川崎マイラーズ結果

1着 ○ (5)番 ウェイトアンドシー(1番人気)
2着 - (9)番 オメガヴェンネッタ(2番人気)
3着 ◎ (12)番 ムサシキングオー(6番人気)

馬複・3連複の軸として本命を打ったムサシキングオーが3着なら悪い予想と思っていないが、オメガヴェンネッタの前走をフロック視していたので、3連複も的中せず。なおムサシキングオーにとっては、時計的に今回が限界だと思うので、それ以上に走れた馬が2頭いたという評価をしています。
17ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。